シングルファザーとの再婚で気をつけるべき事6つ:連れ子も大事にできる?

子どもがいる夫婦が離婚する時には、だいたい母親が子どもを引き取るのが一般的ですが、最近では離婚する原因も多様化しているので、父親が引き取るケースも増えています。

そんなシングルファザーとお付き合いしている女性も多いと思いますが、結婚するとなるとどんなことに気をつければよいのでしょうか?

今回は、シングルファザーとの結婚を考えるうえで気をつけるポイントを6つ紹介します。

シングルファザーの再婚事情

近年、離婚率が増加しているためシングルファザーも増えています。

シングルファザーになった理由として1番多いのは、70%でさまざまな理由による離婚です。次に、15%が未婚でシングルファザーになっています。

ほかには、13%が死別によるものです。シングルマザーに比べて、シングルファザーの割合は少ないですが全国に約20万人いるとされています。

シングルファザーになった男性の多くは、仕事や家事に追われているため、共に暮らせる女性を求めています。しかし、忙しいため恋愛をする時間や、出会いの場に行く時間がないのです。

なかなか自分の時間を作れないので、シングルファザーの再婚率はシングルマザーに比べて低くなっています。

また、中にはもう結婚なんてしたくないと思っている人もいます。

シングルファザーの男性が再婚したい場合や、シングルファザーと結婚をしたい女性には、楽天オーネットがおすすめ。

理想の相手を、自分に合った紹介スタイルで紹介してくれます。また、担当のコーディネーターに随時相談することができるのも安心ポイントです。

シングルファザーとの再婚で気をつけるべき事6つ

1. 連れ子を自分の子どもだと思う

シングルファザーの子どもというのは、もし一見大人びて見える場合でもどこかで母親の愛情を求めていたりします。

再婚するということは、連れ子も自分の子どもになるということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

相手の連れ子を自分の子どものように接してあげることが第一です。

2. 子どもを最優先に考える

シングルファザーと再婚するということは、すでに子どもがいる状況なので二人きりの時間を持つことはあまりできません。

どんな時でも子どものことを最優先に考えられなければ、シングルファザーとの再婚は難しいでしょう。

3. 離婚した理由を知っておく

シングルファザーと再婚する時には、何が原因で離婚することになったのかという経緯をちゃんと知っておく必要があります。

母親と死別しているケースは別として、離婚した父親が子どもを引き取るケースというのは珍しいです。

再婚しても、その後離婚することにならないためにも彼の離婚の理由は必ず聞いておきましょう。

4. 子どもを作るのか確認する

すでに子どもがいる状況で一緒に生活するので、男性の方はもしかしたら子どもはいらないと考えているかもしれません。

子どもが欲しいと思っている女性は男性にちゃんと確認しておくことが必要です。

5. 両親の許可をもらう

女性側が初婚の場合は特にですが、連れ子のいる男性と結婚を許さないという両親もいるかもしれません。

男性の離婚理由と子どもを引き取った経緯をちゃんと説明して、理解してもらってから再婚した方が良いでしょう。

6.養子縁組はタイミングを見てから

シングルファザーと結婚するとなると、やはり気になるのが養子縁組の問題ですよね。

養子縁組をすれば、今までは他人だった子供と事実上の「親子」になります。

養子縁組をすれば、子供の扶養の義務を被ったり、遺産相続の権利なども発生します。

その子供を思うなら、養子縁組をするべきですが結婚してからすぐするのではなく、ある程度一緒に暮らしてから、自分が良いかな、と思ったタイミングでしてみましょう。

シングルファザーとの再婚まとめ

楽天オーネットチャンステスト

シングルファザーと結婚したい女性や、再婚したいシングルファザーには楽天オーネットがおすすめです。

事前に担当のコーディネーターにそのような人が良いのかを相談し、自分に合った相手を紹介してくれます。また、相談所に行かなくてもスマホ1つでマッチングできる機能もあるので、忙しくて婚活に専念できないけど真剣に相手を探したい人にぴったりです。

パーティー形式で多くの人に出会えるものや、データでマッチングする形式などさまざまなので自分に合った出会い方が選べます。

無料で資料請求ができ、公式サイトでは結婚チャンステストも受けることができます。入会しなくても受けられるので、ぜひやってみてください。

無料で結婚チャンステスト

記事の著者