主婦から看護師になるには?人気の理由は売り手市場!

専業主婦の女性が、看護師になりたい場合、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

この記事では、主婦にとっての看護師の魅力、主婦から看護師になるためのプロセスについて、紹介します。

また、看護師資格がなくても看護助手として働くという手もあります。そこでおすすめなのが、「ベネッセ MCM」です。

このサイトでは介護士の仕事を紹介していますが、登録のするときに看護助手の欄にチェックを入れて登録することで、看護助手の求人情報にアクセスできます。

ぜひ登録して看護助手を検討してみてください。

ベネッセMCMのサイトを見る

看護師になるメリット・デメリット

結婚した時から専業主婦だった女性や、妊娠・出産するために仕事を退職した女性の中で、再就職の場所として看護師を選ぶ方はかなり多いです。

主婦から看護師になるメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

看護師になるメリット

主婦の方が看護師になるメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・収入をアップさせることができる

・一度資格を取ってしまえば安定した職につくことができる

・人の命に関わるため、責任が大きくやりがいのある仕事ができる

再就職を希望する理由は収入をアップしたい、子供にあまり手がかからなくなってきたので仕事を始めたいなど、人それぞれですが、その中でも看護師が人気の理由は、看護師はかなりの売り手市場ということです。

現在、看護師の人手不足はかなり問題になっています。 看護師資格は国家試験で取得でき、一度取ってしまえば就職先は多いのです。

手に職を得るという点で、看護師という職業選択はとても堅実な判断だと言えます。

デメリット

一方で、デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・年齢層の違う人たちが同期になる

・夜勤のシフトもあり、生活リズムが崩れる

・女社会の人間関係に悩む可能性

・責任の重い仕事でストレスがたまる

主婦から看護師になると、新卒で入ってきた若い人たちが同期になったり、上司が年下なんてこともあります。

看護師の仕事は安定したお給料がもらえますが、夜勤の大変さや職場環境のストレスが付きまとうので、自分の希望する給料と待遇をしっかり検討することが大切です。

また、やりがいでもある責任の大きな仕事ですが、人によってはそれが逆にプレッシャーになることもあるようです。

看護師になる方法

では、具体的に看護師になるためにはどういったことが必要になるのでしょう。以下では看護師になるために必要なことをご紹介します。

看護の学校の種類

まず、看護師になるには、国家資格である看護師資格が必要です。そのためには専修学校、各種学校などの看護師養成所で3年間勉強するか、看護系大学で4年間、看護系短期大学で3年間学ばなければなりません。

看護の学校の違い

では、3年間で卒業できる専修学校や各種学校と看護大学では、どのような違いがあるのでしょうか。

専修学校などでは、卒業後、即戦力として病院で活躍できるように実習重視の教育を受けることができます。学校にもよりますが、看護大学よりも実習が多くなっているのが特徴です。

一方、看護大学では先進医療に対応するため、看護師に必要な知識を基礎からじっくり学ぶことができます。また、看護以外に経済学や薬学の授業の他に、一般教養の授業も受講できる場合もあります。

看護学校は看護大学に比べて学費が安く、卒業するまでの時間が短い反面、大学のように幅広い知識を身につけられる機会が少ないです。

また、大学では看護とは直接関係のない授業の単位も取得しなければならない場合もあり、そういった授業に時間や労力を割かなければならないこともあります。

学費の違い

では、それぞれの学費は具体的にいくらなのでしょうか。

学費は公立なのか私立なのか、またその学校によっても変わってきます。例えば公立の看護大学の初年次にかかる費用安くても150万円程度はかかり、私立だと約200万円程度は必要です。

加えて教材費や雑費などが必要です。主婦が学校に通うには、パートナーの収入、家庭での相当な貯蓄が重要です。

また、学校での授業や課題にかなりの時間を拘束されます。 実習となると、一日中忙しく、目が回りそうな日が続きます。これらに自分が耐えられるか、また家族の理解が得られるかというのはとても重要な問題です。

看護師を目指す際の準備と心構え

看護師を目指すリスクもメリットもしっかり検討した上で、やっぱり看護師になりたいと思っている人に、以下では看護師を目指す際に必要な心構えを紹介します。

勉強時間と学費を確保

看護師になるには、准看護師なら2~3年、正看護師なら3~4年、専門学校や大学で学ぶことになります。他のちょっとした資格とは違い、かなりまとまった学費と勉強時間が必要なのは事実です。

現在、主婦をしているなら、その間子供をどこかに預けられるか、貯金を切り崩すことになるが生活はしていけるか、あらかじめ準備や確認をしておきたいところですね。

シングルマザーには給付も

シングルマザーでできるだけ安定した仕事に就きたい、と看護師を志している人には朗報です。看護師になるには、高等技能訓練促進費が利用できる場合があります。

これは母子家庭の自立支援事業の一つで、国から支給されます。シングルマザーの場合、看護師や保育士、介護士などの資格を取る際に、月最大で10万円が受け取れる可能性があります。

普通の主婦なら夫が働いていて生活がどうにかなる場合もありますが、自分で稼がないといけないシングルマザーは辛いところです。看護師になるにはその間十分にお金が稼げなくて不安も多いでしょう。

