完全網羅!四十八手のセックス体位を徹底解説

男性と女性の愛情を確認できるセックスには四十八手の体位があると言われています。四十八手とは体位の種類の数を表したものではなく、相撲の決め技を模した表現です。

女性の片足を上げさせることでより深くペニスの挿入が可能な燕返しや杵かつぎや、道具をつかって普段と違った興奮を味わえる流鏑馬など、先人に学ぶ気持ちのいい四十八手の体位をすべて紹介します。

もちろん体位によってペニスが当たる場所や女性の感じ方が変化することで、セックスのマンネリ化も防ぐことができるので、この機会に是非知っておいてください。

また、マンネリ化を防ぐ方法として、匂いで男性ホルモンの分泌を促すことができる、ベッド専用香水リビドーロゼを試してみてはどうでしょうか。

セックスの時間から逆算して匂いが変化するように作られているので、そのシーンにあった匂いがより2人のセックスを盛り上げてくれます。

リビドーロゼを使ってマンネリ化を改善

後櫓(うしろやぐら)

後櫓とはいわゆる立ちバックのことで、Sっ気のある男性から特に人気の体位。狭いスペースでも可能ですが、ある程度のペニスの大きさがないとペニスの挿入位置は浅くなってしまうので注意が必要です。

後ろ櫓は女性が鏡にしがみつきながら行うことで、見た目のエロさも格段に上がるので、鏡を使って試してみるのがおすすめです。

時雨茶臼(しぐれちゃうす)

時雨茶臼はいわゆる騎乗位のことです。

寝ている男性の上にまたがって女性は腰を振るので、気持ちいい場所にペニスを当てることができます。

積極的に腰を振る彼女を見ると男性も興奮するのでおススメです。

本茶臼(ほんちゃうす)

本茶臼とは、あおむけに寝転がっている男性の上にまたがる、体を密着した形の騎乗位の体位。密着していることでキスやハグがしやすいので愛情をしっかりと感じることもできます。

また男性が女性を突き上げやすい体勢になるので、より早いピストンをすることが可能です。

岩清水(いわしみず)

寝ている彼の顔の上にまたがる顔面騎乗位です。

女性の膣を愛撫することに集中できるこの体位は、ペニスを挿入する前の前戯に利用されます。

鴨の入り首(かものいりくび)

鴨の入り首とはいわゆる背面側位のことです。女性が横を向いた状態で、その後ろから横になった男性がペニスを挿入する、横寝バックとも言えるもの。

この体位は女性のGスポットにペニスを当てやすいので、女性に気持ちよくなってもらうにはおススメの体位。

鴨の入り首では、ただ真横を向くだけでなく、身体を斜めに傾けることで、自分や相手にとって気持ちの良い体位を探すことが可能です。

つぶし駒掛け(つぶしこまがけ)

つぶし駒掛けとは後背位の1種で、女性はうつぶせの状態でお尻を高くつきだし、後ろから男性が女性の膣内にペニスを挿入します。

膣のほどよい締りを感じながら深くペニスを挿入することができる体位です。

達磨返し(だるまがえし)

達磨返しは正常位の1種です。

女性はぴたっと太ももを閉じた状態であおむけに寝転がり、男性はその太ももを抱えた状態でペニスを挿入します。

太ももを閉じることで、ペニスを奥深くまで挿入でき、相手の顔を見ながら気持ちよくなれる体位です。

立ちかなえ

立ちかなえは立ったままセックスをする体位です。男女が向き合った状態で、男性が女性の片足を持ち上げます。

バランスをとるのが難しい体位のためあまり行われませんが、よりセックスが盛り上がる体位です。

撞木反り(しゅもくぞり)

撞木反りは騎乗位の一つで、あおむけに寝転がっている男性の上を女性が背を向けた状態でまたがります。

女性が体をそらせることによって気持ちの良い場所にペニスを当てることもできますが、挿入位置が深くはないのでペニスが抜けやすくテクニックのいる体位の一つ。

裾野(すその)

女性は横向きになった状態で片方の足はまげて、下に来る足は伸ばしたままの状態にします。男性は女性の足にまたがってペニスを挿入する体位です。

この体位は角度調整がしやすいので男性も女性も気持ちいい場所に当てることができます。

敷き小股(しきこまた)

