不倫の悩みあるある9選:本気で好きになってしまって辛い

記事の著者:kkaori

いけないことだと分かっていても、ずるずると関係を続けてしまう不倫。楽しさや幸せをたくさん得ることはできますが、やはり思い通りにいかないことや不自由なことが多く、つらい気持ちになることも多いでしょう。

そんなつらい不倫の恋に悩む女性たちには、共通する悩みがあるようです。そこで今回は、不倫の悩みあるあるを9つ紹介します。

不倫の悩みあるある

不倫に限らず、恋愛には悩みはつきもの。しかし不倫には、公にできないからこその悩みが多くあるでしょう。その中からあるあるな悩みをいくつか紹介します。

1.食事をする場所に気を使う

不倫関係ですから、当然周囲には隠さなければなりませんが、会うたび部屋にこもっているわけにはいきません。

ふたりで食事に出かける場所や店には、人一倍気を使います。職場の近くでないこと、家の近くでないこと、友人知人がいそうな繁華街でないこと、知っている店でないことなどの制限がたくさんあり、食事をするのにも苦労するようです。

2.泊りがけの旅行に行けない

居酒屋に行くだけで苦労するのですから、泊まりの旅行なんてハードルがとても高く、日程の調整の時点で多大な労力を使います。

普段から出張の多い人ならなんとかなりますが、それでも会社をダシに使うため、いつバレてもおかしくありません。遠出して気を抜いていちゃいちゃして、偶然知人に見つかってしまったなんてことも。

W不倫であれば双方家族との折り合いが難しく、旅行へ行くことがさらに困難なことでしょう。

3.精神的に不安定になる

彼との仲がどんなにうまくいっていても、所詮は不倫です。自分のすべてを受け止めてくれるわけでも、将来の約束をくれるわけでもありません。

中には、「自分の家庭は崩壊している」「家庭内別居だ」「子どものために離婚しないだけだ」などと、本当であるか分からない期待してしまう言葉をかけられて、余計に不安になって悩んでしまうことも。

会っているときは楽しいからいいと思っていても、知らず知らずのうちに気持ちは不安定になっていきますし、ちょっとしたことで怒ったり泣いたりなんてこともあります。

不倫が辛くて耐えられない人はコチラの記事もチェックしてみてください。

  • 不倫がつらいときに心を軽くする方法5選:略奪するか諦めるかどうする?
  • 4.相手の電話やメールの着信が気になる

    周囲に隠している関係なので、一緒にいることを誰かに悟られるわけにはいきません。

    わかってはいても、一緒にいるときに相手の電話がかかってきてそれに彼が出ないときなど、「奥さんから電話かな?」などと、疑心暗鬼に陥ってしまうことも。やはり自分は不倫相手であるということを分かっていても、不倫相手の奥さんに嫉妬してしまうことはよくあることです。

    不倫という秘密の関係だからこそお互いに隠し事は多いはず。一番の存在になれないという思いが募っていき、悩みが大きくなっていくようです。

    5.LINE以外教えてくれない

    LINE以外は教えてくれないのは、あまり深い関係の不倫ではなく遊ばれているのだと推測できます。

    携帯電話番号やメールも教えてくれず、連絡手段はLINEだけ。LINEなんてブロックされてしまえば永遠に連絡が取れなくなります。

    そんなときは向こうに依存する気持ちを抑えて、あなたも冷たくあしらいましょう。お互いに遊びと認識できるような不倫関係であれば、さらっと関係を終わらせる可能性が高まります。

    6.不倫をしている罪悪感

    もしも不倫がばれてしまったら不倫相手の奥さんや子どもが傷つき、あなたも既婚者であれば自身の家族も傷つけてしまい、皆が不幸になる結果を招きます。

    そんな悪いことをしているという罪悪感に押しつぶされて不倫が辛くなってしまう人も多くいるようです。

    罪悪感に駆られるのであれば、不倫の現実的なリスクを知って今の関係を終わらせられるように努めましょう。コチラの記事には不倫の恐ろしい代償について紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

  • 不倫で失う大きな代償10選:社会的制裁や慰謝料の請求などリスクは大きい!
  • 7.本気で好きになってしまった

    最初は遊びのつもりで不倫関係を楽しんでいたが、本当に好きになってしまい別れなきゃなのに別れられないという悩みです。

    しかし、どんなに不倫相手のことが好きでも将来が見えない現実にさらに辛くなります。さらにこのような人には言えない悩みは、どんどんひとりで溜め込んでしまい大きなストレスになっていくのです。

    そんなときは新しい出会いも視野に入れてみましょう。スリルのある恋愛だからこそ不倫相手のことを好きになっているのかもしれませんし、あなた自身の将来を考えて次のステップに進むことはとても大切です。

    8.相談できる人がいない

    不倫の恋は世間的に良しとされているものではなく、公にできる関係ではありません。そのため、友人との恋バナトークで気軽に話せるわけもなく、ひたすら隠している人も多いでしょう。

    何か相談したいことがあっても、責められるのではないか、軽蔑されるのではないかという不安や後ろめたさから、親しい友人にもなかなか打ち明けることができないのです。

    相談できる人がいないまま、悩みや不安を一人で抱えることになってしまいます。

    9.将来が見えない

    どんなに好きで、ずっと一緒にいたいと思える相手だとしても、相手あるいはお互いに家庭を持っている不倫の恋ではそうもいきません。

    家庭を壊してというリスクを背負ってまで一緒になってくれるような人はそうそうおらず、ズルズルとつらい関係を続けたままになってしまうことも多いです。

    いつか別れなければいけないと頭では分かっていて、その覚悟を決めているつもりでも、いざそうなったらきっぱりと関係を終わらせられる気がしない。そんな女性は少なくありません。

    自分は独身で相手が家庭を持っている場合、将来のない不倫を続けてしまって婚期を逃してしまうことも。自分はこのまま結婚できなくていつか一人になってしまうのではないかと不安に感じることでしょう。

    ひとりで悩み続けるのはよくないこと

    不倫をしているという時点で世間的にもよくないですし、友人に気軽に悩みを相談できる事柄でもありません。そのため、一人で溜め込んでしまい不倫相手との関係に悩み続けてしまう人も。

    この場合誤った選択をしてしまい一生の後悔に繋がる可能性もあります。ストレスが爆発する前に第三者に話を聞いてもらうことが大事です。

    そこでおすすめなのがLINEトーク占いです。LINEトーク占いは24時間対応していて、LINEのチャット機能で内緒で悩み相談や占いをすることができます。あとでトーク履歴を消せば相談したことを隠せるので、誰にも言えない不倫の悩みを話すのにぴったり。

    今なら初回の利用は10分間無料になる特典ももらえるので、この機会に不倫の悩みを吐き出してみてはいかがでしょうか。

    LINEで今すぐ相談[スマホのみ]