前髪を作って小顔に変身!顔の形別のおすすめ前髪とは?

記事の著者:SARAS編集部

前髪で顔の印象がガラリと変わるのをご存知でしょうか。

人それぞれ、自分の理想とする髪型がありますが、それが自分に似合うかどうかは別問題。ときには、似合わない髪型で顔が大きく見えることだってあります。若く見えたり、すっきりとして見えたり、長さや分け方によってその効果は異なります。

更に、前髪があると顔の面積が小さく見えるので小顔効果も期待できます。これから髪型を変えようと思っている人や、前髪で悩んでいる人、小顔になりたいは必見。

今回は、顔の形別に小顔になれる前髪の作り方を紹介します。ぜひ次に美容院に行くときの参考にしてみてください。

HotPepper Beautyで美容院を予約する

小顔を作る前髪のポイント

前髪をどうするか考える際に押さえておきたいポイントは、顔の形です。

どの顔の形でも共通して言えるのはひし形のシルエットを作るということ。そのためには、まず自分の顔の形を知る必要があります。

まずは顔の形の特徴から、自分の顔がどの形に当てはまるか見てみましょう。

それぞれの顔の形の特徴

顔の形には丸顔、面長、ベース型、三角型、逆三角型、面長型があり、それぞれに特徴があります。

また顔が大きいのが悩みという方は小顔エステサロンに行ってみてください。

エルセーヌのフェイシャルスリムコースをチェックする

丸顔

丸顔の人は顔の縦の長さと横の長さがだいたい2:3で、横の幅が広めになっています。

また、全体的にふっくらして顎も丸みを帯びているので、幼く、ふんわりとした優しい印象を与える形といえます。

丸顔の場合は、丸い輪郭を隠してくれるような前髪にすることで小顔効果を期待できます。

面長

面長の人は顔の縦の長さと横の長さがだいたい3:2で、縦が長めです。

フェイスラインに丸みが少なくほっそりとしていて、落ち着いた雰囲気で丸顔の人と対照的で、大人っぽい印象に見えます。

上半分の顔を前髪で隠し、気になる顔の長さをカバーすることで小顔に見せることができます。

ベース型

エラが張っているのが気になる人の多いベース型の人は四角形のような輪郭が顔を大きく見せてしまうことがあります。

ベース型の輪郭の方は、顔のえらが強調されないような髪型にすることがポイントです。

フェイスラインが直線的なので、男性らしいかっこいいイメージを与えます。

三角形型

三角形型の人は、顎がシャープで小顔の人が多いのが特徴です。

頭のハチの部分が大きく見えてしまうのでそこをカバーしてくれるような前髪にすると小顔に見えます。

逆三角型

逆三角形型は顎のラインがシャープで縦に長く、高く張った頬骨が特徴的です。

知的でクールな印象を与える顔の形です。逆三角形型は、前髪にボリュームを出すことが大切になってきます。

これらの特徴を踏まえてそれぞれの顔型で小顔に見せる前髪を紹介します。

また、自分が顔の形がどのタイプに当てはまるのかが分からない方は、美容師さんに直接聞いて相談しながら自分に似合う前髪を見つけるのがおすすめです。

Hot Pepper Beautyは24時間ネット予約・空席確認可能なので、ぜひ近くのヘアサロンを探してみてください。

HotPepper Beautyで美容院を予約する

顔の形別の小顔前髪とヘアスタイル

ここからは、顔の形別に似合う前髪とヘアスタイルを解説していきます。

美容院に行く際に写真を持っていく人も多いと思いますが、写真を選ぶ時から自分の顔の形と似た形のモデルさんを選ぶようにしましょう。

もしどうしても似合う髪型がわからない!という方は美容院で直接美容師の方に聞いてみるのもいいかもしれません。

きっとあなたに似合う髪形を提案してくれると思いますよ!