敷き小股は後背位の1つでうつぶせ状態になった女性の上に男性がまたがりペニスを挿入します。

女性はぴたっと足を閉じることで膣の締りも良くなり男性は気持ちよくセックスができる体位です。

炬燵隠れ(こたつがくれ)

炬燵隠れは対面にお互いが向き合った状態でセックスをします。

お互いに後ろに手を着き、腰のリズムを合わせながらするため慣れが必要です。

激しい動きになるため、膣からペニスが抜けないように気を付ける必要があります。

立ち花菱(たちはなびし)

あおむけになっている女性が脚を大きく開き、男性が口を使って膣を愛撫する、いわゆるクンニのことです。

唾液でたっぷりと濡らしてあげることで、ペニスを挿入する際にスムーズになります。

富車(とみぐるま)

富車は江戸時代における正常位のこと。48体位の中で、ランキングトップの人気の体位です。

あおむけになった女性が股を開き、その股の間に男性が入りペニスを挿入します。男性が腰を振りやすいことから幅広い年代で利用される体位です。

フィニッシュの際に最もよく使われることからも、48種類もある体位の中でも、常にランキングトップなのがうなずけます。

松葉崩し(まつばくずし)

側位の1種で有名な体位です。

女性は横向きの状態で脚を広げ、男性は女性の下の足に座ってペニスを挿入します。この体位は中出をするのにお勧めの体位です。

抱き地蔵(だきじぞう)

抱き地蔵とは男性がイスなどに座り、女性がその上をまたがってペニスを挿入します。

イスがあればできるので刺激的な満足度の高い体位です。

より刺激のあるセックスを求めている女性におすすめなのが、匂いの面から男性の性欲を刺激してあげるというもの。

累計35万個を売り上げているリビドーロゼは、甘酸っぱいさわやかな普段使い可能な匂いながらも、フェロモンを再現した香りで男性の性衝動を掻き立てることができるベッド専用香水です。

リビドーロゼで男性の性欲を高める

櫓立ち(やぐらだち)

男性が立った状態で女性を抱きかかえペニスを挿入します。櫓立ちはいわゆる駅弁のことです。

女性を抱きかかえるために男性にはある程度の体力が求められますが、普段とは違ったセックスができます。

鵯越え(ひよどりごえ)

鵯越えとは後背位のことを言います。女子が四つん這いの状態になって男性はその後ろからペニスを挿入します。

ペニスを奥深くまで挿入できるので中出し、子作りにおススメです。有名な体位で幅広い年代で利用されています。

宝船(たからぶね)

男性があおむけになった状態で、女性が男性の足を持ち体にまたがると宝船の体位です。

女性が男性の脚をもつことで安定しながら腰を振ることができ、女性が脚を曲げることによってより深くペニスを挿入できます。

乱れ牡丹(みだれぼたん)

座った状態の男性の上に女性が背を向けた状態でまたがるスタイルです。

またがっている女性を抱くことで乱れ牡丹の体位になるのですが、鏡を見ながらセックスをすることでエッチな雰囲気がさらに盛り上がります。

獅子舞(ししまい)

男女が互いに向き合い後ろに手をついた状態でセックスをします。

この時に女性は脚を男性の肩の上に置き、男性はそのままペニスを挿入する体位です。

お互いに結合部分が露わになっているのでエッチな雰囲気が楽しめます。

襷掛け(たすきがけ)

あおむけになっている女性の上に男性が覆いかぶさり、女性は男性の腰あたりで脚をクロスさせるのがたすきがけ脚をクロスしお互いの体を密着させることで、お互いの肌や体温をしっかり感じることができる体位です。

また女性が足を使って男性にしがみつくことでお尻があがるので、よりペニスの角度を調整することができるので気持ちよさが上がるし、女性器の奥の方で射精でき、子作りの際にもおすすめです。

仏壇返し(ぶつだんがえし)

女性が立った状態で手を床につき、男性はその後ろからペニスを挿入し、腰を振ります。

相手の身長によって変わりますが、深くペニスを挿入できるのでお互いに気持ち良いセックスができる体位です。

手懸け(てがけ)

男性がソファなどに座った状態で、女性が背を向けるように座ってペニスを挿入します。

この体位でセックスをしている間は女性のおっぱいをもんだり、クリトリスを触ってあげることで、より女性を気持ちよくすることが可能です。

燕返し(つばめがえし)

