バイブの使い方・Gスポットへの当て方・おすすめバイブを紹介

AVでよく見かけるバイブ。使ったことない人にとっては手に取るだけでも大変ですし、使い方もよく分かりません。

またオナニーでバイブを使おうと思っても、どんなバイブを選べばいいのか判断に困る人も多いでしょう。

今回はバイブの使い方や、選び方、記事の後半ではおすすめのバイブを紹介します!インターネットで手軽に可愛いバイブやラブグッズが手に入るようになったため、最近若い女性の間でも手の届きやすい存在となっています。

宅配してもバレない!初心者向けのバイブをチェックする

バイブとは?

バイブとは女性が自慰行為をする際に用いる道具で、小刻みな振動により女性器や性感帯に刺激を与えるラブグッズのこと。別名大人のおもちゃとも言われています。形状は様々で、男性器を象ったものから、最近ではたまご型のオシャレなバイブもあります。

ローターは、バイブより一回り小さいアダルトグッズで、バイブほどの強い刺激はなく初心者向け。

バイブは膣内に入れて使うもので、ローターよりも強い刺激が得られ、モノによってはクリトリスやアナルも同時攻めできるものもあります。

バイブの使い方

できればローションを用意しましょう。最新のバイブといえども、やはり人間の肌よりは硬いので、ローションを使わずに挿入すると痛みがありますし、膣の内部を傷つける恐れがあります。

汚さないために、布団の上にバスタオルを敷いてやるのがおすすめです。

まずは愛撫

少し濡れるまで、優しく愛撫します。濡れが足りない場合は、ローションを利用してください。

バイブでクリトリスを刺激したり、やさしく撫でたりしながら、十分に濡れ、入り口が膨らんできたら挿入してください。

挿入

振動は弱のまま、バイブレーターの先端を膣へ少し入れてください。体になじんできたら、膣前壁に沿って奥へ進めます。

Gスポット

また、バイブを使う際にポイントとなるのがGスポット。ドイツの産婦人科医によって発見された女性の尿道海綿体です。性感帯スポットの一つで、膣口から3~5センチ入った膣前壁に存在しています。人差し指か中指を膣の入り口から入れ、第二関節くらいまで進めたところの恥骨の壁側あたりで、ここにバイブを当てると良いそうです。

強い性的快感を感じるには少し訓練が必要ですが、刺激されて気持ちよくなってくると膨らんできます。とても強い快感が得られ、ここで感じることができるようになればセックスの挿入でも、より大きな性的快感を得られるようになります。

ピストン

中が十分に濡れて緩んできたら、バイブでピストン運動を行います。上下に動かすだけでなく、浅めだったり、深めだっりを回してこすってください。

カリの部分を有効活用するとより気持ちいいかもしれません。コントローラーで強弱をつけてください。

オーガズム

イキそうになったら、バイブのピストン運動を早めて一気にイッちゃいましょう。

バイブを使う際の注意点

バイブは場合によっては女性を傷つける場合がありますので、以下の点に注意して使いましょう。

強引に入れない

まず注意する点を挙げるならば、 とにかく強引に入れない事です。ちょっと入れにくいと思ったら、もっとローションを つけたり他の場所を愛撫するなど焦らずじっくり攻めていきます。

バイブは直接女性器に挿入して刺激を与えるグッズです。無理に挿入すれば痛みを与えてしまいますし、慣れていない女性にとっては異物感という感触の方が強くなってしまいます。

男性器のときと同じように、挿入するタイミングやコンディションに気を付けましょう。十分に濡れてきてから入れるか、ローションを使うことが大切です。

Gスポット攻撃

Gスポットへの刺激は、最初は50%程度の振動で充分です。なるべくGスポットにバイブのくびれ部分を引っ掛けるようにして狙います。

注意するべきは、この時点でも手の動きはゆっくりということです。アダルトビデオのように激しい愛撫では、女性は痛みしか感じないことが多くなります。

前戯やムードも大切にしてGスポットを刺激すれば、クリトリスとの同時攻めであっという間にイってしまいます。

クリバイブ

クリバイブというのは、挿入した時にクリトリスの部分に当たるバイブのことです。これがあると、挿入時にも中とクリトリスを同時に刺激することができます。

中とクリトリスの同時責めは、女性の性感を非常に刺激します。クリトリスを責めるときはバイブの先にローションをたっぷりと塗りこむのがコツです。ほとんどの女性にとって一番感じるポイントだからこそ、効果的に刺激しましょう。

