病棟を離れるのはまだ早い?看護師が転職で悩むポイント5つ

看護師として働く中で、様々な理由でこの職場にずっといていいのかと思うことは多いはず。でも、いざ転職となると悩みもたくさんあるでしょう。

転職して正解だった人もいれば、あまりよくわかっていないまま転職して失敗する人もいます。今回は、看護師の転職で出てくる悩みのポイントを見ていきましょう。

また、看護師で転職を考える場合におすすめなのがマイナビ看護師です。専任のキャリアアドバイザーがあなたの不安や悩みを聞いてくれたうえで、転職活動をサポートしてくれます。

マイナビ看護師に登録する

看護師転職の悩みとその対策

多くの看護師さんは、転職について共通の悩みを抱えています。そこでまずは、その悩みと対策についてご紹介していきましょう。

忙しい職場をやめられる?

看護師は人手不足で多忙な病院も多いため、そんな状態で辞めると言いだしたら、病院側から引き留められて、辞められないのでは?と悩む方は非常に多いです。

まずは、今の職場をスムーズに辞められるかを確認する必要がありますが、もし今すぐ辞めることが難しい場合は2つのポイントがあります。

1つは、あらかじめ転職サイトに登録して、仕事が少しでも落ち着いた時期を見計らうことです。転職はある程度の決意が必要なため、早めにサイトに登録することで辞めるまでのプランもイメージしやすくなります。

もう1つは、強引にやめてしまうことです。残念ながら今はどこの病院でも人手不足が起こっており、忙しい仕事が落ち着くタイミングはなかなかすぐにくるわけではありません。

どこかがタイミングを決めてスパッと辞めない限り、次から次へと仕事が降ってくることになってしまうので、自分の中で踏ん切りをつけてやめてしまうことも大切ですよ。

今の職場はイヤだけど、スキルがない

新卒で入った病院になじめないこともあるでしょう。最初はこんなものかもしれない、と耐えて成長する人もいれば、もしかしていじめられてる?と悩み、転職を考える人も。

ただ、新人看護師のうちだとスキルがなく、いきなり転職といってもハードルが高いのが悩みの種です。転職先でもプリセプターがついて教えてくれなければ仕事ができません。

近年は、多くの病院が看護師の離職を防ぐための取り組みをしています。悩みを上司に相談してみたり、それが無理なら転職エージェントを活用してみたり。看護師を続ける方法がないわけではありません。

病棟を離れるのはまだ早い?

4年目、5年目以降になると、病棟を離れてクリニックなども転職の視野に入ります。しかし、自分にはまだ早いかな?という悩みはつきものでしょう。

クリニックは基本的には少人数で、仮に看護師が自分一人だけだったとしても何でもこなせなければいけません。運良くクリニックへの転職に成功してもその後が問題だった、ということも。

自分の看護師としての目標や希望の働き方がそこにあるのならチャレンジする価値はありますが、希望や技量がそこまであるかどうかは見定める必要はあるでしょう。

転職活動がうまく進まない

看護師の仕事はただでさえ忙しいので、転職するとなれば戦略を立てて臨みたいところです。やみくもに動いてもどこにも決まらず、時間や労力を無駄にするのは避けたいこと。

転職活動がうまくいかなくて悩みが出るのは、そもそもどこの科で何をしたいのかが定まっていないから、というケースも。

将来の目標が明確に決まっていなくてもかまいません。ちょっとした希望の条件だけでもメモしていって、どんな職場で働きたいかを絞り込んでいく作業が必要でしょう。

転職エージェントに登録して、希望を明確に伝えられるようにするのがカギです。今の職場での悩みと、転職先でどうしていきたいかまで相談できれば、先が見えてくるはず。

また、看護師の採用は新卒か3年目以降、病院によっては5年目以降というところも多いので、基準に合っている職場を把握しておきましょう。

看護師の転職先を探すなら、マイナビ看護師がおすすめです。簡単に登録できるので、気になる方はぜひチェックしてみてださい。

マイナビ看護師のサイトを見る

転職活動をする際に押さえておきたいポイント

転職活動はいつする?

あるアンケートでは、75%の人が「看護師を続けながら転職する」と答えました。7割以上の人が看護師として今の職場で仕事を続けながら、並行して転職活動しているようです。

では、看護師を続けながら転職活動をすることのメリットとデメリットを見ていきましょう。

仕事を続けながら転職活動をするメリット

・経済的な心配がない。
・履歴書に書く職歴が途切れない。
・今の職場で引き止められにくくなる。

仕事を続けながら転職活動をするデメリット

・勤務後に転職活動のため出かけなければいけない事もあり、とても忙しい日々が続く。
・メリハリをつけられない場合、仕事も転職活動も中途半端になってしまいやすい。
・引き継ぎなどがあわただしくなる。

看護師の転職で失敗しないための情報収集術

転職するときはたくさんの情報と触れ合うことになると思います。なので正しい情報収集術が大事になってきます。これから紹介する2つは抑えておくようにしましょう。

求人情報を正しく見れるようにしよう

給与や勤務時間、休日、アピールポイントなどを見るようにしましょう。特に勤務時間は病院によって大きく異なります。二交代・三交代の時間帯も違うのでよくチェックしましょう。

二交代・三交代についてはこちらの看護師の二交代と三交代の違い:勤務時間、公休消化、休憩、給料などを参考にしてみてください。

アピールポイントは具体性をチェック

たとえば、「残業時間が少ないです」とアピールしているところは、具体的に月に何時間の残業があるのか?などを調べるようにしましょう。

求人情報は病院に応募する人を多く集めることを目的に書かれています。中にはアピールポイントを強調して書いている場合もあります。

そこで、求人情報を見る際にはアピールポイントを深掘りしてチェックするのが大切です。

転職活動でインターネットを利用するメリット・デメリット

看護師の転職活動では、インターネットの転職サイトを利用する人がとても多くなっています。転職サイトでは最初に条件で仕事を絞りやすく、また自宅から好きな時間に転職活動をすることが出来るというメリットがあります。

しかし、そんな便利な転職サイトでも、注意しなければならない点がいくつかあります。

まずは情報量の多さです。あまりに情報が多くて、肝心なことを見逃したり、どれが重要な情報かが分からなくなってしまうこともあります。いかに必要な情報を取捨選択できるかが転職を成功させる鍵でしょう。

また、転職サイトでは担当のスタッフがつくパターンがほとんどです。その担当スタッフと合わなかったりすることもあるので、合わない場合は担当者の変更を申し出ましょう。

最後に

現在の職場が自分に合っていない、スキルアップをしたい、など看護師で転職を考える理由は様々です。しかし、一言に転職といっても勇気のいることですし、次の職場を探すにあたっては時間もかかるうえに転職先の人間関係など悩みが尽きないかもしれません。

そんな時にぜひ利用していただきたいのがマイナビ看護師です。キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれ、あなたの希望する条件を満たした転職先を紹介してくれます。

たとえ将来の目標が完全に定まっていなくても、アドバイザーと1対1で話すうちに、自分のやりたいことが明確になってくるかもしれません。また、相談から転職成功まで費用も一切かからず、安心して転職活動を進めることができます。

看護師で転職を考えている方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

マイナビ看護師に登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る