個別塾は恋愛感情が生まれやすい!塾講師と生徒の恋愛事情を紹介

学校の先生と生徒の恋愛はよく聞きますが、塾の講師と生徒の恋愛事情。学校の先生との恋愛とはどういった違いがあるのでしょうか。

塾講師はアルバイトの大学生がしていることも多く、その点では生徒にとって学校の先生よりも近い存在ではあります。実はかなりの確率であり得るという、塾講師と生徒の恋愛事情を見てみましょう。

個別塾は恋愛感情が生まれやすい

塾には学校と同じような教室形式の塾と、家庭教師のように1対1で指導する個別塾がありますが、恋愛感情が生まれやすいのは断然個別塾だそうです。

個別塾はお互いの距離も近く、長い時間仕切られた空間で2人きりになるわけですから、どうしても親密度は高くなります。

初めは単なる生徒としか見ていなかった先生も、そうした2人の時間を重ねていく過程で、恋愛感情に発展することも十分あり得るわけです。

塾講師は大学生が多い

学校の先生は皆大学を卒業した大人ばかりで、生徒とは年齢的に離れていますが、塾講師はアルバイトの大学生も多く、生徒と年齢が2、3歳しか違わないということもよくあります。

年齢が近いと必然的に恋愛関係に発展しやすく、高校を卒業してしまえば大した年齢差にも感じない範囲なので、塾講師と生徒のカップルは実は意外と多いです。

アルバイトという立場上、バレてしまったときに負う責任もあまり大きくなく、公務員である学校の先生に比べると恋愛関係になるハードルがかなり低くなります。

成長していく姿に惹かれる

生徒は塾講師からみてあくまで子供です。特に中学生などは、こないだまでランドセルをしょっていた子供という印象しかないでしょう。

そんな子供だった生徒が自分の指導を通してどんどん成長していく姿を見ると、講師からするとちょっとドキッとしてしまうかも知れません。

特に子供は成長が早く、大人から見ればあっという間に肉体的にも精神的にも大人になっていくように見えるものです。

女講師と男子生徒の恋愛も

先生と生徒の恋愛というと、普通は先生が男で生徒が女というのをイメージしますが、女講師と男子生徒との恋愛も実はあります。

講師といってもアルバイトの女子大生などが多いので、生徒が男子高校生だったりすると大して年齢も違いません。

女講師から見ると男子生徒は可愛らしく見えるので、そこから恋愛感情に発展してしまうようです。

卒業すれば恋愛もアリ

学校の先生が校則などで生徒との恋愛が禁じられているのと同様に、塾講師も塾の規則などで生徒との恋愛が禁じられていることがほとんどです。

中にはプライベートでたまたまばったり会っても声をかけてはいけない、という厳しい塾もあります。

ただし生徒が無事志望校に合格し、卒業してしまえばもう恋愛は自由。卒業まで我慢して、卒業後付き合い始めて結婚までいくカップルもたくさんいます。

おわりに

塾講師と生徒の恋愛は実はそこまで珍しいものではありません。しかし、あくまで教える側と教わる側という関係であるということを忘れてはいけません。

塾は保護者がお金を出して勉強をさせてくれている場所です。本来の目的は恋愛ではないので、あまり周りに広めたり、勉強を疎かにしては本末転倒です。

好きな人がいるということで、もっと勉強に励めるような、お互いにとってプラスになる関係を築いていけるようにしましょう!

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る