女性器以外にも効果的

バイブを使った王道プレイはやはり女性器への挿入ですが、愛撫に使うのも実は効果的です。

最初は耳元やうなじから攻めていきます。ここを攻められると意外に弱いという人も多く、新たな性感帯が発見できるかもしれません。

また、バイブを挿入する前に女性器周辺を愛撫してより快感を高めておくことが大切です。特に太ももの付け根の部分を攻めると効果絶大、女性器に来るかと思わせておいて太ももに刺激を与えることで、意外な快感を感じてしまいます。

ピストン攻撃

大抵のバイブの長さであれば、ポルチオ性感帯に充分届きます。手の動きはなるべく水平に直線的にし、最初はゆっくりと動かして徐々にスピードを上げます。

バイブは疲れを知りませんし、手で動かしていますから細かく動かすこともできます。時にはいじわるに焦らしたり、リズミカルなピストンを崩したり、左右に振ったりと、ペニスではなかなか出来ない刺激を与えてみましょう。

初心者におすすめの女性用バイブをご紹介!

初心者が最初から大きいサイズのバイブを使用するのはおすすめしません。素材は硬いものからプニプニした柔らかいものまで様々。

初心者は柔らかいほうがオススメです。色もカラフルなので、自分のお気に入りの色を探してみてください。

スカイビーンズ

バイブの種類はたくさんあり悩むところです。一本型のもの、クリトリス用バイブのついているもの、変わった形のもの、パール付のもの・・・太さも長さも様々です。

初めての一本としてオススメするのはフリッパーのついているもので、太さや長さは一般的な男性サイズの、スカイビーンズがオススメです。

ポルチオラッシュ

まずは見た目で分かる無数のトゲ。先端から根本まで大小様々なトゲが生えています。

エラストーマという超軟質素材なので挿入時に膣内に程よく引っ掛かり、それが新たな快感を運んでくれます。

竿の中央部にマイクロローターが搭載されており、挿入時にGスポットを揺らすので、心地よい快感を得られます。

>>スカイビーンズ販売サイトはこちら

ORA2

こちらは中に入れたりGスポットを攻めるのではなく、クンニの快感を体験できるバイブです。内部の突起が男性の舌のように動き、まるでクンニされているかのような快感を感じられます。

バイブ全体の振動機能もあるので、ローター的な快感も楽しめます。クンニ好きな女性にはたまらないです。

>>ORA2をAmazonでチェック

キャスパー

特徴は、オバケが荷物を運んでるような形状のキャスパーは、膣内に入れるとヘッド・クリ部分ががっちりとアソコをホールドします。

入口が細くヘッドが大きいので手放しでも簡単には落ちません。通常のバイブのように自分でピストンしなくてもホールドしたヘッドがGスポットを的確に刺激します。

キャスパーの刺激は新感覚間違いなしで、Gスポットに張り付いたようにぴったりとくっつくのが特徴。

>>キャスパー販売サイトはこちら

ストロニック

中イキ派に大好評のバイブです。ピストン式バイブで膣の中をピストンされているかのような刺激で中イキしたい女性におすすめ。

伸縮するタイプではなく、バイブ内の分銅が上下に動き、そのゴンゴンとした刺激で感じる新しい機構となっています。

>>ストロニック販売サイトはこちら

Gスポット専用のバイブ

Gスポット専用バイブと中イキバイブとの違いについてよくわからないという方も実に多いのです。

そもそもGスポット専用バイブは販売されているということも知らない方も多いもの。Gスポットはボルチオ性感帯よりも手前にあります。

そこを刺激すれば女性特有のオーガズムに達することができます。Gスポットに直接当たるよう工夫されたGスポット専用バイブを使えば女性としての最高のオーガズムに達することができます。では、Gスポット専用バイブのおすすめを紹介したいと思います。

スーパーアクメマックス

先端がとても大きく、女性のアソコにすんなり入るのか心配になります。 ヘッド部分はGスポットにちょうど当たるようにできており、膣の奥の子宮口まで届きそうですが、実際はその手前のGスポットを責めるようにできています。

2つ目のスイッチを入れると、親指の形をしたクリバイブにブィ~ンという振動が発生します。

ヘッドがGスポットを責め、クリバイブがクリトリスを責めるので女性が感じないわけがありません。そしてクネクネとした動きは最も女性が感じる、圧迫するような指の動きでGスポットを責めるので、奥好きの女性にはかなり気持ちいいです。

