胸が小さい悩みまとめ:貧乳の原因・バストアップの方法を紹介

記事の著者:935557

胸が小さい人は「いつも他人の胸が気になる」「好きな人ができても、貧乳のせいで積極的になれない」など、たくさんの悩みを抱えています。

中には、胸を大きくするためにサプリを飲用したり、マッサージを続けていたりしても、「貧乳にはムダなんじゃないか・・」「バストアップは無理・・」と思っている人もいるはず。しかし、実際の原因は違うところにあるかもしれません。

そこで今回は、胸が小さい原因とバストアップの方法についてまとめてみました。これを読んで、効果的なバストアップを狙いましょう。

コンプレックスである胸を大きくするには、豊胸も確実な手段として考えられます。豊胸にはメスを使わないものもあり、自分に合った方法が選べるので、豊胸に興味がある人はぜひ一度チェックしてみてください。

湘南美容クリニックをチェックする

胸が小さい人の悩み

まずは、貧乳女性の悩みをいくつか紹介していきます。

貧乳であることで、水着を着るのが億劫に感じたり、普段の服選びも気にしてしまうという人も多いのではないでしょうか。

服選びが大変

胸が大きい人も同じ悩みを持っていますが、フィットしすぎるような服は身体のラインが強調されるため、貧乳であることも強調されてしまいます。そのため、流行になったとしても着れないという人は多いようです。

胸の小さい女性にとって、服選びは難しい作業。胸元が開いた服やセクシーな服は胸周りが開いてしまい、貧相な印象になってしまうでしょう。

イメチェンでいつもとは違う服を買いに来たと意気込んでも、結果的にいつものようなコーディネートになってしまいがちです。

薄着、露出が苦手

夏だと薄着だったり、海に水着を着ていく機会が多く、他の人の胸と比べてしまったりして憂鬱な気持ちになってしまいます。

夏は胸の小さい人にとって、一番悩みの多い季節なのです。また、男性に対して内心貧乳をバカにしているのでは?と被害妄想に陥りやすくなってしまいます。

貧乳であることが気になって、積極的に恋愛できなくなる人もいるので、考えすぎには気をつけましょう。

ブラ選びが大変

胸が小さいことでお悩みの人は、なかなか自分のサイズにあったブラを探すのが難しいもの。

また、「お店でサイズの小さいブラを購入するのが恥ずかしい」と思う人もいると思います。

ただ、ネットショップであれば、恥ずかしいと思うことなく自分のサイズにあったブラを選ぶことができるはずです。

メディアにも多く取り上げられたナイトアップブラ「ヴィアージュ」は、バストが垂れてきた、睡眠中の横流れが心配、形の崩れが気になるなど、バスト全般に関する悩みを解決します。

ノンワイヤーなので締め付け感はありませんが、しっかりとホールド。伸縮性のある素材なので、寝ている間もお椀型のきれいなバストを保ちます。

寝ている時に何も着けないでいる人も、日中付けるものと同じブラを着けている人も要チェックです!

胸が小さい・貧乳になる原因

体質、食生活、姿勢、ストレスなど、胸の小さい原因は様々。遺伝という説もありますが、胸の大きさに遺伝が影響する確率は大体30%~40%だと言われています。

特に、胸の成長に不可欠なホルモンの分泌が少ない女性は胸が小さく・貧乳になる傾向があります。

ここではそんな胸が小さくなる原因についてくわしく見ていきます。

胸のサイズが決まるのは思春期

まず、胸の成長期は15歳~18歳頃までと言われています。

成長期にホルモン分泌に良い生活をしていると大抵の女性がCカップ程まで大きくなりますが、18歳を過ぎてもAカップ程度の女性の場合、女性ホルモンの一つであり、胸の成長を促すエストロゲンの分泌が不十分だった可能性も。

特に、思春期に多大なストレスを抱えてしまうと、ホルモンの分泌が減り、胸だけでなくとも様々な成長に悪影響がでます。

胸を大きくするラクトゲン受容体

乳腺を発達させるためには、乳腺の中にラクトゲン受容体というホルモンを受容する器官ができるている必要があります。

組成される時期は人により異なりますが、大体12歳から30歳の間くらい。このラクトゲン受容体が無いと胸の成長に関係のあるホルモンが分泌されても胸は大きくなりません。

