妊娠中にニキビができる理由と対処法:ホルモンが影響してみだれ肌に…

妊娠するまではとくにトラブルがなかったのに、妊娠してから急にお肌のトラブルに苛まれる人がいます。そのなかでも代表的なトラブルが、ニキビではないでしょうか。

妊娠すると、今まで当たり前のようにつかっていた薬が使えなくなることもあり、どのように対処したらいいか悩んでいる人も少なくないでしょう。

今回は、妊娠中にニキビができる理由とその対処法をご紹介します。

妊娠中にニキビができやすい原因

原因は、プロゲステロンという女性ホルモンが増えてしまうこと

妊娠によって、妊婦の身体では「赤ちゃんを育てる準備」が行われていきます。

なかでも、プロゲステロンという女性ホルモンは、赤ちゃんを体内で育て続けるために妊娠初期にはたくさん分泌されます。

このプロゲステロンですが、実は皮脂の分泌を活発にする作用があります。

赤ちゃんを育てる準備をがんばっていることで、皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果としてニキビができやすくなってしまうのです。

子宮が圧迫されることで起こる便秘

妊娠によって赤ちゃんが育つスペースとなる子宮は、どんどん大きくなり腸を圧迫していきます。

そのため、腸が消化のために活動できるスペースがなくなってしまい、便秘が引き起こされてしまいます。

便秘になることによって、毒素が体外に排出されずにとどまってしまい、それが肌荒れの原因につながることもあります。

つわりによる栄養バランスの偏り

妊娠初期に起こる「つわり」ですが、吐き気や食欲減退を伴うため、栄養バランスに配慮した食事をとることが難しくなる人が多いです。

妊娠初期に満足な食事をとれないことが、赤ちゃんの成長を阻害することはありませんが、妊婦の肌の健康を保つための栄養が不足しがちになるのも要因の一つです。

赤ちゃんのことを気にしつつも、ご自身の体調を整える食事をとることも意識しましょう。

睡眠不足

妊娠初期はプロゲステロンなどのホルモンの影響で、日中怠さや眠気があるため、昼間昼寝をしてしまう妊婦さんは多いです。

そのため、夜の睡眠の質が下がり結果として睡眠不足になってしまうのです。

そして、睡眠は美肌中に不可欠な成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンの分泌量が急増するのが、入眠してから3~4時間の熟睡時。

なので、熟睡をできない妊婦さんはどうしてもニキビなどの肌荒れを起こしやすいのです。

妊娠中にニキビができやすい時期はいつ?

妊娠初期にニキビができやすい

妊娠中にニキビができやすいのは、妊娠4~6週目の妊娠初期であることが多いようです。

よくあるニキビと同様、顔などの脂が毛穴に詰まることによって、炎症を起こすことでニキビができます。

ニキビがよくできていた人はもちろん、今までニキビとは無縁だった人も、急にニキビができるようになるので、少なからずショックを受けることもあるでしょう。

ただ、妊娠によって引き起こされるニキビなので、出産後は収まることが多く、早い人であれば妊娠16週目以降の妊娠中期から収まる人もいるようです。

妊娠中ニキビへの対処法

それでは、最後に妊娠中のニキビができた時にとるべき対処法について紹介していきます。

医師の診察を受け、妊婦でもつかえる薬をもらう

妊娠中にニキビができたら、まずは医師の診察を受けましょう。皮膚科の診察を受ける場合は、必ず妊娠中であることを伝えてください。

妊娠中に服用、塗布できる薬は限られているため、処方された薬を使うことが重要です。くれぐれも、自己判断で市販の薬やサプリメントをつかわないようにしましょう。

化粧品やせっけんなどを変えてみる

また、今まで使用していた化粧品やせっけんなどが、体質的に合わなくなることもあります。

肌に優しい天然由来、植物由来の化粧品やせっけんを使用するだけで、肌のコンディションを整えやすくなるでしょう。

なかでも、赤ちゃんにもつかえるせっけんなどは、産後に赤ちゃんと一緒につかうことができるのではないでしょうか。

そんなせっけんとしておすすめなのが、For fam (フォーファム)。For famは大切な家族を守るため、赤ちゃんから大人まで家族全員で使えるボディクリームです。

5種類のセラミドなどを贅沢に配合し、低刺激で高保湿なので敏感肌の赤ちゃんにも安心して使うことができます。

For famはボディクリームですが、こだわりのオーガニック認証を受けた原料を中心に配合がされてるため、顔を含めた全身に使用することが可能です。

For famはこちらをチェック

まとめ:ニキビは妊娠中の生理現象

いかがでしたでしょうか。妊娠中にニキビができる原因は、赤ちゃんを育てる準備やつわりなどで偏る栄養バランスです。

肌荒れは女性の天敵でもあり、気にし過ぎてストレスを感じる人も少なくないのではないでしょうか。しかし、これは生理現象でもあるので、出産すれば治るものとしてあまり思いつめないようにすることが大切です。

オーガニック化粧品や天然由来のせっけんなどに切り替え、妊娠中のニキビと上手に向き合っていきましょう。

またオーガニック化粧品でおすすめなのは、HANAオーガニック(HANA ORGANIC)です。

HANAオーガニックは、MYLOHAS乳液部門大賞受賞、@コスメランキング1位の実績を持つ、肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品です。

肌老化を抑えるオーガニックローズマリーや、肌トラブルを回避しやすくしてくれるバイオエコリア、そのほかアロマ作用があるオーガニック花精油6種類が配合されています!

無着色料、無香料で無添加なので、妊婦さんでも安心してお使い頂けます!

口コミでも大人気!まずはHANAオーガニックをチェックしてみませんか?

肌にやさしい天然100%の国産オーガニック化粧品はこちらをチェックする

記事の著者

妊娠・子育ての悩みをもっと見る