この他に市町村でも支援のための制度があるので、勉強期間の生活が経済的に不安な方は調べてみることをおすすめします。

2年次編入できる看護大学もある

一般の大学を卒業していれば、看護師になるには2年次から編入できる看護大学もあります。一般教養科目が免除されて、看護の専門科目のみを学んでいくパターンです。

4年制大学を卒業している主婦も多いはず。その後でさらにまた4年間まるまる大学に通うのは、経済的にも時間的にも負担が大きいですよね。

逆に、社会人入試を実施していない看護学校もあるので、事前のチェックを欠かさないよう注意が必要です。医療系の予備校を活用すると、受験対策だけでなくあらゆる学校の情報も手に入れられます。

目指すなら正看護師

今から看護師になるには、准看護師なら最短2年の勉強で現場に立てます。しかし正看護師と比べて給与や昇級に格差がありますし、募集もそれほど多くありません。

主婦からのスタートでも看護師になるには、正看護師を狙うのが王道です。准看護師になってから正看護師になる方法もありますが、また学校へ通って試験を受けないといけないので、結局は回り道になります。

家族の理解が必要

主婦が看護学校に通うために重要なのは、家族の理解です。主婦をしながら学生生活を送るのは、相当過酷です。学生として授業を受け、課題をこなしながら、家事や育児をこなさなければならなりません。

学生の内はどんなに忙しくても給料は発生しません。学生生活で一番忙しいのが実習ですが、この時期は忙しすぎて家に帰ると寝るだけという人も多いようです。

主婦として、母親として、妻として、夫や子供などの家族に理解と支えを得ることができる環境が必要です。

自分自身の覚悟

主婦から看護師になることで、今までの生活とは全く違う生活を送ることになります。

看護師の仕事は想像以上に大変な責任とストレスが隣り合わせの職業です。

自分自身が看護師として働いていけるのかしっかり向き合って考えましょう。

覚えが遅くてもめげない

30代以降になると若い頃はすぐに覚えられたのに。と記憶力の低下や覚える遅さにもどかしくなることも多いでしょう。それでも、一度決めたらめげずにやり抜くことが大切です。

看護師になるには、かなりの粘り強さも大事な要素でしょう。看護師になってから現場で覚えることもたくさんあります。それも、主婦業と並行しながら働く形で出てくるのです。

年を重ねると忘れっぽくなるのは仕方ないでしょう。主婦を経験して30代から看護師になれた人も決して少なくはないので、とにかく努力あるのみです。

社会人の経験を活かすつもりで

主婦から看護師になった人は、社会人としての経験や母親としての立場が現場で活かせるのが長所となります。出産や子育ての経験から、人の命の重みもより感じるようになったはずです。

看護師になるには、自分のことをこなすだけでなく他者への気配りも求められます。あらゆる患者さんの目線に立って考えられるのは、新卒看護師にはないメリットです。

若い看護学校生や新人看護師の中にいると気が引けてしまうこともあるかもしれませんが、自分には主婦の経験や社会経験という強みがある。という具合にもっと自信を持って構いません。

どうしても一歩踏み出しにくい人へ

看護師は立派な職業ですが、その分目指すとなるとかなり大変な経験をしなければなりません。

特に主婦の状態から目指すのは経済的にも時間的にも犠牲が大きすぎます。

看護師になりたいけどリスクを取ってまでやりたい仕事なのかどうか分からない。自分が想像している仕事とは違うかもしれない。看護師の資格を取っても自分のライフスタイルに合った職場が見つかるか不安。など、どうしても一歩踏み出せない人も多いでしょう。

そこで、以下では資格がなくても看護の仕事に携われる仕事を紹介します。

資格がなくても看護の仕事に携われる仕事

看護師が業務をしているのか、自分に向いているのか、などを知る一番手っ取り早い方法が、看護助手として働くということです。

資格が一切必要ない代わりに、採血や注射などの医療行為はできません。看護助手の具体的な仕事は主に患者の身の回りの世話や介護などです。基本的に看護師の指示に従って業務を進めます。

医療行為には携われませんが、看護助手として働くことで、実際に看護師がどういった仕事をしているのかを見ることができます。一度現場を見ておけば、自分が看護師に向いているのかしっかり検討することができます。

看護助手の求人を探すときにおすすめなのが「ベネッセMCM」です。サイトの名前が介護となっていますが、希望職種の看護助手という欄にチェックを入れて登録すれば、看護助手の求人を見ることができます。

また、高待遇の優良企業が多く、自分のライフスタイルに合った求人を無料で紹介してもらえるので、家庭と両立したい人にはピッタリのサイトです。

ぜひ一度、登録してどのような看護助手の求人があるのかをチェックしてみてください。

ベネッセMCMのサイトを見る

看護師を目指している方へ


主婦から看護師になりたい女性は、まず経済面や家庭の環境、自分のことを肉体的にも精神的にも見つめ直し、パートナーともよく話し合う必要があります。

その上で、看護師資格を取れば、看護師はかなりの売り手市場。普通のアルバイトやOLよりも、かなり良い条件なので、家庭の収入の支えになるはずです。

また看護師になれたとしても、難しい問題が残っています。それは、病院での業務に慣れること、職場の人間関係を上手く築くことです。職場環境や条件は最初にしっかりとチェックしておきましょう。

こちらの記事では看護師の人間関係の良い職場の特徴について紹介しているので、チェックしてみてください。→看護師の人間関係が悪くなる理由と対処法:人間関係が良い職場の特徴は?

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る