30歳までの間ということは、20歳代で胸が小さくて悩んでいる女性は、これから成長する可能性があるかもしれません。

猫背で姿勢が悪い女性は胸が小さい

姿勢が悪いと血行が悪くなるので、胸にしっかりと栄養が送られなくなります。

猫背だと肩こりや腰痛、首こりなどの症状がでますが、実は胸にも影響が出ています。

巻き肩のように肩が内側に巻き込むような姿勢や、猫背のように背中が丸みを帯びる状態だと、血行が悪くなり、貧乳の原因となるのです。また、バストが下垂する原因にも繋がります。

巻き肩や猫背は、特にスマホやPCを見る時になりがちな姿勢です。必ず姿勢に気を付け、意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

遺伝が原因

胸の大きい人は、お母さんや周りの家族も大きい人が多く、遺伝的要素が関係しているといわれています。

だからといって貧乳の人のお母さんからすべての人が貧乳になるということもありません。胸の大きな人から貧乳の人が生まれる場合もあります。

遺伝だけではないので、、マッサージなどを頑張れば胸を大きくすることも可能です。

偏った食生活

偏った食生活はバストの成長にも影響してきます。バランスの取れた食事を摂ることによって、バストにも栄養が行き渡り成長を促すのです。

ジャンクフードやお菓子ばかりでしっかりと食事をとらなかったり、炭水化物や油物中心の食生活で栄養バランスの悪い食生活を送っていると、ストレスや栄養失調からホルモンバランスの乱れを起こす原因となります。

人間の体は食べ物を摂取して形成されているので、十分栄養が行き渡るようにバランスの良い食生活が胸にとっては大切なのです。

大豆製品、良質なたんぱく質、ビタミンEを含む食材など、バランスよく食べるようにしましょう。

食事を見直すことは、お金をかけずにすぐにでもできるバストアップ方法です。まずは食生活を見直してみてください。

痩せすぎ

女性の身体がつくられる10代からダイエットや食事制限をし過ぎると、貧乳の原因になります。

体重という数字にばかりに気をとられ、女性らしい胸やお尻に脂肪が付かなくなってしまったら、あとで取り返そうと思ってもそう簡単にはいきません。

きちんと自分のBMIに合った体重でないと、女性ホルモンの分泌が上手くいかず、貧乳になる可能性が高いです。

運動不足

運動不足で代謝が悪いと、老廃物もうまく排出できず、バストを大きくする栄養も十分に行き渡りません。脂肪が落としにくいお腹や腰、足にお肉がついていくだけです。

バストを大きくするためには腕立て伏せをするのがいいでしょう。毎日5回でもいいので胸まわりを鍛えるようにしてください。

とくにバストが成長する時期には、体を動かすことはとても重要です。

サイズの合わないブラジャーを付けている

若い女性に多いのが、きちんと自分のサイズにあったブラジャーを着けていないケースです。

間違ったサイズのブラジャーを装着していると、胸まわりの血行を悪くしてしまい成長を妨げてしまいます。

サイズよりも見ための可愛らしさや価格を重視してはいけません。必ず試着して、専門の方にサイズを計ってもらいましょう。

便秘ぎみ

運動不足に関連して、便秘だと老廃物が排出できずにどんどん自分の体の中に溜まったままになります。

そして有害な物質となり体に残ってしまうのです。これではバストが大きく成長しようとしても、うまく成長できません。

もし自分が便秘ぎみであるという人は便秘解消に効く食べ物を食べるようにするなどするようにしましょう。

生理不順や生理痛がひどい

生理不順や生理痛がひどいという婦人科トラブルをもっている女性は、貧乳の傾向があることも多いです

うまくエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが分泌されず、ホルモンが正常に働いていない可能性があるからです。

