何事も低姿勢が肝心!女友達からの嫉妬を避ける10の方法を紹介

友達に嫉妬されたという経験はありませんか?嫉妬とは相手をうらやましく思い、ねたむことを言います。

女性の場合、一度嫉妬されてしまうと、もとの関係に戻ることは難しくなってしまうことが多いはず。

良い関係性を維持するために、女友達からの嫉妬を避ける方法を紹介します。

自分は自分、他人は他人と考える

たとえば女性の場合、年を重ねるごとに結婚、仕事、プライベートの過ごし方など、ライフスタイルの違いが生まれてきます。

幸せかどうかはそれぞれの人生で決めた道なので、自分は自分、他人は他人と考えてあまり深入りをせず、先入観を持たないようにしましょう。

自慢話をすることは、相手に嫉妬の種を植えてしまう行為です。たとえば、高級な食べ物や商品などを手に入れた場合、うれしくて話をしたい気持ちはわかりますが、心の中にとどめておくのが良いです。

相手にとってはなんの得にならない話は、聞いていてもつまらないです。とくに家族の自慢、自分自身の自慢は相手に不快感を与えてしまいます。

SNSで私生活を晒しすぎない

活発な女性は、充実した私生活を写真や文章などでアップしてしまいがちですが、見る人によっては自慢ととられ、嫉妬の対象となります。

SNSでの投稿は、ほどほどにした方が無難でしょう。

自分の話をしすぎない

どんなに楽しかったことでも、長々と話をする事はやめましょう。

興味の無い話を聞かされ続けるのは端的に言って苦痛ですし、それによって恨まれることがあるかもしれません。

楽しい思い出は、自分の中にしまっておき、話をしても手短に話すようにしましょう。

相手を立てる

相手が、自分に無いものを手に入れたときや羨ましいと思うときに、嫉妬は生まれます。

相手に嫉妬心を抱かせないように、あえて自分が下手に出て相手を立てましょう。

うまくかわす

相手の話を聞きだすことがうまい人と話をする時は、自分の話をしないようにうまくかわすことが重要です。

嫉妬のネタを相手に与えないように、それとなくはぐらかすことも大事になってきます。

話役ではなく、聞き役に徹するのも良いかもしれません。

高価なものをこれみよがしに身につけない

持っているものは、自分が思っているよりも周りからチェックされています。

ブランド物や高価な貴金属は素敵ですが、どうしても目立つので嫉妬の対象となってしまうことがあります。

女友達の前では、持ち物に気をつけるようにましょう。

失敗やドジなエピソードを話す

何事もそつなくこなす人に対して、完璧なイメージがつきやすく嫉妬されやすくなってしまう場合があります。

そのような場合は、自分の失敗談を話すことで、完璧なイメージを無くしてあげられるので、嫉妬されにくくなるはず。

幸せアピールはほどほどに

女性は長く人生経験を積んでいくと、様々なライフイベントが発生します。

初めて彼氏が出来た、有名な場所にデートに行った、彼からのプロポーズ、子供に恵まれた、など人によってさまざま。自分の幸せは、ついつい悪気はなくても他人に対してアピールしたくなってしまうものです。

笑顔で祝福してくれるはずですが、もし彼氏が出来ない、結婚出来ない、子供が出来ない、経済的に苦しいという境遇にいる女性にとって、他人の幸せ話は苦痛になってしまうこともきっとあるでしょう。

エスカレートして、あなたに嫉妬を覚えてしまうと厄介です。幸せアピールは、聞かれた時にサラッと話すくらいにしておくと良いです。

敵ではなく仲間だと思ってもらう

女性も今や、会社で重要なポジションに就くのも当たり前の時代です。あなたに能力があり、上司にも気に入られ、仕事も成功を収めている。であればどんどん出世していくでしょう。

そんな時、同僚の女性は味方につけておくべきではないでしょうか。このプロジェクトが成功したのはあなたのおかげと、二人で食事に誘うのもいいですし、プレッシャーが大変なんだと、こっそり打ち明けるのも良いでしょう。

同僚の女性に対して、自分にとってなくてはならない存在だということを伝えるのです。嫉妬されて、自分の足を引っ張る敵を作ってしまっては、元も子もありません。敵ではなく、仲間だと思ってもらえるようにしましょう。

笑いを取れるようにしておく

女性からの嫉妬を避ける方法として、笑いを取るというのも有効なのだそうです。

例えば、今ものすごく売れてる女性芸人は、収入があるにも関わらず、女性から嫉妬される、というのは少ないのではないでしょうか。成功しててもなんだか憎めない、悪い人じゃない。そんな気持ちになるのかもしれません。

何も、女性芸人のようにプロの話芸を身に着けたほうがいいというわけではありません。鉄板の失敗談を1つ2つ用意しておく、あるいは身内のトゲのないものまねを出来るようにしておく、そんな小さなことでも、あるのとないのとでは印象がだいぶ違うはずです。

記事の著者

友だちの悩みをもっと見る