敵

止まらない話にうんざり?よくしゃべる人の心理11選

あなたの周りにはずっと喋ってる、話が止まらない人はいませんか?

それが面白いならいいのですが、そうでないと苦痛だったりするでしょう。よく話す人はどうしてそんなに話し続けるのでしょうか。

今回は、よく話す人の心理を10個に分けて見ていきたいと思います。

よくしゃべる人の心理10選

それでは、よくしゃべる人の心理を10個紹介していきます。

よく話す人は、沈黙が苦手だったり、相手を喜ばせたいと思っていたり、緊張しているといった心理になっていると言われています。

以下で詳しくご紹介するので、あなたの周りのよく話す人はどれに当てはまるのかチェックしてみましょう。

1.話を聞いて欲しい

普段一人暮らしなどであまり人と接する機会がない場合には、「誰かと話したい」「話を聞いて欲しい」という思いが強くなります。

それが理由で話を聞いてくれる人が居ると嬉しくなってしまい、話が止まらなくなってしまうしまうんだとか。

ずっと話し相手がいない状態だと気が滅入ってしまうので、このようになってしまう人の気持ちも少しは分かります。

2.沈黙が苦手

沈黙の空気がどうしても苦手だという人も少なくはありません。

そのため、この空気感をなんとかせねば…!という思いから返事がなくても話し続けてしまう傾向があるよう。

沈黙が続いてしまうと、その場にいにくくなったり、自分は相手から嫌われているのではないかと思ってしまう人も多いのではないのでしょうか。

返事をしていないのに話を続けていたり、自分でうなづいたりしている場合には沈黙を打破したいという心理が働いている可能性が高いです。

3.自己満足

「自分の話はおもしろいんだぞ」という気持ちが強い場合には、事前にこの話をしておこうと決めていることがあります。たくさんの話のネタを用意しているので自ずと話続けてしまいます。

とにかく聞いて欲しい、相手の反応を見たいという気持ちが関係している可能性がとても高いです。

目立ちたがりなタイプがこの傾向に当てはまります。

4.喜ばせたい

好きな相手や仲良くしたいと思っている相手との会話の場合には、「楽しく会話したい」「喜ばせたい」「笑顔が見たい」という思いが強くなります。

そのため自分では気がつかないうちにずっと喋ってしまうことがあるのです。

面白い話などで笑わせようとしてくる場合には、サービス精神が旺盛で仲良くなりたいと思ってくれていると思って間違いありません。

5.自分のことを理解して欲しい

仲良くなりたいと思っていたり、もっと理解して欲しいと思うとき、人は無意識に話をするようになります。

話すことでコミュニケーションがとれて仲良くなれると考えているのです。

話すことは、自分の事を理解してもらうためには、最も有効なツールです。そのため、相手が不快にならないぐらいの会話ならしたほうが良いでしょう。

6.さみしがり屋

無言が苦手だったり、ひとりが苦手な場合にはなんとかして興味を持ってもらいたいと思うものです。

自分が話して、相手は自分の話を興味を持ってくれていることが分かれば、さみしがり屋の人たちは心を満たすことが出来ます。なので、嫌がらず、相手をしてあげると良いでしょう。

相槌を打ってあげるだけでもとても喜ぶのがこのタイプです。

7.話を聞かれたくない・振られたくない

自分が話すことに関してはどれだけ話してもいいのですが、触れて欲しくないことがあり、その部分に触れられないよう自分が話の主導権を握ります。

そうすることで話を振られることなくしたい話だけをすることができるからです。自己防衛的な人に多く見られる心理です。

自分自身の話をしない人はとくに相手との距離感を自身で測っています。

8.緊張している

その場の空気に緊張していたり、相手に緊張していると口が自然と動いてしまって喋り続けてしまいます。

もし、初対面の人で喋り続ける人がいたならばそれは緊張していて普段通りでいられないからという可能性もあるでしょう。

緊張したときに黙ってしまう人もいれば、余計に口が動いてしまう人もいます。緊張は誰にでもあることなので、大きな心で対応しましょう。

9.仲良くなりたい

会話は、相手を知るために最も大事な手段です。あまり知らない相手のことをもっと知りたいと思うと質問攻めにしてしまって、相手のことをあまり考えず話し続けてしまいます。

質問攻めにあっているときは、質問で返すと言葉のキャッチボールができて、楽しい会話が楽しめるでしょう。

楽しい会話が出来たら、喋り続ける相手に対して不快な思いをしなくてすむので、質問返しはおすすめの手段です。

10.しゃべっていないと落ち着かない

性格や、緊張など様々な理由がありますが、しゃべっていないと落ち着かないという人もいます。

自分の口が動いていないと安心できないので、相手のことを考えず話し続けてしまいます。落ち着かないときに髪の毛や耳をいじったり、貧乏ゆすりをする人がいるように、その人にとっては、話続けることが、落ち着かない心を落ち着かせる手段と言えます。

11.悩みを話したい

悩みを人に話すとスッキリするという人は多いです。

そのため、おしゃべりな人はよく相談話をすることが多いです。ですが、ずっと悩み相談の話ばかりされても聞いている側はしんどいものです。

もし自分がおしゃべりで人に相談ばかりしてしまうなという人には、ココナラ電話がオススメです。

今なら30分無料のキャンペーンがあるので、おしゃべりな人はぜひ試してみてください。気にせず好きなだけ相談に乗ってもらえますよ。

電話占いココナラをチェックする

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る