看護師が2年目で辞めたいと思う理由と対処法まとめ

憧れの看護師になったのはいいものの、現状に満足できない。2年働いても先が見えないといった人は意外と少なくありません。

今回はそんな看護師を2年目で辞めたくなる理由から、辞めたいと思った時に職場を変える方法、転職のコツまで、まとめてご紹介します。

とは言え、看護師を2年目で辞めることに対しては否定的な意見が多く、あまり周囲に理解されないことも多いでしょう。

ただし、辞めたい原因が、人間関係や自分の職場環境にある場合は、職場を変えることも視野に入れましょう。

看護師専門の転職サイトマイナビ看護師なら、自分にあった病院を見つけることができるでしょう。無料会員登録をして、求人をチェックしてみてください。

マイナビ看護師に無料会員登録する

2年目で辞めたくなる理由


2年目で看護師を辞めたくなる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。以下ではその理由をご紹介します。

周囲との差が見え始める

同期ですでにプリセプタをやっている人や、看護研究に励む人を見て劣等感を感じることがあるようです。同じスタートを切ったはずなのに、出遅れてしまった自分がなかなか受け入れられない。そういった人が多いようです。

また、学生時代の同期と再会した際、仕事の話をしているうちに、当時は感じることのなかった劣等感にさいなまれてしまうこともあります。

さらに、1年目では感じなかった違和感が、2年目になってはっきりしてくると、看護師を辞めたいと感じる原因につながります。

思い描いていた理想の看護師像と違う

看護師になる前までは、看護師としてのやりがいや、キラキラ働く先輩に魅力を感じていたはずなのに、いつの間にか仕事に追われて何を目標にしているのか忘れてしまったという方もいるでしょう。

理想とのギャップが原因で、仕事から離れたいと考え始める方もたくさんいるようです。

また希望している科に配属されず、思い描いていた看護師になれていない現状に不満があるという方も多いでしょう。

さらに、勤務内容に関してだけでなく、給与や待遇が求人に掲載されている数字や条件より低い場合もあります。特に給与は、求人に諸手当を除くと記載されていたり、税金などが詳しく掲載されていないため、実際と異なる場合も多いのです。

このような、さまざまな理由から、自分が何のために看護師として働いているか、何を目標にこれから働いていけば良いか分からなくなってしまう人が多いのです。

生活リズムの乱れ

看護師になると夜勤・日勤でシフトを組み、出勤することになりますが、2年目になってその生活のせいで体調不良やストレスが重なる人も多いようです。

日勤だけで働きたいと考え、看護師だけではなく他の仕事を探し始めるタイミングになるようです。

1年目は新しいことだらけで覚えることに必死だった人も2年目になると時間の長さや勤務自体にうんざりすることがあるでしょう。

また夜勤続きで生活リズムが崩れてしまったり、体調にも影響が現れているという人もいるようです。

生活リズムは自分の気持ちともつながっているため、一度崩れてしまうと気分まで落ち込んでしまい、勤務にやる気が出ないこともあるようです。

人間関係に耐えられない

先輩や同期との人間関係に耐えきれないと感じる方もいます。

2年目なのに自分だけ未だにプロセプタがついていることや、厳しい先輩にいつまでも怯えながら仕事をすることにストレスを感じてしまうケースが多いようです。

いくら仕事に誇りを持っていても、周囲の環境が悪ければだんだんと職場に向かうことが辛くなってきます。

また、職場での人間関係の悪化から、いつも自分だけ叱責されるといったいじめに発展したりするケースも少なくないようです。

こちらの記事では人間関係が悪くなった時の理由と対処法をご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。→看護師の人間関係が悪くなる理由と対処法:人間関係が良い職場の特徴は?

看護師2年目で辞めたいと思うタイミングと対処法

以下では看護師を辞めたいと思うタイミングや、こんな時はどうしたらいいんだろう。という疑問を解消していきます。

また職場を変える方法や、看護師を辞める時の転職のコツをご紹介します。

自分の希望する看護分野が現職場にない時

今働いている病院では、自分の望む看護ができない・自分の勉強したい科に異動したいなどといった目標が出てきた時は、自分の希望する看護分野がある病院の見学に行ってみましょう。

転職が決まる前から見学に行っていいのかと悩むかもしれませんが、最初から遠慮して行動を起こさないのは損です。まずは見学を受け付けているか質問してみるだけでも良いので、行動に移してみましょう。

もしそこで惹かれた病院があり転職が決まった際は、「私はここで学んだことを活かして頑張りたいです」などと現職場を敬う言葉を伝えたうえで辞職を申し出ることをおすすめします。

転職先でも看護師としての仕事を探すのであれば、看護師に特化した転職サイトのマイナビ看護師がおすすめです。専任のキャリアアドバイザーが親身になってあなたの転職をサポートしてくれます。

マイナビ看護師に登録する

認定看護師の資格をとるため、異動したい時

看護師5年目で看護認定の資格を取ることができますが、基本的には3年以上の該当看護領域で実績を積む必要があります。日本看護協会が定める特定看護分野の実務研修内容の基準についてはこちら。