丸顔の場合

丸顔の人は、ぱっつん前髪や重めのフルバングスにしてしまうと、顔の横のラインが強調されて一層丸い顔の印象になってしまうので避けた方が良いでしょう。

丸顔の場合、小顔に見える髪型は、サイドを髪で隠して縦長にします。

前髪が長い人はセンターパートで分けると、頬が隠れて卵型に見えるのでおすすめです。

また、前髪を作る場合は、トップにボリュームを出すように流すと縦のラインが際立ちます。また、斜め分けをしてサイドに流すと、より小顔効果がアップ。

ショートヘアの場合は、トップから斜めに前髪を流し、顔周りをキュッとさせましょう。

更にボブの場合は、顔周りにふわっとかけることでひし形シルエットにする髪型がおすすめです。

面長の場合

面長の人は、額丸出しの分け目やサイドがピタッとした髪型は、縦長を強調してしまうので避けた方が良いでしょう。サイドの髪にボリュームを持たせることをおすすめします。

面長を隠すためには、厚めの前髪で縦長ラインをカバーし、顔の内側に縦横比が3:2になるひし形を作るのがおすすめ。

ショートヘアの場合は目の上ギリギリバングにしてふわっと丸いフォルムを作り、ロングやセミロングの人は前髪のボリュームと顔下をふわっとさせてひし形シルエットを作ることで、小顔効果が期待できます。

面長な輪郭の場合は前髪をしっかりと作らないと実年齢よりも老け顔に見えることが多いので、おでこは出来るだけ前髪で隠すようにしましょう。

面長の人はぱっつん前髪にしても幼すぎない仕上がりになるので、おすすめです。髪の分け目もセンター分けだと面長に見えやすいので、斜め分けが小顔に見せるためには効果的です。

ベース型の場合

ベース型の人は、ぱっつん前髪や短めの前髪にすると、横のラインを強調されてハチや頬骨のハリが目立たない髪型にすることがポイントです。

ハチハリとは、こめかみの少し上部分あたり、一番横に出ているところのこと。前髪の横にくる髪の毛でサイドバングを作ると、フェイスラインに髪の毛があることで前から見てエラが目立ちにくくなります。

前髪の横にくる髪の毛でサイドバングを作ると、フェイスラインに髪の毛があることで前から見てエラが目立ちにくくなります。

長め前髪でセンターパートにすれば頬骨のハリをカバーできるので、前髪を作るときは長めに切り、フェイスラインにつながるように斜めに流すとハチや頬骨をカバーできるのでおすすめです。

さらに、横幅が強調されやすい輪郭なので、ショートヘアではフェイスラインを包み込むようなカット法を用いたり、ロングヘアでは縦巻きパーマで縦長に見せることで、うまくベース型の輪郭の悩みを解決できます。

全体的にふんわりとした印象を与えることで好印象になりますので、トップには高さを出して縦長に流しましょう。流すだけでは老けて見える場合がありますので、バックにもボリュームをつけてあげましょう。ボリュームをつけずにシンプルな髪型にしてしまうと、より顔の輪郭が強調されるのでNGです。

また、ボブにするときは、前下がりボブにして輪郭を完全にカバーしましょう。ポイントは、ふわっと流した前髪や気になるところを隠して丸みのあるシルエットを作ることです。

