男性がちょっと引いちゃう、彼女の喘ぎ声5選

記事の著者:SARAS編集部

エッチの時に男をよろこばせるため、またはセックスを盛り上げるために演技をする女性も多いですが、喘ぎ声があまりにわざとらしいと、「彼女の様子が何かヘンだぞ」と思われてしまいます。

また演技をしていなくても、「彼女から自然に出てくる喘ぎ声がちょっと変わってる」と感じて醒めてしまう男性もいるでしょう。

今回は、男性が違和感を感じる、彼女の喘ぎ声をいくつかご紹介します。

喘ぎ声で雰囲気を壊してしまってはエッチが台無しです。雰囲気を壊さないためにも、ベッド専用香水を使って彼を喘ぎ声が気にならないというくらいセックスを盛り上げましょう。

ベッド専用香水リビドーロゼで雰囲気を作る

声が大きすぎる

エッチが盛り上がってくると、喘ぎ声も大きくなってしまいがちです。

それ自体は全く悪いことではないのですが、彼女の喘ぎ声が大きすぎる…と彼氏に引かれてしまいますし、部屋でエッチしている時は近所迷惑になります。

人によってはどうしても叫び声のようになってしまう人もいるでしょうが、そういう人は意識的に声を抑えるようにするとよいでしょう。

低すぎたりハスキーすぎる声

男みたいに低い喘ぎ声や、酒焼けのようなハスキーすぎる喘ぎ声は、セクシーさや可愛らしさに欠け、男が醒めてしまったり引いてしまったりすることがあります。

自分を全てさらけ出して本能のままに喘ぐのは決して悪いことではありませんし、ヘタにわざとらしい演技をするよりよっぽどいいかもしれません。

しかしエッチの時くらいは、彼女らしく可愛い喘ぎ声を出すことを意識してみましょう。

わざとらしい演技

感じていないのに無理に演技して喘ぎ声を出しても、よっぽどうまくやらない限り、男性は何となく気づいてしまうものです。

せっかくエッチが盛り上がっていても、彼女が演技をしていると分かると、男性は醒めてしまいます。

あくまで自然に盛り上がっていくのが一番ですが、演技をする場合はバレないように加減しましょう。

男性がイクタイミングに合わせて声が大きくなる

彼女からしたら、男性が気持ちよくイケるように気を使っているのかもしれませんが、イキそうになったタイミングで急に喘ぎ声を大きくするのは白々しい、と感じる男性が多いです。

わざとらしくならない程度に、ちょっとだけ声を大きくするくらいがちょうどいいでしょう。男性に合わせて、気を使いすぎる必要はありません。

声のタイミングが合っていない

彼女の喘ぎ声がピストンの動きと合ってない、胸やアソコなどを愛撫するリズムと声が合っていないなど、タイミングが合っていない喘ぎ声はすぐ演技だとバレてしまいます。

自然に喘ぎ声を出していてもタイミングがずれてしまうことはありますが、演技でそれをやってしまうのはよくありません。演技をするなら、タイミングにも気を配るようにしましょう。

男性が求める喘ぎ声とは

男性は、彼女に自然な喘ぎ声を出してほしいもの。全く声が出ないのも男性にとっては物足りないので、感じたままに声を出すことをおすすめします。

そうはいっても上手く声を出せず、雰囲気を壊してしまうこともあるでしょう。声を出すことが難しいという方はリビドーロゼというベッド専用香水を使って雰囲気の演出をしてみてはいかがでしょうか。

香りの演出により、彼の欲求を分散させましょう。つまりリビドーロゼで彼を興奮させ、喘ぎ声が気にならないようにするのです。

リビドーロゼは効果が90分持続するので、セックスが始まる前にベッドか体に吹きかけておきましょう。

ベッド専用香水リビドーロゼで雰囲気を演出する

この記事の執筆者・監修者

SARAS編集部

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。