直接の関係がすべての人にあてはまるという訳ではないですが、一つの原因である可能性はあるでしょう。

日々の生活リズムが不規則

女性の体つきで、もっとも女性らしい部分が成長するのが第二次性徴期です。

この10代初め~半ばの女性ホルモンが出てくる時期から、夜更かしや寝不足など生活リズムが悪かったら、成長するホルモンの影響で胸が大きくならない場合があります。

しっかりと睡眠をとることがバストアップへの道に繋がります。理想の睡眠時間は7~8時間です。

また、胸の成長に重要なホルモンは、22時から午前2時のいわゆるゴールデンタイムの睡眠中が最も分泌が活発なので、その時間にしっかりと睡眠をとっていることが重要です。

睡眠をしっかりとることは、ホルモンの分泌だけではなく、自律神経を整えることにも繋がります。身体をしっかりと休めて健やかに保つことも、貧乳改善に大きく関わっています。

貧乳を改善する方法

次に、貧乳を克服するための方法を紹介していきます。

胸が小さくて困っているという人はぜひ参考にしてみてください。

筋トレで貧乳改善

胸はほとんど脂肪でできていますが、脂肪層と呼ばれる部分以外が発達していると胸が大きくなるようです。

もともと胸が大きくない人でも、脂肪を支える胸筋や腕立て伏せなど上半身を鍛えることで、胸にハリがでてバストアップの効果が期待できます。

オススメは大胸筋エクササイズです。やり方は、胸の前で両手を合わせ、合唱のポーズをして両手を押し合う方法や、腕立て伏せと同じやり方で、両手を肩幅と同じくらいに広げて行う方法です。胸の下の厚みを出すことがバストアップにつながります。

関連記事:女性が大胸筋を鍛えるための筋トレ:家でできる簡単なメニューも紹介

正しい姿勢を身につける

先ほども言ったように、胸が小さいと悩んでいる人は、姿勢が悪い人が多いです。

思い当たる人は鏡の前で、背筋を伸ばして胸を張ってみてください。

これだけで、普段よりバストトップの位置が上にあがり、綺麗なバストラインになるはず。姿勢が悪いと、バストが綺麗に見えません。

正しい姿勢になると、バストアップするだけでなく、代謝もアップして痩せやすくなるので、おすすめです。

,b>正しい姿勢になるための3ステップ

1.自分の姿勢をチェック

かかとをつけて壁の前に立ち、壁に頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを付けるようにたってください。

これが正しい立ち姿。そのまま5分キープし、まずは正しい姿勢を覚えるようにしてください。

2.正しく歩く練習

まずは先ほどの正しい立ち姿勢をとり、お腹とお尻に力をいれ歩く練習をしてください。

鏡を使って自分の歩き方をチェックするのがおすすめです。

3.正しく座る練習

足は床にしっかりつけ、太ももが床と平行になるように椅子の高さを調整してみてください。

またパソコン作業をする時には、目線はほぼ真っ直ぐ、肘がしっかり曲がるような高さになるよう机やモニター位置を調整しましょう。

椅子に座る時は、深めに座って腰を建てるのも大切。肩が内側に入らないよう、胸を開くことも意識してください。

冷え対策

冷えは血流が滞り、リンパの流れが悪くなってホルモンがうまく分泌されないため、貧乳の原因となっている可能性が高いです。

女性らしい体を作るには、血の巡りを良くしてホルモンの分泌を促す必要があります。

冷えは、バストアップの妨げになるほか、生理不順なども引き起こしてしまうので、体を冷やさないようにしましょう。

冷え対策としては例えば、お風呂にゆっくり入ったり、温かい飲み物を飲むようにしたり、なるべく靴下をはいたりすることなどがあげられます。また、夏はエアコンのあたりすぎないようにすることや、寒いときはひざ掛けを使うようにすることも大切です。

リンパマッサージ

胸周辺にあるリンパを流れに沿ってマッサージします。リンパに詰まった老廃物の流れをよくして、胸にちゃんと栄養が行き渡るようにするのです。

また、入浴中に脇や胸の下から上部までしっかり揉みほぐすのも、よいリンパマッサージになります。

シャワーで熱いお湯を出して膝の裏にしばらく当て続けるのもおすすめです。膝の裏にはリンパがあり、温めることで血行を良くすることができます。

バランスの良い食事をとる

胸が小さくて悩んでいる人は、食生活を見直してみることがおすすめです。炭水化物中心になっていたり、ジャンクフードばかりになっていたりしませんか?胸の成長のためには、バランスのよい食事が大切です。

