相手別!結婚式のご祝儀の相場となる金額は?

結婚式のご祝儀の金額の相場に悩む人は多いのではないでしょうか。

ご祝儀は3万円なのか、1万円でもいいのかなど、いざ結婚式前に用意するとなったら不安になるものですよね。

そこで今回は、結婚式のご祝儀に包む金額の相場について紹介します。

ご祝儀における通例をチェック!

世の中には、さほど確固たる意味がなくても、ちょっとした気持ちの面での理由により、習慣となっている事があったりします。

ご祝儀においては、「偶数は避ける」というものがあります。これは割り切れてしまうため、結婚する二人にはふさわしくないというものです。

これを知らずに4万円などを包んでしまうと、常識を疑われてしまう可能性が高いです。

ただ、最近は「2」はペアをあらわし、2倍の幸せという意味もあるということで、20代の人たちは許されるようです。

まだ給料も多くない20代には少しでも助かるでしょう。「8」は末広がりに通じるということで、許されています。

絶対にNGなのは、いまも昔も「4」(死に通じる)と「9」(苦に通じる)です。

一般的なご祝儀の金額は3万円

一般的な結婚のご祝儀の金額は、「3万円」が多いようです。

先述したように、偶数で割り切れてしまう2万円は縁起が悪かったり、1万円だと祝いの場としてはやはり少ない金額であるという事と、3万円であれば、うち2万円が経費、残りの1万円がお祝い金としてほどよい金額になるから。といういう理由があるようです。

場合によっては5万円も

ただ、会社の上司から部下、付き合いの深い親族などと言った場合は、日ごろの感射も込めて、可能であれば5万円というケースもあるようです。

結婚式に友人同士で招待される事も多いでしょう。友人同士で相談して、同じ額を決めるという手もアリです。夫婦で呼ばれた場合は、二人で5万円というのも、一般的なご祝儀額のようです。

もし、あまり新郎新婦と親しくなかったり、人数あわせで呼ばれたような場合であれば、それほど金額に悩む必要はないかもしれません。

新札を用意する

お祝いの場合、気持ちをあらわすにはやはり新札です。もらった方も贈る方も気持ちがいいものです。

早めに銀行で新札に代えておきましょう。

その他注意したい点

お祝いですので、綺麗な新札を包んで贈りましょう。また、金額によってご祝儀袋を変えたり、新郎新婦との間柄によっても選ぶ必要があるかもしれません。

また、もし先に自分がご祝儀をいただいている立場であれば、可能な限り同額を用意するのが礼儀となります。

ご祝儀袋は包む金額の1%に相当するものにする

包む額が3万円ならば300円相当のもの、5万円ならば500円相当のものにします。こういうふうにしておくと、中身と包む袋がピッタリ合っているのでオススメです。

表書きは筆ペンで丁寧に書くこと

表書き等はボールペンは避け、筆か筆ペンで丁寧に書きましょう。たいてい、ご祝儀の中袋には金額と住所を書けるようになっているので、忘れずに記入し、後で新郎新婦が整理しやすいよう配慮しましょう。住所や郵便番号は、見易さが一番なので、ペン字で記入したほうがベターかもしれません。

また、中袋の金額の文字は、「壱」「参」「萬円」といった難しいほうの感じで書くほうが礼儀的に正しい書き方です。

結婚式のご祝儀の相場まとめ

決まり事は一応、ポイントだけでも押さえておく、というスタンスでいると、少し気が楽になります。地域や立場、年齢に応じて自分なりにポイントを増やしたり変えていけばいいです。

心は形を求め、形は心を求める、という言葉もあります。祝う気持ちがあれば、何らかの形を求めたくなります。そんな時、少しでも決まり事を知っていると気持ちが落ち着けます。ポイントを参考にしてください。

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る