同棲カップルのケンカの原因:仲直りする方法もご紹介!

記事の著者:SARAS編集部

きっかけは色々ですが、お互いが一緒にいたいからこそ始めるのが同棲です。

付き合いたての頃はとても仲が良く喧嘩なんてした事なかったのに、同棲してから喧嘩が絶えず、結果的に別れてしまったというカップルが多いようです。同棲したカップルの8割は破局しているとのデータもあります。

カップルは同棲をすることで結婚に向かって進み始めたように感じます。しかし、結婚に至らなかった同棲カップルの特徴や、喧嘩の原因を紹介します。

同棲カップルの喧嘩の原因

では、具体的に同棲カップルはどんなことが原因で喧嘩をしてしまうのでしょうか。

以下では、同棲カップルの喧嘩の原因についてご紹介していきます。

彼氏が家事を手伝ってくれない

同棲は結婚生活の練習みたいなものです。一般的に家事は女性がするものだと考える人がほとんどではないでしょうか?最初は好きな恋人の為なので、なんなくこなしていけます。

しかし長く時間が立つにつれ、疲れもたまり不満ばかりがつのって喧嘩になってしまう事が多いようです。同棲すると決めたら、家事の役割分担もきちんと決めた方が喧嘩の原因も減りそうですね。

自分ばかり大変だとは考えず、一緒に暮らしているのだから助け合いと思って手伝ってあげることも必要です。逆の立場になったとき、自然と手伝ってくれるようになるかもしれませんよ。

浮気

同棲を始めると別々に暮らしていた時とは違い、隠し事や嘘はすぐにバレてしまいます。

帰る家が一緒なので、ちょっとした恋人の変化や隠している物が見えてしまい、そこから不信感がうまれ喧嘩へと発展してしまうのです。相手の携帯を見るきっかけが出来たり、相手の物も自分と同じ空間にあるので浮気に気づく原因もさまざま。

浮気は喧嘩だけで収まらず破局へと繋がってくるので絶対にしてはいけません。

お金の管理

お金の管理の仕方は一般的に家賃や光熱費など大きな出費を男性が、食費や日用品などの小さな出費を女性がするのではないでしょうか。

しかし、それを逆手に「俺の方が多く出しているんだから」と上目線で言葉を発したり、彼が多く出すのも当たり前になりもっと甘えたりと、お金の問題にも喧嘩の原因がたくさん潜んでいるようです。

また、何にいくら使うかなど、生活費を分けてはみたものの上手くいかないこともあり、予算オーバーしてしまうことも。

最初は二人で節約したり、注意すれば直してくれていたことも長い期間一緒にいると約束に対する意識が低くなり、けんかにつながることもあります。

最初に決める約束は、二人の無理のない範囲で決め、お互いの金銭の管理はしっかりしましょう。

連絡がマメでない

同棲し始めると、いつまでも帰ってこない恋人の事が、同棲前の時より気になり、「いつ帰るの?」「今何してるの?」「どこにいるの?」と逐一連絡がほしくなる女性が多いようです。そんな女性を男性は重いと感じたりストレスの原因になったりして喧嘩に発展してしまいます。

二人で住んでる家だからこそ寂しさが増すのも分からなくないですが、心配しすぎたり理由も無く疑ったりするのはやめましょう。

気持ちを言葉にしない

日頃一緒にいる事が当たり前になって「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わなくなった、という人も少なくないようです。

愛情表現も同じで、「大好き」「愛してる」と一緒にいる時間が長くなればなるほど減ってきて恋人が今何を思っているのか分からない、なんて意見も...。

感謝の気持ちや愛情表現というのは、恋人同士が一緒に生活するうえで必要不可欠とも言えます。なので日頃言いにくかったとしても、誕生日や記念日などのきっかけを作って自分の素直な気持ちを伝え合うべきですね。

大好きな彼と仲直りをするには?

