内縁の妻の定義・事実婚が成立する条件

記事の著者:SARAS編集部

「内縁の妻」というのは、婚姻届を出していないけれど、事実上は夫婦関係のような状態にあり、男性の妻として認識されている女性のことです。「事実婚」というのは、婚姻届を出していないけれど夫婦関係にある状態のことです。

それではなにをもって、「内縁の妻」「事実婚」と定義づけることができるのでしょうか。

今回は、内縁の妻の定義と事実婚が成立する条件を紹介します。

同棲の期間

内縁の妻の定義・事実婚が成立する条件の1つは、「同棲」の期間にあります。「同棲」とは、同じ家に住むことで、一般的には婚姻関係にはない男女が一緒に暮らすことを「同棲」といいます。

交際している男女が3年以上同棲を続けた場合、事実婚がが成立することもありますが、あくまで3年というのは目安になるため、必ずしも3年同棲したら内縁の妻、事実婚になるとは言えずお互いに婚姻の意思があるということも重要です。

また、同棲期間が3年以上なくても、同棲している二人に婚姻の意思が認められ、周りの第三者から夫婦同然の扱いを受けている場合は内縁の妻、事実婚として認められることもあります。賃貸借契約書が同居人として名前があることや住民票の住所が一緒ということが証明する証拠となります。

家計の一体性

「家計の一体性」も内縁妻の定義・事実婚が成立する条件の1つです。「家計」つまり財布が同じということです。

二人分の収支が同一通帳に表れている通帳や、それを証明するものや、二人用の家具を買った時の家具購入明細などが重要な証明する証拠となります。同棲をするということは、このような証明するものというのは、ほとんどの場合ありますよね。

家事の分担

内縁妻の定義・事実婚が成立する条件の1つ「家事の分担」です。夫婦のような共同生活が存在していたと認められるためには、夫婦と同視できる関係があったかということも重要になってきます。

同棲をしているというのはもちろん「家事」を分担していたという事実も内縁妻の定義・事実婚として認められるために必要になってきます。同棲をしてるとのでほとんどな場合。家事の分担は少なからずあるとおもいます。

お互いの親族との交友関係

お互いの親、親族などの結婚式、お葬式、法事などの法要に出席した事実があるかや、お互いの親族との交友関係も内縁の妻の定義・事実婚が成立する条件の1つになることがあります。

お互いの親、親戚、友人、同僚などの証言などがその証明になります。婚姻届を出しているかどうかに違いがあるだけで、実質は夫婦同様ということになります。

この記事の執筆者・監修者

SARAS編集部

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。