パートナーを交換?スワッピングの意味・場所・メリット・デメリットまとめ

スワッピングという言葉を聞いたことはありますか?スワッピングとは性行為の一種で、パートナーを交換して行う集団でのセックスです。

スワッピングをするには、まずパートナーを集める必要があります。最近ではtwitterを始めとしたSNSや出会い系の掲示板などが発達しているので、そこから見つけることができるでしょう。またスワッピングをするには、ホテルなどの場所の確保が必要となります。

今回は、スワッピングの詳細や出来る場所、スワッピングのメリットやデメリットをご紹介します。

目次

ハッピーメールを使ってみる[18歳以上]

スワッピングとは?

スワッピングとは、複数のカップルが、通常のパートナーとは異なる異性と性行為を行うことです。

グループセックスや3Pと似ていますが、お互いがカップルであることが前提です。

一部の性的嗜好の強い趣味を持った人たちが愛好団体を作って、定期的にイベントを開催していることもあるようです。

なぜスワッピングする人がいるのか?

スワッピングは結婚後も配偶者以外と性行為を行いたいという方や、他人のパートナーと性行為をすること、自分のパートナーが見知らぬ相手に犯されている姿を見るのに興奮するという方に人気です。

浮気とは異なり、スワッピングはお互いに、行為そのものに意味があり、相手は二の次という感覚があります。浮気は、自分が好きで選んだ相手とするのに対し、スワッピングはその好きな感情がなくても、性行為をするのです。

また、マンネリ化した夫婦にとっては、違う夫婦と出会うことによって、自分たちの夫婦生活をリフレッシュできたという方もいるようです。

スワッピングの危険性

スワッピングに関心があっても、スワッピングの危険性を知っておかないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

スワッピングをする前にしっかりデメリットを確認しておきましょう。

ネット掲示板には注意

スワッピングの掲示板で募集したパートナーと出会う場合、会員制クラブのように入会金などが必要ないのでお手軽です。

しかし、会った時に高額なお金を取られたり、病気をうつされたり、スワッピングをするつもりでもSMプレイを強要されたり、手軽さゆえの危険があることも意識しておきましょう。

また、勝手に写真や動画を撮られてネット上に公開されることもあるので、それが嫌な場合は行為の前に自分の意思を伝える必要があります。

それ以外にも、しっかりと管理している相手がいないため、なにかしらの事件やマナー不足から浮気に発展してしまうこともあるようです。

性感染症のリスク

スワッピングする際に何よりも気をつけたいのが避妊です。スワッピングする際は必ずゴムをしましょう

スワッピングのみを目的として出会った他人との子を授かってしまっては大変です。また性感染症のリスクを高めるため、一般的には忌避されています。

犯罪者になる可能性も

同じ部屋でグループセックスを行い相手の性行為を観賞できる乱交状態になると、「不特定または多数人が認識しうる状態」として、公然わいせつ罪で摘発される可能性があります。

実際に、お互いのプロフィールを確認しないまま、スワッピングに参加し、同じ部屋で4名(男2人・女2人)がグループセックスをし、「不特定が認識しうる状態」として摘発された事例があります。

また、例えば男性が参加費を負担してプロの女性に参加してもらって謝礼が払われたり、主催者が利益を得たりしている場合は、管理売春とみなされて、売春防止法違反で摘発される可能性もあるようです。

ホテルでは規定人数以上の入室は違反行為とされていて、客室に複数の人数が集まると目を光らせるので、捜査機関へ情報提供されて摘発される可能性が高まるのです。

パートナーに引かれる可能性

スワッピングをするには基本的に、自分に異性のパートナーがいることが大切です。

多くの方にとって彼氏や夫、彼女や妻がパートナーにあたりますが、スワッピングに誘ったことがきっかけとなって、生理的に引かれてしまうことがあります。

したがって、スワッピングをする際は、セフレのような相手を用意した上でするという方がいます。

スワッピングのパートナーを探すには

スワッピングでパートナーを探す際には、交際相手や結婚相手を使うのはおすすめしませんが、そうではない関係性の相手をパートナーにするのがおすすめです。

そこで、スワッピングのパートナーをどこで見つければいいのかを紹介します。

ネット掲示板での出会う

スワッピング相手を見つける一つの手段として有効なのが、ネット掲示板です。

スワッピング専用のネット掲示板が存在しますが、危険なサイトも多くあるので、よく見極めて利用するのをおすすめします。

ネット掲示板では、カップル(セフレ)または夫婦で参加する事が多いので、男性と女性の年齢・身長・体重・性行為の流れや行為内容などの情報交換が主に行われています。

「カラオケ、食事やお酒など、お話をしながらお互いに楽しい時間が過ごせれば幸いです。」「単独男性の方については申し訳ありませんがご遠慮ください。」「ホテル代等は折半でお願いいたします。」といったていねいな書き込みも多いです。

