必読!結婚式の招待状に返信する時のマナー・注意点をご紹介

結婚式の招待状が届いたけど、返信の仕方が分からずに困ってしまったという経験はありませんか?

結婚式の招待状というのは、基本的には出席や欠席の意思を送り主に伝えるものですが、その返信の仕方にもいくつかのマナーがあります。

社会人としては当然知っておかなければならないマナーなので、今回は注意点も含めて紹介していきます。

1.招待状をどこに返信するのか

結婚式の招待状を受け取って返信する時に気をつける注意点として、どこに返信するのかを確認しておく事です。

結婚する前から新郎新婦が一緒に暮らしているなら、そのまま返信すれば良いでしょう。

ですが差出人が新郎新婦の両親になっている場合には、どちら側に返信するのかをちゃんと確認してから返信するようにしましょう。

2.返信の期日を守る

結婚式の招待状が届いて返信する時に注意する事として、返信の期日までにはきちんと返信するという事です。

だいたい結婚式の招待状には、返信の期日が決められている事がほとんどで、しかも返信の期日までにはかなり日にちの余裕を持って届くようになっています。

なのでマナーとしては、期日の一週間前までには返信しておくようにします。

3.返信ハガキの記入方法

結婚式の招待状への記入方法を説明します。

まずは、送られてきた文章は尊敬語になっているので、訂正しなければいけません。

表面の宛先の行を様に、裏面に書かれている御を消すのですが、一文字の場合には斜めの二本線で消し、二文字以上の場合には縦二本線で消すようにします。

この時に、より丁寧な返信の仕方として御を消す時に寿の文字で上書きすると、より丁寧な返信となります。

4.お祝いのメッセージを添える

結婚式の招待状が届いて返信する時に、出席、欠席だけの返信だけでは相手に対して失礼になります。

だいたいメッセージを書くスペースがあるので、そこにお祝いのメッセージを添えるのですが、この時に気をつけたい注意点としては、なるべく句読点を使わないという事です。

句読点で区切るというのは、あまり縁起が良くないので控えるようにしましょう。

5.返信が遅れた時の対処法

結婚式の招待状の返信を忘れていて期日を過ぎてしまった時の対処法を紹介します。

期日を忘れていたとか仕事の都合が分からずに遅れてしまったという時には、返信する前に差出人に電話やメールで直接謝る事です。

そして、返信する招待状にも謝罪のメッセージを入れておくようにするのがマナーとして重要です。

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る