栄養士になる方法【キャリアプランに合わせて資格をとろう】

栄養士の資格を持っていないけれど栄養士に転職したいという方、栄養士の資格を持っているけれど栄養士としての仕事経験がなく転職したいという方など栄養士に転職したい方にはさまざまな理由があります。

今回は栄養士の仕事は未経験だという人が栄養士に転職する方法を全部で4つ紹介していきます。栄養士に転職したいという方は、ぜひ今回紹介する方法4つをチェックして考えてみて下さい。

栄養士の資格を取ったら、リクルートエージェントで仕事を探しましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

栄養士の免許を取得する

栄養士の資格を持っていない場合は資格を取得する必要があります。栄養士の資格を取得するためにはまず栄養士養成課程をおく大学、短大、専門学校に行かなければなりません。

資格取得といえば、最近では通信教育が人気となっていますが、残念ながら栄養士は通信教育がありません。また学校に通うことになるので決して安くはない費用がかかります。このように、資格取得には時間もお金もかかるようです。

「管理栄養士」の資格を取得する

栄養士の上級資格として、「管理栄養士」という資格があります。

栄養士は健康な人に対して栄養指導や給食管理を行いますが、管理栄養士は健康な人に加えて傷病者に対しても栄養指導や給食管理を行うことができる資格です。

栄養士養成課程を卒業することで得られる栄養士の資格とは異なり、管理栄養士は国家試験に合格しなければ資格が得られません。

また、受験するためには、管理栄養士養成課程がある大学または4年生専門学校を卒業するか、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を卒業後、一定以上の実務経験が必要になります。

学校選びが重要

栄養士の資格を取得するうえで重要なのが、学校選びになります。

将来的に管理栄養士の取得まで考えている場合は、管理栄養士養成課程に入ることで、卒業と同時に国家試験の受験資格を得ることができるため、選択肢に入れましょう。

また、栄養士養成課程をもつ学校は、夜間コースが存在しないため、昼間に仕事をしながら栄養士の勉強を進めることは困難です。

とくに社会人の方で、栄養士の資格取得を目指す場合には、退職や休職したうえで、通学にかかる費用と生活設計をしておくことが重要です。

資格取得までの費用は

国立の4年制大学であれば年間で100万円前後、私立の大学、短大、専門学校では年間で150万円前後の学費がかかります。

また、授業で必要になる教科書や白衣、包丁などの用具をそろえる費用として10万円前後が必要になります。

さらに、入学金として10~40万円程度を見ておく必要もあります。

ただし、学校によっては入学金や学費の免除制度など、費用の対策をしてくれるところもあります。

あわせて、学費に不安がある場合は、奨学金制度を利用することも考えておくといいでしょう。

転職エージェンシーを利用する

転職する方は、転職エージェンシーを利用するようにしましょう。マイナビ転職など有名な転職エージェンシーならあなたの希望に沿った転職先が見つかるかもしれません。栄養士未経験の場合でも探すことができるのが転職エージェンシーの魅力です。

管理栄養士・栄養士・フードコーディネーターが同じ職種で検索することができます。しかし地域によっては求人が少ないということもあるようです。特に地方には求人自体が少ないので、希望に沿った職場を探すのは難しいでしょう。

リクルートエージェントは、業界1位の求人数を誇り、日本中の企業からの求人を扱っているのであなたの求めている仕事が見つかるかもしれません。

栄養士に関係のある食のお仕事をしながら、資格を取得するのもいいかもしれません。

リクルートエージェントのサイトを見る

どこで働きたいのか考える

栄養士に転職したいという場合、どこで働きたいのかということをしっかり考える必要があります。もしかすると栄養士として働けるならどこでもいいという人も多いかもしれません。しかし栄養士にはさまざまな働き方があります。

栄養士は保育園・老人ホーム・病院・企業などさまざまな職場で活躍することが可能です。

もし介護の資格や介護経験があるのなら老人ホーム・保育士など子供と関わる仕事をしてきたのなら保育園などこれまでの自分のキャリアを活かせそうな職場へ転職することをおすすめします。

とくに保育園や老人ホームで働く栄養士は園児や利用者さんと関わることが多いです。これまでの自分のキャリアを生かして栄養士に転職ということが可能かもしれません。

正社員だけが働き方ではない

栄養士としての働き方は正社員だけではありません。パート・アルバイトでも求人募集はしています。この不況のせいなのか正社員で募集しているところよりもパート・アルバイトで募集しているところの方が圧倒的に多いです。

もし結婚して子供がいる場合はパート・アルバイトの方が働きやすいかもしれません。パート・アルバイトならタウンワークなどのバイト求人誌に情報が載っている場合があるのでチェックしてみるといいでしょう。

キャリアプランに合わせた資格取得を

いかがでしたでしょうか。栄養士になる方法は、栄養士養成課程のある大学や短大、専門学校を卒業することです。

しかし、上級の資格である管理栄養士まで視野に入れている場合は、管理栄養士養成課程のある大学や4年制専門学校への進学を考えましょう。

ちなみに、平成27年度の管理栄養士国家試験の合格状況では、管理栄養士養成課程新卒者の合格率が約95%であるのに対して、既卒の栄養士の合格率は約25%弱にとどまっています。

最短で2年間で取得できる栄養士の資格を取って即戦力として活躍したいのか、4年間学んだうえで国家試験に合格して管理栄養士として活躍したいのか、あらかじめキャリアプランを練ってから進学するようにしましょう。

リクルートエージェントであらかじめ、どのような仕事があるか見てから、決めてもいいかもしれません。自分がやりたい仕事が管理栄養士にしかできない仕事なのか、栄養士でもできるのかイメージが湧きやすいかもしれません。

無理な転職を進められることはないので、情報を得るための登録でも大丈夫です。まずは気持ちを無料登録して、栄養士・管理栄養士への気持ちを高めていきましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る