うつぶせ状態になっている女性の上に、男性が女性の片足を持ち上げてペニスを挿入します。杵かつぎと似てますが、こちらの場合は足をできる限りまっすぐ上に伸ばしている必要があるので、燕返しは48手の中でも難しい体位です。

うまくいけば膣深くにペニスを挿入でき、お互いに気持ちの良い体位。女性は簡単な足のストレッチから心掛け、ぜひ48手の中で難易度の高い燕返しに取り組んでみてください。

抱えどリ(かかえどり)

男性は正座をして、女性は男性に背を向けた状態で座ります。男性は女性の脇の下に手を通して体を支えてバランスを保ちながらペニスを挿入します。

この体位は女性が体を反らせるとGスポットに当てることができる体位です。

男性により激しくしてもらたいという女性におすすめなのが、ベッド専用香水のリビドーロゼです。

嫌味のないさわやかな匂いながらも、男性の性欲を高めるエキスが配合されているので、違和感なく自然と男性に興奮してもらえるのがうれしいポイント。

セックス前に胸元や内ももにプッシュすることで、男性にあなたへの強い性欲を起こしてみてはいかがでしょうか。

ベッド専用香水で男性の欲求をかきたてる

杵かつぎ(きねかつぎ)

杵かつぎとは正常位の1種の体位のこと。普通の正常位と違う点は、男性が女性の脚を男性の方にかけるというところです。

片足を上げた状態だと膣がよく開くようになり、ペニスが挿入しやすくなるメリットがあります。

杵かつぎはペニスをより深くまで挿入しながら射精ができるので、子作りに最適な体位とも言われています。

鳴門(なると)

鳴門は男性がソファなどに座った状態で女性がその上をまたがり脚を大きく開きます。

その状態でペニスを挿入すると非常に深くいれることができますし、女性が主体となって動くので男性はエッチな雰囲気を楽しむことができるスタイルです。

網代本手(あじろほんて)

網代本手とはあおむけに寝ながら股を大きく開いた女性の上に男性がまたがる体位です。

多くのカップルの間で親しまれる人気の体位で、抱き合いながら密着してセックスができるため愛情をしっかり感じることができます。

雁が首(かりがくび)

雁が首とは女性が口を使って男性のペニスを愛撫するフェラチオのことです。

たっぷりと愛撫することで膣内に入れやすくなるため前戯の1つとしてよく利用されています。

砧(きぬた)

女性はあおむけになった状態で両脚を真上にあげ膣が見えるようにし、男性は女性に対して逆の姿勢をとりながら、ペニスを挿入します。

少し特殊な体位で慣れが必要ですが、一度慣れてしまえば男性は気持ちよくセックスを楽しめる体位です。

菊一文字(きくいちもんじ)

女性は座った状態で股を大きく開きます。そして男性は横になった状態で体をまっすぐにして女性の膣内にペニスを挿入するスタイルです。

女性は脚を広げることで膣の締りも良くなります。

二つ巴(ふたつどもえ)

これは通称シックスナインといって女性が男性の上に覆いかぶさり、お互いの性器を愛撫し合う体位です。

男性は女性の膣を、女性は男性の性器をなめてお互いに気持ちよくなれます。

碁盤攻め(ごばんぜめ)

男女ともに立った状態でセックスをします。このときに女性はイスなどに手をついておしりを後ろにぐっと突き出し、男性はその後ろからペニスを挿入するスタイルです。

イスなどに手を着くことでバランスを保ちながらセックスができます。

突き回し(つきまわし)

あおむけの状態になっている男性が両手をうしろについて上半身を起こし、その上に女性が男性に背を向ける状態で前傾姿勢をとり、手を床につきます。

女性が積極的に腰を動かす体位になりますが、男性が下から突き上げるように腰を振るとさらに満足度の上がる体位です。

抱き上げ(だきあげ)

四つん這い状態になっている女性を、男性が後ろから女性の下半身を持ち上げるスタイルです。

下半身を持ち上げるには筋力と体力が必要ですが、この体位で男らしさを見せることもできます。

抱き上げのような激しい体位をしてみたいけど、自分からは言い出せないという方。香りで男性を刺激することで、より激しい体位がしたくなるような衝動を起こさせましょう。

約80種類以上の成分が配合されているリビドーロゼを使って男性を興奮させることで、ぜひより気持ちのいい体位を探してみてください。

リビドーロゼを使って、激しい体位に挑戦する!