今の勤務先に希望の領域がある場合はその旨を伝え異動希望を出してみましょう。病院によっては、資格を取ることを推奨しており金銭的な支援体制がある場所もあります。

しかし、支援を受ける場合は資格取得後にもとの勤務先に戻らなければいけないので、勤務先を変えたい人は要注意です。

人間関係に悩み、どうしても辞めたい時

人間関係に悩んでいて、どうしても辞めたい人は多いでしょう。自分にだけ厳しく当たる先輩がいたり、他の人がいる前で叱責されたり、先輩の指導内容が毎回変わっていて考えていることが分からないなど、さまざまな人間関係の悩みがあります。

また、職場の雰囲気自体が悪く、患者の前では愛想が良いのに、ナースステーションでは挨拶すら返してくれないこともあるようです。

どうしても辞めたいと思った時に検討すべきこと

以上で見てきたように、辞めたいと思う理由はさまざまです。そこで、以下では2年目で、看護師の仕事を辞めてしまうデメリットとメリットをご紹介します。

2年で辞める際のデメリット

まず、デメリットとしては、看護師を辞めるという自分の決断を周りの友人や家族に理解してもらえないことや、万が一辞めて失敗した時の貯金が必要なことなどが挙げられます。

また、辞めたあとで転職を考える際、一般的に2年で前の勤め先を退職した人は、転職先を探しにくいと言われています。3年勤めて辞めるのと、2年勤めて辞めるのとではその先の転職活動において、大きな差が出るようです。

2年で辞める際のメリット

一方で、メリットとしては、悩む時間や機会がなくなることです。一定期間以上、同じ悩みを抱えている場合、職場が自分に合っていない可能性が高いでしょう。

今までずっと悩んでいた時間や労力を、自分に合った職場で働くために費やすことで、より自分に合った職場に出会える可能性が高くなります。また、以前はなんとなく働いていたけど辞めてから働くことにやりがいや意義を見いだせるようになったというケースもあります。

さらに、一度外の世界を知ることで、新しい気付きが得られるということもメリットとして挙げられます。

他にも人間関係で悩んでいる方はこちらの記事もチェックしてみてください。→看護師の人間関係が悪くなる理由と対処法:人間関係が良い職場の特徴は?

転職の方法

デメリット、メリット、両方検討した上で、やっぱり職場を変えたい。以下ではそんな人へ向けた具体的な転職の方法をタイプ別にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

職場を変えても看護師を続ける場合

せっかく苦労して掴んだ看護師という職業をかんたんに手放してしまうのはもったいないことです。

しかし、胃痛・頭痛・拒否反応など職場に行くと考えるだけで体に症状が出る場合は、早めに職場を変えたほうが体のためです。

ただ、職場を変えるといってもその手段は退職や転職だけではありません。同じ勤務先で病棟を異動させてもらうというのも良いでしょう。

現在の職場での人間関係や制度形態に問題があると感じたら、看護師専門サイトの「マイナビ看護師」で、希望の条件や環境を専門の医療系転職支援サービスのプロに相談してみましょう。

医療機関に直接足を運び、現場で働く看護師から職場の状況等を聞いてくれるため、自分にぴったりの職場を見つけることができます。

マイナビ看護師のサイトを見る

時短勤務に変えたい時

看護の仕事は続けたいけど、今の勤務形態ではやっていけないという方は自分のライフスタイルに合わせた時短勤務に切り替えてみるのもいいでしょう。

一般化の看護師と比べて給料は減る場合が多いですが、家庭に子どもがいる場合や、自分のペースで働きたい人にはおすすめです。

また病院という選択肢だけでなく、クリニックでの時短勤務も検討してみましょう。「看護のお仕事」では豊富な求人情報を探すことができ、専任アドバイザーがていねいに対応してくれるため、初めての派遣でも安心です。

看護のお仕事派遣のサイトを見る

看護師を辞めて他の職業に転職したい時

1年目と2年目のギャップについていけないという方や、看護師という仕事そのものに不満を感じている方は、他の職業を見てみることもおすすめします。

例えば、受付や事務の仕事なら自分のライフスタイルに合わせて仕事を続けることができます。

自分の希望する給料や勤務形態バランスを取って検討してみましょう。

リクルートが運営する派遣サイトの「リクルートスタッフィング」では、数多くの仕事から自分に合った仕事を見つけることができます。看護師以外の資格がなくても働くことができるため安心です。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

また正社員として働きたい場合には、大手転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめです。業界トップの求人数を誇り、他では見られない非公開求人もあるので自分の希望に合った職業で経験を積むことができます。

キャリアコンサルタントが提出書類の添削から面接対策までサポートしてくれるので、初めての転職の方も安心です。

リクルートエージェントのサイトを見る

最後に

今回は、看護師を2年目で辞めたいと思った時の事情別の対処法をご紹介しました。人間関係や自分の希望する看護分野が現職場にないことが原因の場合には、看護師を辞めなくても勤務先を変えれば悩みを解消できるでしょう。

その場合は、看護師専門の転職サイトマイナビ看護師がおすすめです。

外からではわからないような給与、有給消化などの条件・待遇、さらに雰囲気や働きやすさもマイナビ看護師なら知ることができます。

無料で会員になれるので、ぜひ登録してみてください!

マイナビ看護師に無料会員登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る