シスジェンダーの意味・ヘテロセクシャルとの違いとは

記事の著者:SARAS編集部

あなたはシスジェンダーという言葉を聞いたことはありますか?多くの人がこのシスジェンダーに該当しますが、まだまだこの言葉が認知されていないのが現状です。

また、シスジェンダーとよく似た意味で使われるヘテロセクシャル。似たようで非なるこの2つの言葉を、例と共に詳しくご説明します。

シスジェンダーとは

生まれながらに与えられた性に何の違和感もない人のことを指します。

この言葉の反対の意味で使われるのがトランスジェンダーです。トランスジェンダーは、生まれた時に与えられた性に違和感を感じている人のことを言います。

トランスジェンダーの人々を差別的に扱わないように生まれたのが、シスジェンダーという言葉。我々人類の大多数が、この分類に分けられます。

ヘテロセクシャルとの違い

シスジェンダーと似た意味で使われるヘテロセクシャル。ヘテロセクシャルとは、自分と異なる性、つまり男女間での性愛をする性質を持った人のことを指します。

2つの言葉の意味は似ていますが、シスジェンダーが自分の生まれ持った体と心の性が一致していることを表しているのに対し、ヘテロセクシャルは男女間での恋愛気質を持った人のことを表しており、微妙に異なるのです。

同性愛者は、ヘテロセクシャルの人々のことをノンケやストレートなどと呼ぶこともあります。

こんな場合もシスジェンダーに該当する

先ほどシスジェンダーの意味について触れましたが、具体的な例と共にシスジェンダーのパターンをご紹介していきます。

対象者がゲイの場合

肉体的に男性で、心も男性であるゲイの場合。

たとえ同棲愛者であっても、精神的・肉体的に男性と言うことはシスジェンダーの概念に該当するので、ゲイの男性はシスジェンダーということになります。

対象者がレズビアンの場合

体が女性で、心も女性のレズビアンの場合、ゲイと同様にシスジェンダーとなります。

少し複雑なように思えますが、肉体と精神が一致していれば、性別や性愛は問わずシスジェンダーに該当するのです。

ヘテロセクシャルのパターン

先述しましたが、ヘテロセクシャルとは異性間で性愛をする人々のことを指すので、シスジェンダーとは異なり同性同士の恋愛関係は成り立ちません。

例えば女性の恋愛対象が女性だとしても、心と体が女性の場合、シスジェンダーだと見なされます。
しかしヘテロセクシャルの場合、男性なら女性を、女性なら男性を恋愛対象としてみなすので、似ているようで全く異なる意味なのです。

トランスジェンダーとシスジェンダーの違い

トランスジェンダーは心身の性が逆の人のこと。例えば肉体が男性なのに心は女性、または肉体が女性なのに心は男性といった人を指します。

体と心の違和感に悩み苦しむ人は、性同一性障害となるのです。ゆえに、心と体の性別が一致しているシスジェンダーとは、真逆の意味になります。

この記事の執筆者・監修者

SARAS編集部

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。