twitter

最近ではtwitterでオフパコの相手やセフレを見つける方が多いです。

twitterのハッシュタグで「#セフレ」や「#オフパコ」などで検索すると、それらしき女性のアカウントが見つかるでしょう。

詐欺まがいのアカウントもありますが、相互フォローの後、DMなどで連絡をとりあって、セックスに至ることもあります。

一番安全!?出会い系SNS

スワッピングのパートナーを始めセフレ探しに、安全性と手軽さでおすすめなのが出会い系SNSです。

出会い系SNSは、年齢や体型などの条件や顔写真で異性を探すことができ、SNS内のメッセージ機能を通じて実際に出会うことができます。

セフレやスワッピングのパートナー探しができると好評で、大手出会い系SNSを使えば、従来の怪しい出会い系サイトのように不当な金銭の請求
がきたり、情報が抜き取られる心配はありません。

出会い系SNSの中でも安全性と利用者でトップなのが、1600万人が利用しているハッピーメールです。

掲示板機能もあり、セフレを本当に探すことができます。

ハッピーメールを使ってみる[18歳以上]

スワッピングはどこでできる?

スワッピングの会員制クラブも存在

全国規模のスワッピングサークルという会員クラブがあります。男女とも面接をパスする必要があったり、入会金と参加費を払えば入会することができるなど、参加条件はクラブによってさまざまです。掲示板で募集するより信頼できる相手と出会える可能性が高いです。

スワッピングのパートナーが友人同士、知人同士という場合もありますが、人間関係がこじれてしまう事があるので、あまりおすすめはできません。

スワッピングの聖地ハプニングバー

スワッピングを比較的安全に行える場所といえば、ハプニングバーです。

ハプニングバーは文字どおり、お酒を楽しめたりするバーになります。

しかし、普通のバーと違うのが、プレイルームといわれる客同士がセックスできるスペースがあるなど、店内で知り合った相手とセックスすることができる点です。

基本的には、パートナーと行くことで、同じく男女カップルで来ている相手とスワッピングすることができます。

ハウ二ングバーでは違反行為を止めるスタッフがしっかりといて、セックスの強要など女性が嫌がることは基本的にできず、ハプバーで起きたことは口外禁止など、利用者の安全を守るためのマナーがあります。

ハプニングバーについて詳しく知りたい方は、「ハプニングバーとは?気になる料金体系やマナー、口コミも紹介!もチェック!

まとめ:安全性とコスパ重視のスワッピングをするなら?

スワッピングしたいという方に一番おすすめなのが、ハッピーメールなどの出会い系SNSでパートナーを探しつつ、ハプニングバーのような安全な場所でスワッピングをすることです。

パートナーを探すのに隙間時間で1000~3000円ほどで探せるため、安全性と料金や労力を考えても、コスパがいいといえます。

また、例えハプニングバーに行くにしても、行かないにしてもパートナー探しにも便利で、最悪スワッピングはできなくてもセフレを見つけることができるだけでも利用価値は十分あるでしょう。

ハプバーに行くパートナーを見つけたい、セフレを作りたいという方は、アダルトな出会いに強い出会い系SNSのハッピーメールがおすすめです。

1600万人が使っているため、セックスしたくて登録している女性が多く登録しています。

ハッピーメールを使ってみる[18歳以上]

関連記事:オフパコの意味とは?Twitteやアプリを使って一般人が安全にオフパコする方法も紹介

あなたの悩みは解決しましたか?もし解決していない場合は、下記のQ&Aから相談してみてください。ユーザーがあなたの恋愛の悩みに向き合ってくれます。 Q&A掲示板で悩みを匿名相談

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る