最近急増中?!同性の友だちから告白された時の対処法

記事の著者:maria

もしも同性から告白をされたら、いったいどんな対応をしたらいいのでしょうか?

仲のいい友達があなたを好きだといってきたら、それだけでもパニックになってしまいそうです。

相手のことは友人として大好きだし、これからの関係を壊したくない、というときの対処法を紹介します。

嬉しい気持ちを伝える

同性から好きだと告白されたら、平常心でいられないほど、とまどってしまいます。

しかし、困った顔をしてはいけませんし、ましてや迷惑そうな顔をすることは絶対にしてはいけません。相手は、性別というものを越えてまで、あなたの事が好きだという自分の気持ちを伝えています。

まずは、相手の誠実な好意に感謝しているという気持ちを笑顔で伝えることが大切です。

気持ちだけ受け入れる

告白されたタイミングですぐに答えを出すのではなく、相手を不快にさせないように、なるべく一緒の時間を増やしてみるというのも一つの手段です。その間に少しずつ相手の自分への気持ちを冷静に計ることができます。

また、相手が本気とわかった時に、その気持ちに答えるか、または丁重にお断りするか、どちらにするのかという自分の気持ちと向き合う時間を作ることもできます。

やはり相手の気持ちを受け入れられないとなった時でも、クールダウンの時間を置いたことによって、お互いに冷静に対処することができます。

今までと変わらない対応をする

告白されたら、気まずい感じになる思いますが、相手はあなた以上に気まずい思いをしています。告白後に、あなたが相手からの電話に急に出なくなったり、誘いを断ってしまうような不自然な態度をとったら、相手はとても傷付ついてしまいます。

告白された後でも、今までと変わらない接し方をすることが大切です。

嘘をつくのは絶対やめよう

大切な友人からの思いがけないカミングアウトと同時の愛の告白。とっても驚きますよね。

もしも自分にその気がないにしても、相手を傷つけたくない、だからといって、都合の良い嘘をつくのだけは絶対にやめましょう。

自分の気持ちが分からないからしばらくこのままでいようとか、もしかしたら今後好きになるかも、といった忖度した返答はむしろ相手を傷つけてしまうだけです。

はっきりと、無理なら無理と断ってあげることも優しさではないでしょうか。

考えさせて欲しいは逆効果

よくありがちな「考えさせて欲しい」も逆効果です。「考えさせて欲しい」から時間が経ってうまくフェードアウトしてくれないかな、と淡い期待を持って返答してしまったりしていませんか?

相手はその間、ずっとあなたの正式な回答を待ち続けています。いつまでも来なかったらしびれを切らせてきっともう一度確かめに来るでしょう。そんなとき、「やっぱり無理だった」は相手も期待した分、精神的ダメージも大きいのです。

可能性がないのが分かっているのであれば先延ばしせず、即答しましょう。

口外はしない

性的マイノリティが世間に浸透してきていますが、まだまだ立場が弱かったり、色眼鏡で見られてしまうことのほうが多いのが現実ではないでしょうか。

そんな逆境の中、友人は勇気を出して告白してきたのです。恋人関係になるのが無理だったとしても、その事実を口外することは絶対にやめましょう。

ただでさえ色恋沙汰の広まるスピードは早いのに、こういった特殊なケースはすぐに仲間内に拡散してしまいます。友人が大切なのであれば胸の内にしまっておきましょう。

友人関係が今後うまくいかないことも

男女間の友情は成立しない、なんてよく言いますよね。では同性間であれば、恋愛感情を持っていたとしても、今後友人としてうまくいくのでしょうか?

残念ながら、すべてがうまくいくとは限らないでしょう。同性とはいえ、相手は恋愛感情を持った人間です。そこには嫉妬や様々な感情が芽生えます。

もしも同性から告白されたのであれば、今後、努力しても友人としてうまく付き合えない場合もある、ということも覚悟しなくてはならないこともきっと出てくるでしょう。

おわりに

同性から本当に好かれるということは、誰にでも起こりうることなのかもしれません。

自分のことを好きになってくれた人が異性であれ同性であれ、自分に好意をもってもらったことはとても有難いことです。

たとえ自分が予期しない人からの告白を受けたとしても、拒絶を示すのではなく、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。