婚活中の女性を狙う結婚詐欺師の手口と特徴:騙されやすい女性とは?

記事の著者:ちーちゃんp

今、婚活詐欺といった婚活パーティーや婚活サイトにて詐欺師が出回っているのをご存知ですか?

婚活を一生懸命している女性に近づき、高額なお金を騙しとります。近年、インターネットの普及によりさらに身近になってきています。

今回は、結婚詐欺をする男の手口や特徴をご紹介します。詐欺の被害にあわないように、できるだけこういった人には関わらないようにしましょう。

また、婚活詐欺師の標的になる騙されやすい女性の特徴もまとめたので、当てはまっている方は特に注意してください。

婚活中の女性を狙った結婚詐欺の手口とは?

まず、婚活中の女性を狙った結婚詐欺師はどんな手口でお金を請求するのでしょうか?

手口を理解した上で騙されないように注意しましょう。

トラブルが起きてお金が必要と請求する

トラブルを抱えていてお金が必要と言う結婚詐欺師が多いです。トラブルの種類は多岐にわたります。

例えば、交通事故、上司と揉めた、前の妻への慰謝料が足りないなどというパターンがあるそうです。

結婚したいのにこのトラブルが解決するまでは結婚できない、早く結婚したいから問題を解決するためにお金がいるなどと結婚をほのめかし、お金を急かすことが多いのでしょう。

病気で働けなくなったからと、お金を要求する

酷い病気になってしまったから、助けて欲しい。と医療費や生活費だと偽ってお金を請求する結婚詐欺師もいるようです。

お互いに愛し合っているから、逃げられてしまうはずなんてない!と言う女性の盲点をついた、とても悪質な手口の1つです。

婚活中の女性を狙って結婚詐欺をする男の特徴

とびきりイケメンでもない、どちらかと言えばブス

結婚詐欺の被害に遭った女性は、よくイケメンにひっかかったんだろうと言われますが、実はそうでもないのが実情です。

いくらモテない女性や恋愛経験が少ない女性でも、イケメンが簡単に恋に落ちるとは端から思ってはいません。むしろ警戒心を抱くようです。

結婚詐欺師の男は一見普通の見た目の女性で、女性経験が豊富でなさそうな雰囲気を出して詐欺を行ってきます。

親近感があって将来の結婚を望んでいるフリが上手く、可愛い一面を出すような男が詐欺を働くのです。

女心をくすぐる甘え上手

結婚詐欺をする男の特徴で、とても甘え上手な一面があるというのがあります。

外見は特にイケメンではないですが、女性の母性本能をくすぐるようなことは当たり前のように言います。

「あなた無しでは生きられない」とでも言わんばかりに女性に依存している空気を匂わすので、女性も自分が守ってあげなければと感じるのです。

両親や友人に逢わない・逢ってくれない

結婚詐欺をしている男は、周囲の知人とは断絶した付き合い方をします。

結婚前提の付き合いであるはずなのに両親に会わせてくれなかったり、自分の親に会ってくれないなどという行動をするのです。

普通結婚するなら挨拶に行こうとするものが、まったく拒否をしてくる場合は怪しいかもしれません。

結婚相手が入籍をいつまでも引き延ばして、金品を要求してくるようであれば、彼は結婚詐欺師である可能性が大です。

やたらとお金に困っている空気を出す

結婚詐欺をする男は女性を金づるとしか見ていないので、どのようにして女性からお金を搾り取るかということしか頭にないです。

「親が病気にかかって治療費がたくさん必要だから逢えない」などと、多額の金銭を用意しないと交際が終わってしまうかのように見せかけます。

この恋愛が破局してしまったら果たして次の恋愛はできるのか、と不安を持っているような女性に、巧妙な手口で揺さぶりをかけてくるのが結婚詐欺をする男の特徴です。

記録を残さないようにする

結婚詐欺をする男は、交際中に後に残るデータは絶対に残しません。

たとえば写真や借用書などは必ず渡すのを拒否します。

それは、後で音信不通になることを予定しており、探されないようにしているからです。

結婚詐欺は立派な詐欺罪ですので、証拠になるようなものはすべて消しておきたいと考えています。

写真を撮ろうといっても拒否が続き、金銭を要求してくる場合は結婚詐欺かもしれません。

結婚詐欺の被害にあいやすい女性の特徴

男性に精神的に依存しやすい

「この人しかいない!」と身体の関係が始まった途端、相手に依存してしまって要求を簡単にのんでしまう恋愛体質な女性は危ないです。

寂しさのあまり、知り合った男性にすぐに心を許してしまう気持ちはわかりますが、特に金銭面に関しては慎重になったほうがよいでしょう。

すぐにお金を貸してしまう

お金に対して無頓着というか、好きになった相手にはいくら使っても大丈夫な女性は詐欺に遭いやすいです。すぐにお金を払ってあげる貢ぐタイプの女性は要注意!