次に、同棲カップルのための彼との仲直り方法をご紹介します。

自分から謝る

女性とケンカをした場合、殆どの男性は自分から謝ることを嫌います。男としてのプライドが許さないからです。

一緒に暮らしていない場合はケンカをした後、別々の場所に帰るので会わなくてもすみますが、同棲をしている場合はそうもいきません。

そこで、一番簡単なことは、早い内に自分から謝るということです。さりげない会話から、「ごめんね」と言うと、仲直りができる可能性が高くなります。

日常会話はとても大切です。「おはよう」「何食べる?」「いってらっしゃい」そんな日常会話から「ごめんなさい」と言ってみましょう。

しかし、もしあなたは確実に悪くない状況の場合は逆に謝らない方がいいです。

どんなに彼が悪かったとしてもあなたが謝ってしまったら、都合のいい彼女、何をしても怒らない彼女などの認定をされてしまう可能性も。

二人でよく話し合う

「ごめんなさい」の言葉の後で大切なことは、二人でよく話し合うことです。

相手を追い込むのではなく、彼に対する自分の嫌だった部分を伝えましよう。そして、「〇〇くんは、私のどこか嫌なところはどこだった?」と尋ねてみてください。

そうやって、二人できちんと向き合って解決していくことが大切です。

スキンシップが大切

男性は、スキンシップにとても弱いです。

あなたのことを大切に思っている相手なら、あなたのスキンシップはケンカをしていても嫌ではありません。スキンシップをすることで、彼の怒りが軽減することもありえます。

話し合いは彼の横に座りましょう。彼の横に座って、話しながら首をもたれてみてください。彼が受け入れてくれたら、すぐに仲直りができるはずです。

しょっちゅう喧嘩をして結婚できない同棲カップルの特徴とは?

同棲カップルの喧嘩の原因をご紹介してきましたが、中には「喧嘩ばっかりするから結婚はできないかも…したとしてもうまくいかなさそうだなぁ…」と感じる方もいると思います。

そこで以下では、折角同棲をしていても喧嘩ばかりで結婚ができないカップルの特徴をご紹介していきます。

もし自分たちに当てはまってしまっているものがあれば、日ごろから注意するようにしてみて下さいね。

女は結婚を意識し、男は結婚願望が薄れる

同棲を始めると、女性は結婚をより意識し、男性は安心してしまうようです。

男性は同棲することで、彼女がいつも自分のそばにいて身の回りの世話をしてくれる現状に安心し、結婚願望が薄れていくというパターンが多いそうです。

また女性は、一緒に生活することが長くなるにつれ結婚を強く意識するようになります。

しかし、男性の安心しきった態度に気持ちが覚めてしまうことが多く、そのような気持ちのズレから破局をむかえてしまうことが多いようです。

問題を乗り越えられない

「好き」「一緒にいたい」という理由で同棲を始めてみたものの、違う環境で育った2人が一緒に暮らすのですから、生活の様々なシーンでトラブルが起きます。

ひとつずつは小さなことでも、積み重なっていくとストレスとなり、乗り越えることが困難になってしまいます。

また結婚していないため、無理に乗り越える必要がなく、別れを選んでしまう結果になるようです。

互いを思いやる気持ちがなくなってしまう

家事をしない。生活費など金銭面についての理解がない。

安心しきってお互いを気遣うことがなくなった。または、関係が覚めきってしまい、挨拶さえしない。

このような状態になると、何か大きな環境の変化がない限り、結婚に至るのは難しいでしょう。

我慢をしすぎる

カップルのどちらか、または両方が、相手の生活態度に納得していなくても話し合わず、我慢をしすぎてしまう状態の同棲は危険です。

その状態を続けていても、何かのきっかけで不満が爆発してしまい、破局してしまう結果になることか多いです。

同棲期間が長い

二人の関係は悪くないが、同棲期間が長いカップルも結婚できない場合が多いです。

生活するには問題ない2人で、ゆくゆくは結婚を視野に入れていても、具体的な計画がない場合は、なあなあな関係になってしまい、結局別れてしまったという話もよくあることです。

結婚視野に入れた同棲なら、結婚前の具体的な同棲期間やいくら貯金ができたら結婚するなど、しっかりとした目標を決めることをおすすめします。

さいごに

同棲中の彼氏と今後の関係が見えなかったり、不安な人は多いのではないでしょうか。

同棲をしてみて、今の彼氏との未来が見えない場合、別れるのもアリかもしれません。今の関係を続けていても時間も無駄です。今の彼氏と別れても、次の相手がいないという方におすすめなのがマッチングアプリ。

効率よく、次の相手を見つけることができます。中でも、ペアーズは国内最大級の利用者の中から、職業や趣味など詳細に男性を検索することが可能です。

また、女性は登録が無料なのも嬉しいポイント。ぜひ、どのような人が利用しているのか見てみてください。