釣書とは?釣書の正しい書き方とマナーを紹介

婚活中の方やお見合いをしている人にとっては重要となる釣書のマナー。
初めて釣書という言葉を耳にした方もいるかとは思いますが、しっかりと釣書の書き方を理解していないと恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません。
今回はそんな釣書について正しい書き方とマナーをまとめてみました。

釣書とは

釣書というのはお見合いの際にお互いに取り渡す書面のことを言います。
書面には自分のプロフィールなどを書くのが一般的ですが、最近では釣書の中に家系図などを書くことも多くなってきました。

ゆえにお見合いの際にはこの釣書の書き方やマナーを知っておかないと、恥ずかしい経験をしてしまうことになります。

釣書の正しい書き方

まずは釣書、あるいは身上書と書きます。そして次に氏名と生年月日を書きます。この際に難しい読みにはふりがなを、生年月日は西暦で書くと良いです。
そして次に本籍地と住所を記載します。次は学歴を記載しますが、中学校卒業時から学歴で大丈夫です。
留年や退学などマイナスになる点は書かないように気をつけます。

次に職歴を書きますがポイントとしては最終職歴以降を書きます。職歴を書き終えると自分の身長や体重、健康状態も書きます。

この他にも趣味や特技、資格、信仰や収入を書きます。すべてにおいて正確に正しく記載することが大切です。読みにくい感じにはふりがなをふると好印象になります。

釣り書きにおいてのマナー〜書くまでのポイント〜

釣書というのは相手に見てもらう大事な書類です。
なのでパソコンでプリントアウトをしたり市販の履歴書を使うと非常に悪い印象となってしまいます。
紙は白無地やたて枠線の入った便箋を、書く際には万年筆を使うと文面から温かみを感じることができるのでオススメです。

釣り書きにおいてのマナー〜封筒〜

釣書の書面を書き終えると次は封筒選びです。
釣書は三つ折りに折って開いた文面から読み始められるようにして表書きを書きます。
表書きの際は「釣書」あるいは身上書と記載します。

次に写真を入れてこの2点をさらに封筒に入れます。この際、封筒に記載する文字は世話人です。
このセットを2〜3部必要に応じて用意し、世話人に預けておきます。

同封する写真のマナー

釣書にはお見合い用の写真と普段の自分を撮った写真を用意しておきます。
まずお見合い用となる写真には写真館でキレイに撮ってもらいます。
男性の場合であればスーツとネクタイを着用し、女性の場合であれば清楚なワンピースや振袖、またスーツが良いです。
普段用の写真の場合は単独で、異性と写っている写真は選ばないように気をつけます。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る