離婚してよかったと思う瞬間9選:決定権を持つことができる

記事の著者:SARAS編集部

離婚するまでは、不安な気持ちでいっぱいだったけど、実際離婚してみるとよかったと実感できる人は多いようです。

我慢して結婚生活を送るのではなく、自分を大切にすることも考えてみてはいかがでしょうか。

今回は、離婚してよかったと思う瞬間を紹介していきたいと思います。

離婚してよかったと思う瞬間9選

1.自分らしく生きれる

結婚している時は、夫の機嫌を伺いながらビクビクして暮らす日々が続きストレスが溜まっていたけど、離婚すれば気を使う必要もありません。

仕事や家事と、毎日が目まぐるしく過ぎていき、自分が自由にできる時間は皆無という人は多いです。

しかし、離婚してみて自分のためだけに時間を使うことができると、とても晴れやかな気持ちで日々を過ごす事ができ離婚してよかったと思えるようになるでしょう。

2.子どもの笑顔が戻った

離婚前後は夫婦で毎日のように喧嘩、言い争いを繰り返すもの。

そんな環境の中にいた子どもは、表情の乏しくなる子も多いそうです。

子どもの変化に気づき家族にとって良くないこととはっきり認識できて、離婚を決意する人もいます。

離婚して喧嘩が減れば、子供も前のように元気になり離婚してよかったと思えるはずです。

3.お金を自分のために使える

お金にルーズな人と一緒に生活すると、お金が全く貯金できません。また、いつも金欠状態になってしまいます。

そんな相手と離れることで、心労は減り、金欠状態もなくなる可能性が高いです。そしてなにより、自分のためにお金を使うことが出来ます。

綺麗になることに使い、自分に自信を持つことができるようになることは大切です。

4.人に対して優しくできる

人は辛い経験をした分、人の気持ちがよく分かる人間になります。結婚していた期間は、辛く悲しい経験で思い出したくもないことかもしれません。

でも、離婚したら晴れやかな気持ちになり、人にも無条件で優しくできるほど、穏やかな心になれるでしょう。

5.人に縛られない人生

結婚は当人同士だけのものではありません。双方の家族同士も絡んできます。

付き合っている時にはあまり深く考えない方もいるかもしれませんが、違う環境で育った者同士が家族になることはそう簡単なことではないし、家族となるとさらに辛くなります。

離婚してそんな環境から抜け出した時、誰にも縛られず自由に生きていくことができます。

6.世界観の広がり

夫との生活は、誰かのために生きる日々です。自分のことを考える余裕もなく過ごすことでいっぱいです。

離婚することで、誰かのためにだけ生きる世界から自立することができます。その先には今までとは違う世界が広がっていることでしょう。

また、同じ日常が、今までとは違う世界に見えるかもしれません。

7.趣味に夢中になれる

やってみたいことや趣味は、誰にでもあるでしょう。

時間に縛られず人にも縛られなくなったら、自分の趣味に没頭する時間ができ、それがきっかけで新たな自分に出会えるかもしれません。

8.自分へのマイナスがなくなる

あらゆる面でうまくいかない夫婦は、お互いに否定しあっていることが原因の場合も多いです。

自分に対して、細かいところまで文句を言ってきて楽しい時間すら送ることができません。

ちょっとしたことに対して否定されることは、イライラやストレスになります。

離婚すれば、何も文句を言われずに好きなように生きることができるでしょう。

9.決定権を持つことができる

結婚していると、何をするにしても何を買うにしても夫の意見を聞かないといけないこともあります。

理解のある夫ならいいのですが、そうではなければ食い違いで喧嘩も増えてしまうことでしょう。

しかし、離婚すれば自分の好きなように決めることができ負担がなくなります。