そもそも、胸の周りの脂肪は、乳腺を保護する目的でついています。乳腺を発達させると、自然と周りの脂肪が増えます。その乳腺を発達させるために必要なのがタンパク質です。

特におすすめなのが、良質な植物性タンパク質である大豆製品。大豆には、胸の発達に影響のある女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが含まれています。

体内にエストロゲンを取り込むことは、胸を大きくするために有効な手段なので、大豆を含む豆腐・納豆・豆乳・きなこなどの食品を積極的に摂りましょう。

大豆自体を食べるのが難しい方は豆乳製品を飲むのもおすすめです。豆乳はいつ飲んでも良いのですが、中でも一番のおすすめは朝食前。朝食前は、豆乳の吸収率が高く、豆乳のバストアップ効果が一番期待できるタイミングだと言われています。

コンビニなどでも様々なテイストの豆乳ドリンクがあるので、行ったときにぜひチェックしてみてください。

また、ハリのあるバストのためには、ビタミンCが大切です。ビタミンCは、コラーゲンを体内で合成するときに必用な栄養素で、ストレスを解消する効果もあると言われていますので積極的に摂るようにしましょう。

バストを支える筋肉を維持し美乳を作るためには、ミネラルも欠かせません。ミネラルが不足すると、代謝が低下、胸に十分な栄養を届けることができず、胸の成長が阻害されてしまいます。

ひじき、ワカメなどの海藻類や、豆腐、アーモンド、スルメなどミネラルを豊富に含む食べ物を意識的に摂りましょう。

自分に合ったブラを選ぶ

ブラは、バストを大きく見せるのに重要な役目を果たしますが、案外、柄や色合いが可愛いブラを選んでいるだけで、正確なサイズのブラ選びをしていない女性が多いのが実情です。

下着屋さんでバストのサイズをちゃんと測ってもらうと、2サイズも3サイズも上がったという話はよく耳にします。

アンダーバストとトップの差でカップは決まりますが、自分に合ったサイズのブラを付けると自分でも驚くほど胸が大きくなったりします。

正しいブラを身につけ、ちゃんとカップの中に胸全体を入れてあげることが、バストアップには重要です。

質の良い睡眠をとる

ホルモンの分泌を促進するためには、質の良い睡眠が必要です。

質の良い睡眠をとるためには、食事は寝る3時間以上前に終える、寝る直前にスマートフォンなどの強い光を浴びない、お風呂にゆっくり使ってカラダを温めるなど、細かな対策も必要です。

しっかり7~8時間の睡眠をとることで、肌にも健康にもよい効果が得られるでしょう。

特に思春期の成長真っ盛りの時は睡眠が重要です。睡眠がとれていない人は明日から十分な睡眠を確保するようにしてください。

サプリメントを活用する

忙しい女性にとって毎日バランスのよい食事をすることはなかなか難しいです。そこで、必要な栄養を簡単に取ることができるサプリメントがおすすめです。

女性用のビューティーサプリ「シンデレラアップ」は多数メディアでも紹介された人気のサプリメントで、東京美容外科が開発・監修しています。

バストアップに欠かせない女性ホルモンと似た働きをする成分と、ハリ・弾力を与える成分によってバストアップを促します。気になる人は活用してみてください。

シンデレラアップをチェックする

どうしても胸を大きくしたい人は豊胸がおすすめ

胸が小さくなってしまう原因とその改善方法についてまとめてきました。

年齢を重ねれば重ねるほど、一度成長しきってしまった身体を変えていくことは想像以上に難しい事だと思います。

どうしても短期間で胸を変えたいという方は豊胸も視野に入れてみてはいかがですか。

湘南美容外科クリニックは豊胸でも有名なクリニックです。数種類の豊胸方法の中から、自分の身体と希望に合った方法で施術することができます。悩んでいる人は、ぜひ一度相談しに訪ねてみてください。

湘南美容クリニックをチェックする