看護師がつらいと感じるタイミング8選と対処法:看護師の3Kとは?

看護師と言えば「汚い」「キツい」「帰れない」の3Kに加え、「結婚できない」「子育て大変」「休暇が取れない」まで揃っており、辛い事は数えれば切りがありません。

人の命を救う職業としての看護師は憧れの的で、なりたい人も多い職業ではありますが、仕事としての大変さもピカイチ。

そのような環境のなかでも懸命に働いている看護師が、「辛い!」と思う瞬間はどのような時なのでしょうか?

仕事が辛いと感じたら、職場環境を変えてみるのもいいかもしれません。

看護師専門転職サイトのマイナビ看護師は、外からではわかりづらい雰囲気や待遇なども詳しく教えてくれるのでおすすめです。

簡単に無料会員になれるので、ぜひ登録してみてください!

マイナビ看護師に無料会員登録する

看護師がつらいと感じるタイミング8選


看護師は何かとストレスを溜めてしまいがちな職業です。病院で患者さんやその家族に見せている笑顔の裏には、人には言えないようなモヤモヤを抱えているのも事実。

とはいえ現場に入ったら患者さんの命が第一。良くないものを表に出すようなことは基本的にしません。それでは、そんな看護師はどんな時につらいと感じているのでしょうか?

こちらの記事では看護師のストレスの原因を紹介しているので、ストレスで悩む方はあわせてチェックしてみてください。→看護師のストレスと対処法5選:患者さんや医師との人間関係が原因?

1.仕事の責任の重さを感じるとき

人の命を預かる立ち場の看護師ですが、もしも患者さんに何か医療ミスが起きたら大変な事態になり、最悪、患者さんが亡くなることもあるので、責任に胸が押しつぶされそうになって辛い気持ちになる人も多いんだとか。

また、職場環境でも悩むことが多く、悪い時には先輩たちの失敗をなすりつけられてしまうこともあれば、馬の合わない相手を貶めようとしてくる人もいます。

自分自身がプリセプタとして、後輩の指導や大きな仕事を任されることに対する責任の重さもあります。

2.同期と比べられる

時に新卒で大手病院で勤務する場合は、大勢の同期がいるので必然的に周囲との差が見えます。

同期の看護師はただの仲間ではなく、ライバルでもあるのです。

仕事の覚えが遅かったり、ミスを繰り返してしまうと周囲との差を広げることになるので日々気を張っている状況にストレスをためてしまうようです。

3.申し送りをお願いするとき

申し送りとは、勤務の交替の際、引き継ぐ人に患者の状態や行った処置を伝え、次の勤務の看護師が看護業務をスムーズに行えるようにするための引継ぎ業務のこと。

先輩看護師がたくさんいるなかの申し送りは、内容についてつっこまれることもあるので、緊張するものです。

しっかりと伝える内容を確認しておき、相手に不信感を与えるようなオドオドした態度をしないように意識せねばなりません。

事前にしっかり調べてあれば突っ込まれても対応が出来るのですが、不勉強やあいまいな確認が多いと怒られてしまいます。

医師を相手に報告する時もあるので、しっかり説明できるようにしておかなければならず、コミュニケーションが苦手な人にとっては、このやり取りが心労となる人も多々いるようです。

4.人によって指示が違うとき

担当者によって言っていることが全く違う場合もあり、あっちではこう言われ、こっちではこう言われ、時には「やり方が違う!」なんて怒られることもあります。

慣れてくれば担当者によってやり方を変えて対応することも出来るでしょう。相手が好むやり方を真似ることから勉強していき、そのうち自分のやり方を確立していければ一人前です。

上の人からの助言は守りながら、自分ならどうするかは心に留め置くだけの芯の強さがあった方が後々役に立つようです。

5.睡眠時間が少ない

睡眠時間が確保し辛い職場環境ですから、眠い時には心労が募ります。

これだけはベテランになろうとも若手でも、偉い立ち場の人でも変わらずキツいようです。

疲弊し切っている時こそ気を付けて仕事に当たらねばなりませんが、眠気が抑えられないと失敗やミスも増えます。いかに体力がもつか、ということが求められます。

6.理不尽なパワハラを受けたとき

看護師の世界は体育会系。パワハラもあれば、男女での差別もあり、時には医師から不条理な言葉を投げつけられる事もあります。

上下関係の中で鬱積したストレスをぶつけられることは日常茶飯事。気にしないようにしていても、ストレスにやられてしまう人も少なくありません。

職場環境を変えれば、パワハラや睡眠不足などの問題はなくなるでしょう。職場を変える前に情報収集はしっかりと計画的に行いましょう。

大手看護師求人サイトの「マイナビ看護師」なら非公開求人も多く、自分にあった条件や環境の病院を探すことができます!無料会員登録をして、求人をチェックしてみてください。