寿本手(ことぶきほんて)

女性はあおむけに寝ている状態で脚を真上にあげます。男性は肘と両足をついた状態で正常位のように女性の上にかぶさるようにしてペニスを挿入する体位です。

女性が脚を持ち上げることによって、男性は気持ちの良い場所にペニスを挿入することができます。

寄り添い

寄り添いとはその名の通り、男女がよりそってスキンシップをとることです。

肌と肌の触れ合いや口での愛撫でお互いの愛を確認できます。

虹の架け橋(にじのかけはし)

男性はあぐらをかいた状態で女性を横向きに抱っこしてペニスを挿入します。

女性は男性の首に手をまわしてバランスをとりますが、ペニスの挿入位置が浅くなるため、休憩をはさむ意味で利用するカップルが多いです。

吊り橋(つりばし)

女性はあおむけになった状態のまま、男性は膝をつき女性の腰を持って浮かせる体位です。

腰を持ってペニスを挿入することで自分の当てたい場所にペニスを当てることができます。

梃子がかり(てこがかり)

69の状態から男性が女性のつま先の方に移動してペニスを膣に挿入します。

少々アクロバティックで難易度が高いですが、普通のセックスに飽きた方におススメです。

御所車(ごしょぐるま)

御所車はあおむけに寝ている男性の上に、女性が騎乗位の状態でまたがりペニスを挿入します。そしてペニスを軸にくるくると女性が回るスタイルです。

この体位でセックスをする際には女性にはスタミナと運動神経が求めれます。

帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)

帆かけ茶臼とは女性の両足を男性の両手で支えた状態でペニスを挿入する体位です。

女性が脚を大きく開いてあげると非常に挿入しやすくなります。対面座位のアレンジになるので結合部分をじっくり見ることができ興奮すること間違いなしです。

理非知らず (りひしらず)

理非知らずとは男性が女性の両足、両手を縛る体位のことです。

女性の了承がないとできない体位ですが、男性は女性の征服欲を満たすことができます。

窓の月

窓の月とはお互いに横に向いた状態で男性は女性の背後で片足をぐっと差し込む体位になります。

たわいもない会話をしながら男性は空いた方の手で女性のクリトリスを刺激してあげると良いでしょう。

千鳥の曲

女性がフェラチオをしている状態で男性の体に愛撫することです。

女性はフェラチオをしながら男性の乳首などをいじると男性は喜びます。

流鏑馬(やぶさめ)

こちらは騎乗位の状態で女性が男性の首にひもを巻き付けることで、まるで流鏑馬をしているかのような体位。

流鏑馬は道具を使って行う体位で、その他のものとは違った興奮を得ることができるので、セックスがマンネリ化してきたカップルや男性を征服することが大好きなSの女性におすすめです。

ひもはベルトなどでも簡単に代用できるので、ぜひ気軽に試してみてはいかがでしょうか。

千鳥

女性はあおむけの状態でひざを折り、男性は女性に覆いかぶさる形で正常位の姿勢を取りペニスを挿入します。

女性は膝を曲げているので長時間の体勢は禁物です。

ベット専用香水で四十八手をより楽しむ

今回紹介した四十八手の体位は、マンネリ化して盛り下がっていたセックスに変化を与えることで、よりお互いの仲を深めてくれるはずです。

また、お互いで話しながら試行錯誤すれば、一種の共同作業となり2人の関係にいい影響を与えてくれるでしょう。

パートナーとのセックスがマンネリ化した、普段とは違う雰囲気のセックスを楽しみたいという方は、ここで紹介したものをぜひ試してみてください。

また、セックスのマンネリ化を手っ取り早く改善したい時におすすめなのが、ベッド専用香水リビドーロゼ。匂いによって異性への男性の気持ちに変化が生まれるのはよく知られていますが、それを活かして匂いで男性に性的欲求を起こさせようというものです。

男性ホルモンを分泌させるオスモフェリンなど約80種類の成分が配合されていて、セックス前にベッドに使用することで、簡単にいつもより興奮した男性に変化させることが可能です。

会員数120万人以上のLCラブコスメが開発したリビドーロゼ、マンネリ化したセックスで試してみてください。

リビドーロゼでいつものセックスに変化を与える!

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る