しっかり愛撫してもらおう♡女性がクリトリスでイク方法

女性がセックスやオナニーでイク時というのは、男性の何倍もの快感を得られると言われています。しかし、男性とのセックスでオーガズムに達した事がないという女性も少なくはないようです。

男性に挿入してもらってイクようになるよりは、まずはクリトリスでイクようになったほうが早いので、これからいくつかのやり方を紹介していきます。

また、クリトリスでイキやすくするためにバイブやローターといったラブグッズを使ってみるのもいいかもしれません。普段より何倍もの快感も得ることができるでしょう。

大人のおもちゃを試してみる

クリトリスでイクための方法

クリトリスでイクにはどうすればいいのでしょうか。ただ、やみくもにクリトリスをいじっていてもイクことはできません。イクためには効率の良い方法が多く存在します。

いくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.イキやすい体勢を整える

クリトリスでイクための方法として、イキやすい体勢になっておくという事が必要です。女性は気持ち良くなってくると、全身に力が入りやすくなってきます。

なので、クリトリスを刺激する時の姿勢としては、両脚をまっすぐに伸ばし、お尻から足のつま先まで力を入れておくと膣に圧力がかかるのでイキやすくなります。

2.指先を使って刺激する

クリトリスでイクための方法で一番手っ取り早いのが指先を使って刺激するということです。この時のやり方としては、指先で下から上になぞるようにしたり、つまんでみたり、ゆっくりと押したりしてみます。

そして、刺激に慣れてきたら指先を振動させたりして摩擦するようにするとイキやすくなります。

3.気分を盛り上げる

クリトリスでイク為には、興奮して気持ちが高ぶっていなければなかなかイク事はできません。

もちろん好きな男性にクリトリスを刺激されるのは、それだけでも興奮して気持ち良いのですが、それだけではイク事が出来ない時には自分が興奮できるような事を想像しながら刺激してもらうとイキやすくなったりします。

また、ベッド専用香水を使ってみるのもいいでしょう。匂いは性的興奮を高めるのに一役買ってくれます。セックスをより刺激的なものにしてくれるでしょう。

4.愛撫を十分にしてもらう

セックスをしていてクリトリスでイク為には、男性にしっかりと愛撫をしてもらっておくという事が重要です。まだ濡れてもいない状態で、いきなりクリトリスを触られたりしても痛いだけで気持ち良くありません。

なので焦らずに、十分に愛撫をしてもらって濡れている状態になってからクリトリスを刺激してもらうようにしましょう。

5.喘ぎ声を出す

クリトリスでイク為の方法として、喘ぎ声を出すというのも結構重要な事です。しっかりと喘ぎ声を出す事で、自分の喘ぎ声を聞いて性的な興奮が高ぶってくるので刺激に対しても敏感になってきます。

また、喘ぎ声を出すことで、男性も性欲が高まるので気分を盛り上げることにつながるでしょう。

さらに、しっかり喘ぎ声を出す事で、脳が酸欠状態になり理性がなくなってくるのでセックスに集中できるので、イキやすくなります。

クリトリスの刺激時間

イクのが早い人で5分、遅い人で15分は目安に刺激することをおすすめします。もし、それ以上の時間を要してもイクことができないという方は刺激ポイントを間違えている可能性があります。

しっかりと確認し、自分が感じやすいクリトリスのポイントを認識するようにしましょう。

クリトリスでうまくイケない人

クリトリスでうまくイケない人の中には、性的興奮が高まっていない状態でクリトリスを刺激している可能性があります。性的興奮が高まっていない状態でクリトリスを刺激しても、イクことはできません。

興奮を高めるために、エッチな妄想やAV鑑賞をしながら刺激をするなどの工夫をしてみるといいでしょう。また、ラブコスメのリュイール ホットを使ってみるのもいいかもしれません。

リュイールホットは患部に少量塗るだけで、潤いを出し、感じやすくすることができるクリームです。クリトリスでイクのが難しいという方はぜひ活用してみてください。

クリトリスでイクためのまとめ

女性がクリトリスでイクためには、興奮して気持ちを高ぶらせ、しっかりと愛撫してもらうこと、そしてクリトリスの触り方の工夫をすることが重要です。

クリトリスでイクことを覚えることで、パートナーとのセックスの際にもイキやすくなり、また快感を何度も得ることができます。

しかし、工夫だけでは、なかなか、イクことができない女性もいるのではないでしょうか。そんな方には、ラブグッズがおすすめです。バイブやローターはもちろん、クリトリス専用のグッズもあるので要チェックです。

大人のおもちゃを試してみる

記事の著者

「すべての愛の形を応援する」SARAS編集部です。