顔が薄い女性に似合うメイク・ヘアスタイル紹介!

顔のパーツが小さかったり、全体的に地味名印象、メイク映えがなかなかしない、など顔が薄い人の悩みは尽きません。

しかし、顔が薄いことは全くマイナス要素ではないのです。薄い顔には魅力がたくさん詰まってるのですから!男性ウケのいいメイクはナチュラルなものが多いので、むしろ顔が薄い人は有利なんです。

自分に似合うヘアスタイルやメイクを知って、薄顔の長所を引き出していきましょう。

今回は顔が薄い女性に似合うメイクとヘアスタイルを紹介します。

顔が薄いとは

顔が薄いとは、欧米人のようなメリハリのある顔立ちとは真逆の、日本風の起伏の少ないのっぺりとした顔立ちのことを言います。

顔が薄い人の特徴なども分析してみながらどのようにメイクしたり、髪型を変えていけばいいかの答えを探してみましょう。

薄顔の特徴

まずは代表的な顔の薄い人の特徴をあげてみます。

・目の印象が極端に弱い
・顔が全体的に地味
・目が小さい
・奥二重or一重
・まつげが短い
・まつげが薄い
・唇が薄い
・口が小さい
・メイクをしても映えない
・垢抜けない
・肌が白い

薄顔の特徴でもあり悩みでもあります。濃い顔から薄い顔に近づくことは難しいですが、薄い顔はメイクや髪型、小物などで、自分の好きな顔に近づくことが出来るのです。

顔が薄い人におすすめのヘアスタイル

顔が薄い人に似合うヘアスタイルがあります。髪色や髪型などを少し変えてみるだけで薄い顔だったのが映えるようになります。

美容室で美容師さんに自分の顔に合うヘアスタイルを聞くこともとても効果的です。美容師さんが客観的に自分に似合うヘアスタイルを作ってくれます。

ホットペッパーニューティーを使って今すぐ近くの美容室に予約してみませんか?ホットペッパービューティーは簡単にネット予約ができ、かつお得なクーポン付きです。気になる方は要チェックです。

ホットペッパービューティーで今すぐ簡単予約

顔が薄い人におすすめの髪色

肌が白い人が多い薄顔は、寒色も暖色もどちらもよく似合いますが、顔立ちによっては黒髪だと寂しげだったりクールな印象になってしまうことも。

薄顔の魅力を引き出す髪色は、アッシュ系のふんわりカラーです。ふんわり可愛らしい印象の、色素薄い系女子に簡単に変身できます。

また、濃い顔では派手になってしまうカラーも、薄顔さんだと派手になりすぎず華やかな印象になるのでオススメ。しかし髪色が明るいと顔の印象がぼやけてしまうので、そこはメイクでカバーしましょう。

薄顔にオススメの髪型

薄顔のヘアースタイルは、シンプルだと寂しい印象になりがち。

カールやウェーブを上手く取り入れ、華やかな印象になるようなヘアースタイルがおすすめです。濃い顔だとケバくなりがちな大胆に巻いたカールやパーマスタイルも、薄顔さんなら華々しい印象にすることができます。

逆に避けたいのは、直線的なヘアースタイル。シンプルすぎるストレートヘアーは、顔にさらに薄い印象を与えたり、寂しくなったりキツい雰囲気になりがちです。

薄い顔を濃くする方法・おすすめアイテム

顔が薄い人におすすめのメイクを紹介します。顔のパーツが小さかったり、1つ1つの主張がないので、くっきりメリハリをつけるようにメイクしていくのがポイントです。

メイクを利用して薄い顔と卒業しましょう。

アイライン

メイクで使う色の特性として、ブラックやブルーなどの寒色系のメイクは、顔をハッキリくっきりさせる効果があります。ブラウンやピンクなど暖色系のメイクは、ソフトで優しい印象に。

代表的な悩みでも挙げた通り、目の印象が弱めであったり、目が小さい薄顔は、アイメイクが重要です。

ブラックのライナーで目の周りを囲むと、目元が引き締まり、ハッキリとした印象になります。ただし太く濃くラインを引くのはNG。不自然で、逆に目を小さく見せてしまいます。

目を大きく見せたいのなら細く長く、目頭が><になるように、ラインを引いてください。

ハッキリしすぎる目元に抵抗がある場合は、ブラックよりもソフトな印象に仕上がるブラウンを選びましょう。今までアイラインを使っていなかったという方は、是非チャレンジしてみてください。目元の印象が一気に華やかになりますよ。

アイシャドウ

アイシャドウは、アイライナーと同色を使用してください。目の上が濃く、下が薄くなるようにすると、彫りが深く見えます。まぶたの下部は、中央から目尻に向かってぼかすことがポイントです。

マスカラ

目元の印象を強めるには、マスカラが必須アイテムです。マスカラを塗るだけでも、顔立ちはかなり変わります。

ロングタイプよりもボリュームタイプを使用し、アイライン同様ハッキリめが好みであれば寒色系、優しげな感じが好みであれば暖色系のマスカラを付けてみてください。

アイプチ

アイプチは目の印象をガラリと変えることができます。二重になるだけで目の印象がやわらかくなり、垢抜けた雰囲気を作り出せます。

しかし、アイプチはのりを付けている感じを隠せない、うまく幅を付けることができない、とちょっとしたテクニックが必要になります。

しかし、ここでおすすめするミセルD-ラインは夜塗るだけで朝になると二重が完成しているというとても簡単なものです。さらに、美容液が配合されているため、目がかぶれる心配がありません。

さらに今なら74%オフというお得価格で購入することができます!気になる方は今すぐチェックしてみてください。

ミセルD-ラインで二重をゲットする

アイブロウとノーズシャドウ

眉は平行気味に、少し濃いめに輪郭を取ります。輪郭を取ったら、アイブロウパウダーで埋めてください。ポイントは、眉の下ラインを少し下にはみ出すようにして目に寄せること。

濃い顔に欠かせない高い鼻は、ノーズシャドウで作りましょう。ただ乗せるだけだと不自然になるので、しっかりぼかすこと。肌の色よりもワントーン濃いノーズシャドウを、鼻の付け根から鼻筋、鼻筋の脇に乗せてください。

チークとリップ

色白が多い薄顔は、どの色のチークもよく似合います。ピンクは可愛い系、オレンジはヘルシー系、赤はモード系。チークはヘアスタイルやアレンジ、アイメイクなど、他の部分とのバランスをみて色を選んでくださいね。

リップは、チークと同色を選び統一するとおしゃれ感が増します。

記事の著者

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。