キスに関する12個の雑学:キスのリラックス効果とは

記事の著者:SARAS編集部

キスは女性を美しくすると言われています。キスには具体的にどのような効果があるのでしょうか?

恋愛に科学を持ち込むのは野暮かもしれませんが、科学的な視点でキスを観察すると、様々な事実が明らかに。健康にも良いというデータもあります。さまざまなキスに関する雑学を紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

累計166万本突破!キス専用美容液「ヌレヌレ」公式

キスの雑学12選

美肌効果がある

キスには30以上の顔の筋肉を使うため、頬のを引き締める小顔効果があります。

また、キス中は「エストロゲン」というホルモンが分泌され、肌をキレイにしてくれます。さらにエストロゲンは、バストを大きくする効果、女性らしいくびれのラインを作ろうと働きかけたりする効果などもあるのだとか。

キスをすると女性はキレイになれるのですね。

キスが気持ちいい相手は、本能が求めている配偶者

キスは、子孫を残すために重要な配偶者を見分けるための手段のひとつ。

キスの瞬間に、脳は相手の匂いや味などの情報を分析して、本能的にパートナーとしてふさわしい相手かを判別しています。

もしあなたがキスした時に自然と幸福な気持ちになるようであれば、その相手はあなたの遺伝子がOKサインを出していることになります。

特に女性はこの傾向が顕著で、女性は自分と異なる遺伝暗号免疫系を持つ男性の匂いに、最も引きつけられるということが判明しています。女性はキスで鼻を利かせて、相手を見極めているそうです。

男性はストレスが減少!長生きできる

男性はキスをすると、ストレスホルモンが減少して愛情ホルモンが増加します。男性はいつ、どんな状況でもキスによって大きな幸福感を得ることができるのです。

なお、毎朝のキスをしている男性としていない男性とでは、キスをしている男性の方が平均して5年は長生きするという研究発表もあるそうです。

キスをすることで安心したり、心がやすらぐのは女性だけでなく男性も同じことのようです。

女性もストレスが減るけど、そのためには雰囲気が大事

女性の場合は、愛情ホルモンの増減が「雰囲気」に大きく左右されます。

女性がキスで幸福感を感じられるのは、騒々しい大衆居酒屋よりも、少し薄暗く、心地いい音楽が流れるロマンチックなレストランだということです。

雰囲気が良くない状況でのキスは、女性の愛情ホルモンをむしろ減少させてしまいます。

キスをすると免疫力が上がる

キスを科学的に分析した時に外せない要素が「唾液」。

1日9回濃厚なキスすると、口内環境が共有されるほど、口内の細菌などが移動するという。

唾液の交換をともなうキスには生物学的なメリットがあり、自分が持たない相手のバクテリアをキスによって受け取ることで、そのバクテリアに対する新たな抗体を作り出すことができて、免疫力が向上する効果があります。

キスには抗うつ効果がある

愛しあう二人がキスをするときには、様々な脳内物質が出ます。

その中でもエンドルフィンとオキシトシンは代表格で、キスすると身体中に快感があふれるのは、エンドルフィンのおかげ。

また、「頭推按」によると、エンドルフィンにはモルヒネの6.5倍の鎮痛作用があり、脳を活性化し精神的ストレス解消、免疫細胞強化などの効果もあるそう。

キスの最長記録は17日間

世界の最長のキス記録は、17日間10時間30分。

1984年にシカゴのカップルが達成しています。

1日あたりの夫婦のキス回数が多いのはインド

世界54カ国5000人以上に大規模アンケートを行ったところ、1日あたりの夫婦のキス回数は、インドが1位で17.8回。

ちなみに日本は最下位の0.5回だったとか。

毎朝キスをするカップルは高収入!

毎朝キスをするカップルはしないカップルに比べて、月額の収入が20~30%高いそう。

キスをすると気持ちに余裕ができるのでお互いのことを考えて大切にしあえる。プライベートの充実が仕事の充実にもつながる、ということになります。

逆に言うとプライベートがうまくいってないと、仕事にも悪影響が出るといった結果になります。

愛情たっぷりのキスで仕事も私生活も大成功しましょう!

リラックス効果がある

キスをすることによって、リラックス効果を得られるとも言われています。

もちろん、好きな相手や気になる異性などとした場合に限られるはずですが、キスをするだけでリラックス効果を得られるなんて素敵ですね。

最近疲れがたまってきて、仕事や学校に集中できない人は、恋人にキスをせがんでみましょう!

ダイエット効果も期待できそう?

普通のキスの消費カロリーは3キロカロリー程度なのに対して、ディープキスの消費カロリーは150キロカロリーにもなるそうです。

キスをする時間の長さや状況にもよりますが、キスをしてカロリーを消費できるなんて、なんともお得ですね。

彼との熱いキスを交わして、美しい体を手に入れてみてください!

5月23日はキスの日!

日本でのキスの日は、5月23日。

1946年5月23日に、日本で初めてキスシーンが登場する、佐々木康監督の『はたちの青春』という映画が公開されたことに由来しています。

終戦から1年経たない間に公開された映画なので、当時の人々を活気づけたそうです。

フレンチキスの本当の意味

フレンチキス、と聞くと唇と唇を軽く合わせるだけのキスを想像しますが、実は本来のフレンチキスは、日本人が想像するディープキスを指します。

もともと、イギリスとフランスが対立していた時代にイギリス人が、フランス人が路上で唇と唇をあわせ、舌を絡ませる激しいキスをしていたのを馬鹿にして、これをフレンチキスと呼ぶようになりました。

フランス人たちはこれを「心から愛し合ったキス」と解釈したので、日本に伝わった時に「心からのキス=軽いキス」という、違う解釈が生まれてしまい、現在でも誤解が続いています。

終わりに

キスに関する雑学をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

キスをすれば、さまざまな健康の効果も得られるようなので、普段からパートナーとキスをしてみましょう。

もちろん、キスは愛情表現としてもおすすめなので、キスをしてお互いの仲を深めてみてください。

また、唇に自信が無くてなかなかキスができない方には、唇専用美容液がおすすめ。

植物由来の成分で、魅力的な唇を手に入れることができます。

演出したい唇の雰囲気に合わせて、5種類から好きな美容液を選べるので、ぜひチェックしてみてください!

累計166万本突破!キス専用美容液「ヌレヌレ」公式

この記事の執筆者・監修者

SARAS編集部

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。