三角形型の場合

三角形さんは、ハチのハリをカバーする必要があります。

ハチハリとは、こめかみの少し上部分あたり、一番横に出ているところのこと。ここが出ていると、頭が大きく見える原因にもなってしまします。

横幅を強調するぱっつん前髪や厚めのフルバングスは、ハチを目立たせてしまいますのであまりおすすめできません。

ロングヘアのときは、センターパートで顔の下半分にかけてボリュームを出したり、トップにボリュームを持たせるような前髪にすることで卵型に近づけます。

三角形型さんは小顔の人が多いので、基本的にどんな前髪でも似合いますが、ふんわりとした髪型にすると華やかに見えるのでおすすめです。

前髪の幅を広めにとって顔の周りを華やかにすることで、顔の横幅が強調され、細い顎でもさみしく見えません。

逆三角型の場合

少しきつめの印象を与えがちな逆三角形の輪郭の場合には、ショートヘアをしたりシャギーを入れると余計にキツイ印象を与えますのでおすすめしません。

前髪にボリュームを出すことが大切で、顎周りにもふんわりとした多めの髪を作ることで、優しい印象にすることが出来ます。

また、トップにボリュームを出すことで、顔全体が小顔に見えて華やかになるのでおすすめでしょう。

今回は顔の形別に、小顔に見えるための前髪をご紹介しました。どんな前髪にしたいかが決まったら、まずは美容院を予約しましょう。

Hot Pepper Beutyで予約するとポイントが付いて、次回利用時に割り引かれるのでおすすめです。

また、髪の長さ別のヘアスタイル集もあるので、合わせて見てみると、より自分に合った前髪を見つけることができるでしょう。

HotPepper Beautyで美容院を予約する

前髪の有無でも印象は変わる

前髪によっては、素朴に見えたり幼く見えることがあります。

そこであえて前髪を作らずに顔の周りだけで小顔にする方法もあります。

前髪を作るなら、ウェーブのかかった前髪にしたり、個性的なメイクにするなど工夫が必要ですね。

前髪を下したり、横に流す、センターパートにするというものでも印象が違いますし、ポンパドールもかわいいので華やかに見えます。

小顔になる髪型が決まったら色もこだわってみる

小顔効果がある色は、明るめの色ではなく暗めの色です。そもそも暗めの色というのは「収縮色」と呼ばれているくらいに引き締め効果があります。

しかし、あまりにも真っ黒だと重い印象を与えてしまう可能性があるので避けたいという方もいますよね。

そんな時におすすめの色は「ダークブラウン」や「ダークアッシュ」です。真っ黒な髪よりも少し柔らかい印象を与えますので、おすすめです。

小顔に見える髪型:ヘアアレンジする場合

顔型別で小顔に見せる髪型を紹介しましたが、髪をおろすだけがヘアスタイルではありません。

次に、小顔に見えるヘアアレンジを紹介します。

丸型

丸型の人にオススメのヘアアレンジは、トップにボリュームをもたせたアレンジ。ヘアピンとワックスを用意しましょう。

1.コテで髪を内側と外側に巻いてニュアンスをつけます。
2.サイドとトップの髪を残して、顎先と耳の先を結んだ線の延長線上で髪を束ねます。
3.両サイドの髪をねじりながら巻き上げ、ポニーテールの根元に巻きつけます。
4.最後に前髪をポンバドール風にすれば完成です。

面長型

面長型の人にオススメのヘアアレンジは編み込み。用意するものは、ヘアピンとヘアゴム、ヘアクリームです。

1.前髪の後ろのトップヘアを残しておき、サイドの髪を細くねじります。
2.ねじった両サイドの髪と残りの後ろ側の髪を一つにまとめて耳の下のあたりでサイドにゴムでまとめます。
3.一つに束ねた髪を手ぐしで逆毛を立てます。
4.最後にトップの髪をコームで逆毛を立てねじって止めます。

ベース型

ベース型の人にオススメのヘアアレンジはサイドまとめアレンジ。ヘアピンとワックスを用意してください。

1.髪の毛の中間からコテで内巻きや外巻きをランダムで行い、ワックスを塗ります。
2.両サイドの髪をねじり、毛先をピンでしっかりと止めて耳下まで持っていきます。
3.残ったセリ部分の髪を2つに分けて、ねじりながらまとめた髪の下に毛先部分をピンで留めます。
4.ねじったサイドの髪を部分的に手でつまみ出し、ニュアンスを出します。

まとめ

今回は、顔型別の小顔になることができる前髪とヘアスタイル、ヘアアレンジ方法を紹介しました。

前髪だけではなく顔周りの髪型も華やかにすることで小顔効果が期待できるので、自分の顔の形を知ってたくさんの髪型を試してみるのも楽しいと思います。

自分に合った髪型を見つけて、女優さんやモデルさんのような小顔を目指しましょう。

HotPepper Beautyで美容院を予約する