マイナビ看護師に無料会員登録する

7.夜勤

夜勤は、体調が崩れてしまうこともありますし、誰も責任者がいない現場で孤独な仕事をせねばならないこともあります。

深夜の医師は夜勤ではなく、当直扱いで勤務に当たっているため、基本的には眠って休みを取っており、もしも何かがあった場合、初動は看護師からなので責任は重大です。

また、仕事が終われば当直医師への報告もあり、気が抜けません。

8.担当する患者さんが亡くなったとき

患者さんが亡くなることをナース用語でステルベンと呼びます。患者さんが亡くなってしまった時は、どんなに仕事に慣れている看護師であっても、辛いようです。

静かに見送るのが看護師の役目ではあるのですが、感情を殺していても胸に込み上げる悲しみはどうしようもありません。

仕事がつらいと思った時の対処法


では、つらいと感じた時にはどのような行動を取ればいいのでしょうか?

1.同じ経験をした人に相談する

患者さんが亡くなったショックや仕事でのミスを一人で抱え込まないことが大切です。

同期に愚痴をこぼしたり、たまには先輩に頼ってアドバイスをもらうことで仕事での辛さを軽減することができます。

すぐに立ち直ることが難しいという人もいるかもしれませんが、看護師として成長するステップだと考えましょう。

2.とにかく身体を休める

職場に行きたくない‥と感じたら、ストレスに身体が晒されているかもしれません。ストレスが溜まっていることによって自律神経が乱れてしまい、頭痛や吐き気に襲われることもあります。

それを改善するためには、とにかく身体から溜まりに溜まった疲労を抜くことを意識しましょう。マッサージやフィットネスはストレス解消に効果的なので時間を作ってでも足を運んでみてください。

身体を休めることによって自律神経のはたらきを整え、ストレスによる体調不良を抑えることができます。

3.医師の診察やカウンセリングを受ける

仕事でのストレスや悩みを、誰にも相談できずに一人で抱え込んでしまうとさらに大きなストレスにつながります。

ストレスから深刻な病気になる可能性もあるため、適した薬を処方してもらうことで体調管理に努めましょう。

また、カウンセリングによって、意外な原因と対処法を教えてもらえることもあります。

3.職場を変える

現在の職場や自身の立ち位置・責任の重さに不満がある方は、看護師の仕事自体を辞めるのではなく、職場を変えるという選択肢もあります。

職場での人間関係や制度形態に問題があると感じたら、看護師専門サイトの「マイナビ看護師」で、希望の条件や環境を専門の医療系転職支援サービスのプロに相談してみましょう。

医療機関に直接足を運び、現場で働く看護師から職場の状況等を聞いてくれるため、自分にぴったりの職場を見つけることができます。

マイナビ看護師のサイトを見る

時短勤務に切り替える

看護の仕事は続けたいけど、今の現状ではやっていけない‥という方は自分のライフスタイルに合わせた時短勤務に切り替えてみるのもいいでしょう。

結婚や出産などのライフイベントに合わせて派遣の仕事をすることもおすすめです。また病院という選択肢だけでなく、クリニックでの時短勤務も検討してみましょう。

こちらの記事ではクリニック勤務について詳しく紹介しているので合わせてチェックしてみてください。→看護師がクリニックで働くメリット・デメリット:給料・スキルの低下?

「看護のお仕事」では豊富な求人情報を探すことができ、専任アドバイザーがていねいに対応してくれるため、初めての派遣でも安心です。

看護のお仕事派遣のサイトを見る

他の職業に転職する

プリセプタや役員の仕事の責任の重さや、残業がつらいと感じている人は、看護師の仕事から離れて別の仕事を探すことも考えてみましょう。

受付や事務の仕事なら自分のライフスタイルに合わせて仕事を続けることができます。

リクルートが運営する派遣サイトの「リクルートスタッフィング」では、数多くの仕事から自分に合った仕事を見つけることができます。看護師以外の資格がなくても働くことができるため安心です。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

また正社員として働きたい場合には、大手転職サイト「リクルートエージェント」がおすすめです。

キャリアコンサルタントが提出書類の添削から面接対策までサポートしてくれるので、初めての転職の方も安心です。

リクルートエージェントのサイトを見る

最後に

看護師は、職場での人間関係や不規則なシフトなど、ストレスの原因となる要素が多くあります。また患者さんの死に対するショックや、夜勤・残業の多さなど普通の仕事では感じないような辛さにも直面します。

しかしせっかく一生懸命勉強してとった看護師の資格を手放してしまうのはもったいないことです。職場を変えることで、今抱えている悩みを解消できるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのがマイナビ看護師です。看護師専用の転職サイトで、全国各地の求人を掲載しています。

専任のキャリアアドバイザーが、外からは見えずらい職場の雰囲気や組織体制をていねいに教えてくれます。またアドバイザーと直接会って話すことで、自分の要望をきちんと伝えることもでき、安心してより自分に合った転職先を見つけることができます。

マイナビ看護師に登録する

記事の著者

看護師の悩みをもっと見る