>>スーパーアクメマックス販売サイトはこちら

アントワープ

アントワープは生活防水なので簡単に水洗いができます。そして、お風呂の中でも使えます。先端は柔らい素材でできていて、ツルツルとしています。アントワープは、先端がクイッと曲がっていてGスポットをグリグリ責めるようにできています。

見た感じ指の先端みたいに曲がっていてイヤらしいです。手で持って出し入れをして、うまくGスポットを刺激してください。クリトリスとGスポットを同時に攻撃するタイプのバイブです。

>>アントワープ販売サイトはこちら

まんずり〜

Gスポットを攻撃するだけに開発された新タイプのバイブ。今までもGスポットを刺激するようなバイブはありましたが、振動するだけの機能のものがほとんどでした。

これはGスポットを手で掻きだすような上下運動の動きをします。そのパールが上下にスライドするという可動式。先端部分が振動しながらGスポットを圧迫し、なぞります。まるで指マンのようにGスポットを的確にとらえます。

>>まんずり~をAmazonでチェック

トリプルGバイブ

女性が考えたクリと子宮を同時に刺激するバイブです。先端ローターが子宮を直撃します。

イボイボスウィングがGスポットを刺激し、クリバイブでたまりません。先端にもバイブが内臓されており子宮の奥とクリトリスを同時に刺激し、スイングによってGスポットをこねるように動きます。クリバイブと先端のバイブを同時に動かせるのは良いです。

>>トリプルGバイブ販売サイトはこちら

シークレットガーデン Gスポットアタック

Gスポット責めバイブの最高傑作と名高いです。その特殊な形状の先端部分が膣の内部にピッタリフィットしてGスポットを刺激し、両側についている2つの翼が膣の周りとクリトリスを刺激します。

挿入部分には2機の強力モーターを搭載。8段階の強弱調節と、6種類の振動パターンが選べ、今どの振動パターンになっているかが光るボタンの色で、確認できるようになっています。

この強力な振動とGスポット&クリトリスをピンポイントで刺激できる本体の形状により、女性はすぐにオーガズムを感じ、クライマックスへと到達します。

>>シークレットガーデン Gスポットアタック販売サイトはこちら

バイブセックスのすすめ

バイブを使うと中で感じる振動やクリトリスと中との同時攻め、そしてスイングと振動という2つの刺激を同時に味わうと、思わず声が出てしまうような快感があります。

性器の気持ち良いところを全て同時に愛撫されているようで、下半身全体が快感に包まれるような気持ちよさがバイブの特徴。 振動部をローターのようにして使ったり、テクニックもいろいろ。具体的にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

クリトリスは最初は弱で刺激

クリトリスへの刺激は、最初から強くしてはいけません。攻めテクニックの基本は焦らしですから、弱い振動やちょんちょんと掠めるように当てることで、女性に弱くて物足りない刺激をしばらく与え続けます。

女性の反応からそろそろかな、と感じたらしばらく弱振動で当て続け、そこから一気に振動を中や強にして昇天まで導きましょう。

乳首への刺激

乳首はあまり強いと痛い場合があるので、弱でじわじわと攻めていくことが大切です。乳首の先端にちょん、ちょんと当てたりしばらく当てたり、変化を付けて攻めます。

乳首にもローションをたっぷりつけることで、快感は倍増します。乳首をブルブルさせることは、じらされているみたいで、もどかしい快感を味わうことができるのです。

乳首をバイブでたたせて、指ではじくのも気持ちがよいのです。

角度をつけて挿入する

挿入する時に角度に微妙な変化をつけてみることもオススメです。そうすることでスウィングが大きくなります。また普通に挿入するよりもバイブのボディーラインを感じる事ができるので、イボイボ付きのバイブは魅力をさらに引き出す事ができます。それに加えピストン運動は欠かさなければ、とても気持ちよくなります。

Gスポットとクリトリス、同時攻め

ほとんどの女性はバイブでGスポットだけを刺激するからイクわけではありません。同時に、クリトリスへの刺激も必要だからです。

だから、ペニスの形をしたバイブの先に、クリトリス刺激用の小さな突起物が付いたバイブレーターが人気なのです。個人差がありますから、使用に関しては女性の意見をきちんと聞くべきでしょう。

宅配してもバレない!初心者向けのバイブをチェックする

関連記事:オーガズムをゲット♡女性が気持ちいい快感オナニーマニュアル完全版

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る