彼女が冷めてると感じる瞬間5つ:あなたは彼氏を心配させてない?

記事の著者:SARAS編集部

彼氏のことを嫌いになったわけではないのに、なぜか最近彼の様子がいつもと違う気がする、何か気を遣われている気がする、あるいはやけに必死に絡んでくる気がする…

そんな時は、「もしかしたら彼女は恋愛に冷めているのでは?」「別れのサインなのでは?」と彼は思っているのかもしれません。

心配性の彼ならば、浮気の心配をしていることもあります。彼を不安にさせたくないと思う方は、意図しないうちに、日常の言動で彼を悩ませてしまってはいないかチェックしてみてください。

男性はどのような瞬間に彼女が冷めていると感じるのでしょう。

反応が薄い

以前であればつまらないことでも笑ってくれていたのに、最近は減ってきたな…と思われてしまうような態度をとってはいませんか?

慣れてくると、特に返事をすることでもないかなーとぼんやり受け流してしまうことが出てくるかもしれませんが、何か話し掛けているのに無視されるのは、結構当人にとっては寂しいもの。

彼を心配させないためには

男性の多くは、必要性がない時に自分の興味のないことや雑談はあまりしないものです。それなのにあなたに話しかけてくるということは、彼にとってあなたが大切な彼女で、何気ない話でもコミュニケーションを取りたいと思ってくれているからではないでしょうか。

疲れていてそんな気分ではない、ということもあるかもしれませんが、彼氏があなたにとっても大切な人なら、あまりに話半分で聞くのは控えましょう。

ずっと受け身でいるのではなくて、あなたから話をふって、積極的にコミュニケーションをとることも大切です。

化粧に気を使わなくなった

付き合う前や、付き合ってからデートをするときには、格好にも化粧にも気合が入りますよね。少しでもいつも綺麗で可愛くしていると思われたい、前会った時よりも可愛いと思ってもらえる自分でいたい、恋をしている女子なら誰でもそう思うはずです。

でも、一度恋が実って付き合いだしてからは、なんとなく安心感もあいまって化粧やお手入れが手抜きになっていたりしませんか?流石にいつもスッピンだと、彼氏としては、ああ、彼女は冷めているから気を使わなくなったのかな…と感じざるを得ないでしょう。

彼を心配させないためには

男性だって、女性が気合いを入れたりよく見られたいと思うときは化粧を頑張るものだと思っているはず。

ナチュラルメイクなら、リラックスして会える関係なんだな、と思ってもらえることもあるでしょうが、スッピンでいることが多くなったりすると、ちょっとまずいかもしれません。

部屋にいる時でもスッピンではなくナチュラルメイクをしたり、デートの時はいつもよりメイクを頑張ってみたりすると、いつまでも可愛い彼女でいることができます。また、彼も自分のために可愛くいてくれるんだと喜んでくれるでしょう。

予定を合わせてくれない

付き合いたての頃は空いている日にちは自分のほうから連絡していたのに、だんだんと彼氏から来ることのほうが多くなった…なんて状態にはなっていませんか?

彼女のほうから毎回連絡しなくちゃいけないワケじゃないでしょ、と思っているうちに自分からは全く連絡せず彼氏に任せてばかりだと、冷められたと思われてもしかたがないかもしれません。

彼を心配させないためには

彼氏のほうが忙しそうだから、自分から空いてる日を送っても意味ないんだもん…という場合でも、たまに自分から連絡するのとしないのとでは、彼が受けとる印象は全然違います。

忙しかったらしかたない、くらいの気持ちで連絡してみても良いのではないでしょうか。

あなたのことが好きな彼氏なら、あなたから予定を聞いてきてくるということをきっと嬉しく思ってくれるはずです。

スキンシップが少ない

好きになった人を落とそうとしている時や付き合い始めたうちは、積極的にスキンシップをとったり相手の気をひこうとちょっと大胆になったりする人もいるでしょう。でもそれが、付き合いが落ち着いてくると極端に減ってはいませんか?

付き合った当初は、会った瞬間に彼女のほうから手を繋いできたり、腕を組んだりしてきていたのに、最近では減ってきたような…と彼氏が感じていたら、彼女に冷められたくない、という焦りがでて今までと様子が違うのかもしれません。

彼を心配させないためには

自分としては意識してスキンシップをしようと思わなくなっただけなのに、前よりも距離を取られていると思われたら悲しいですよね。

最近やけに彼氏が絡んでくるな…と思ったら、自分が頑張っていた付き合いたての頃と落差が激しくないか、ちょっと振り返ってみましょう。初心を忘れずに、たまにはあなたからアプローチすることも付き合っていく上で大切です。

さりげないスキンシップもあなたからであれば、彼も喜んでくれます。

すぐ怒る

彼氏の言動にすぐ怒ったり、八つ当たりしてしまったりしていませんか?

すごく気があって、性格も似ていて、お互いの考えていることがわかるような仲だからといって、なんでも許してもらえるのが当然のように思ってしまうのは良くないことです。

慣れすぎて気遣いができなくなってしまうと、彼にこの子はもう俺のことが好きじゃないんだな、と思われても文句は言えませんよね。

彼を心配させないためには

嫌だと思ったことをストレートに嫌だと言える関係は貴重なものですが、そういう関係でいてくれる人を失わないためにも、いま一度自分が当たり前のように思っていることが本当に当たり前なのか、考えてみましょう。

付き合って長い期間が経ってもお互いを尊重しあえる良い関係を心がけ、相手の意見も受け入れることが重要です。