最初からお金目的で近づいてくる男性だったり、婚活詐欺をしようと思っていなくても、この女はお金をすぐ出すから利用できるな、と相手にお金目的で交際をさせてしまうことも。

お金を貸したり渡すようなことはまずしないように婚活しましょう。

理想が高い

婚活において相手に求める条件が多く、理想が高い女性は結婚詐欺師の嘘の肩書きに騙されやすいです。

また、その高い理想を満たしている男性に出会うことが少ないため、この男性を逃してはいけないと思い込みやすいです。そのため、高額なお金を払ってでもなんとかその男性と結婚しようとしてしまうのでしょう。

自分が婚活において高望みしていないか気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

  • 婚活相手を高望みしすぎな女の特徴6選:まずは年収の現実を理解する
  • 年齢的に焦りを感じている

    アラフォーが近づき始めると結婚は?と聞かれたりすると婚活もそろそろ焦ってきますよね。そういった年齢に不安を感じる女性は、相手の要求にこたえてしまいます。

    結婚を匂わすようなことを感じさせながらも、結局結婚しないといった詐欺師の男性からもターゲットにしやすいので注意しましょう。

    結婚適齢期を過ぎてしまうと女性として焦ってしまいますが、相手の事をきちんと調べて行動しましょう。

    婚活で結婚詐欺に騙されないようにする方法

    証拠を残しておく

    彼氏がお金を貸してと言ってきたら免許証の写真や指紋など、もし詐欺師だったとき役立ちそうな証拠は集めておきましょう。

    本人が証拠を残すのを嫌がる場合は、こっそりと入手できる証拠だけ集めるようにしましょう。

    事実の確認

    交通事故、上司と揉めた、前の妻への慰謝料などなにかと理由をつけてお金を借りようとするのが詐欺師です。なにかトラブルが起きたと言うのであればその相手と会わせてもらいましょう。

    普通大金を借りるのであれば、断らないはずです。渋るようであれば疑いましょう。

    一方で、会わせてもらったとしても詐欺グループの仲間の可能性もあるので名刺をもらい、あとで調べるなどした方が良いでしょう。

    お金を貸さない

    結婚したいから貸したいが本当にお金を持っていないため貸せないと伝えましょう。本当に困っているのであれば、彼女ではなく機関から借りるはずです。

    お金を貸すことが不可能と知れば、詐欺師は離れて行くでしょう。本当にあなたを大切に思っているのであれば、お金を貸せないと伝えても離れて行かないはずです。

    また、詐欺師ではなかったとしても、お金を貸したまま別れてしまってお金が返って来ないなど、彼氏にお金を貸すことはトラブルの原因になるので、最悪返ってこなくても困らない額以上は貸さない方が良いでしょう。

    安全な方法で婚活する

    最近では安全面に力を入れているマッチングアプリも多いですが、まだ全てが安全というわけではありません。また、出会いスポットでの出会いもいくらでも嘘をつけてしまうため、安全とは言い切れません。

    一番安全に婚活をするなら結婚相談所がおすすめです。入会できるのはきちんと身分が証明された人だけですし、結婚相談所自体あまり安くはないので、わざわざ詐欺のために大金を払って手間をかけて入会する人はほとんどいないでしょう。

    万が一詐欺に合った場合でもすぐにアドバイザーに相談できるため安心です。

    楽天オーネットチャンステスト

    結婚相談所に行きたいけれど時間がない、面倒なのは嫌だという方には「楽天オーネット」をおすすめします。ネット中心の相談所なので、アドバイザーへの相談もオンライン上でどこからでも可能です。

    公式サイトでは無料で、あなたと相性の良さそうな実際の会員を紹介してくれる結婚チャンステストというものを行っているのでぜひ試してみてください。

    無料で結婚チャンステスト