パートでも育児休暇をとる方法:気になる手続きから給料まで!

育児休暇を実際に取ることになった場合手続きや詳細を知っていますか?

育児休暇を取得すると、一時的に育児休暇給付金も支給されるので、ぜひとも取得したい制度ですよね。

基本的に産まれた子どもが1歳になるまでお休みができる制度で、お母さんや赤ちゃんにとっても良い制度ではありますが、正社員の人しか取得できないというイメージもありますよね。

実は、育児休暇は雇用形態関係なく取得できる制度であり、パートの方ももちろん取得することができます。

では、パートの方が育児休暇を取得するためには、どうすれば良いのでしょうか?

産休と育休の違い

まず妊婦さんが取得できる休暇として、産前産後休暇=産休と、育児休暇=育休の2種類があります。

もちろんこの休暇は別物です。

産休というのは出産予定日前の6週間~出産後の8週間までの休暇が与えられます。

基本的に正社員だろうが派遣社員だろうがパートであろうが誰でも、取得可能な休暇なので、ほとんどの人が取得していると言えるでしょう。

一方育休というのは、産後休暇(出産日~8週間)が終わった翌日から子どもが1歳になるまでの期間に与えられる休暇で、取得するためにいくつか条件があるのが特徴です。

その条件というのは、「今働いている所に1年以上勤務していること」「子どもが1歳になってからも引き続き働く予定であること」「週3日以上働いていること」というように産休と比べるといくつかの条件があります。

パートでも育休はとれる

育休は正社員しか取れないイメージがあるせいか「パートのくせに育休取るなんて」と思われてしまう傾向があります。

なので泣く泣く仕事を辞めざるを得ない、なんてことになったら悲しいですよね。

上記でも説明したように、パートであっても条件を満たしていれば取得できる制度なので、ぜひ取得してくださいね!

育児休暇の手続き方法

まず育休を取得するためには、期間内に会社に申告することが大前提!

会社によって多少異なるかもしれませんが、基本的には育休を取得する1ヶ月前に申告することとされています。

ただし、予定日よりもかなり早く出産してしまった場合や、予想外の病気になってしまった等、やむを得ない事情がある場合は1週間前でもOKとされるようです。

また会社に提出する書類もいくつかありますが、これは会社によって異なるものなので、ちゃんと会社に確認して必要な書類を揃えるようにしてください。

育休の期限を延長する方法

基本的に子どもが1歳になるまでの休暇ですが、様々な事情で延長せざるを得ない状況になった場合は、どうすれば良いのでしょうか。

これも条件を満たしていれば育休を延長することができます。

最大で延長できる期間は子どもが1歳6ヶ月になるまでで、その条件としては「1歳までに保育所の入所手続きができなかった場合」「配偶者が死亡もしくは、病気で育児が困難な場合」があります。

また夫がより育休をとりやすくするために、パパママ育休プラス制度というものもあります。

夫があらかじめ育休を申請していれば子どもが1歳2ヶ月になるまで育休を延長することができます。

育児休暇給付金も夫の分まで支給されるので、ぜひ利用してみてくださいね。

パートの育児休業給付金の計算方法

1.まず育児休業開始日から180日目までの給付金を算出します。6ヶ月までは月の賃金の67%が対象となります。
2.育児休業181日~育児休業最終日までは、月の賃金の50%が対象となります。日割りにして、日数をかけた分が対象です。
3.1と2を合計した金額が育児休業給付金の金額となります。

パート勤務が1年未満でも育休を取得する方法

今の会社に勤め始めて1年未満の方は育休を取得することはできません。

しかし日数の計算方法次第では取得できる場合もあります。

例えば出産予定日を6/1とした場合。育休は産後から8週間後となるので、7/27。育休の取得は法律上1ヶ月前の申告がないといけませんので、6/27以前ということになります。

仮にあなたが、6/27に雇用された場合、先に産前産後休暇を申告し、6/27になったら育児休暇を出すことが可能です。

法律上、育児休暇を出す段階で、会社に勤め始めてから1年未満だと、育休取得の対象外になってしまいますが、産前産後休暇の段階で1年未満だったとしても、産前休暇中に1年が経過すれば、会社は育児休暇を取り消すことはできません。

パートの産休中の給料

こう見ると正社員であれば新人さんでない限りは取得しやすいのですが、パートさんの場合取得できない可能性もあるので、パートは育休が取れないと思われがち。しかし上記の条件さえ満たしていれば、パートさんでも取得できるので安心です。

産休中に給料が支払われるかどうかは、会社の規定によります。パートの場合、産休中に支払われることは少ないかもしれません。

会社によって細かい規定などがある場合もあるので、一度確認しておきましょう!

夫に育休暇を取ってもらっては?

育休暇と聞くと女性だけが取れるものだと思われるかもしれませんが男性でも取ることができます。

男性のみが育休暇を取る場合と二人で育休暇を取る場合だと期間は変わりますが、男性もちゃんと育休暇をとることができるのです。

育休暇の期間は男性のみの場合は、子どもが1歳になる誕生日の前日までの期間、二人で育休暇を取る場合は、子どもが1歳2カ月になるまでとなっています。

育休暇中の手当ては、勤め先の規定により異なり、給料が支払割れない場合、雇用保険からの育児休業給付金の受け取りができます。

夫の育休暇の現状

実際、育児休業取得率はとても低いです。現状は2.65%という数字となっているのです。

ですが、厚生労働省でも活発に育児休業をとるようにすすめています。現状の数字から2017年度には10%にあげることを目標にしさらに2020年度には13%になるように取り組んでいます。

そうです。男性も育児休業を取りやすくなる流れとなっているのです。

厚生労働省では、こちらの取り組みをイクメンプロジェクトと位置づけて取り組んでいるのです。

詳細は下記の厚生労働省のサイトを拝見くださいませ。
関連サイト:イクメンプロジェクト

とはいえ、旦那さまとしては、会社的にいろいろと問題があるのではないかと心配になります。

そこで、できるだけ下記のことは豆にしておいていただくようにしてください。

1 社内の人たちとのコミニュケーション
  これは1番大事なことかと思います。社内の人たちから同意や共感を得ないと気持ちよく円満に休みを取ることができないです。

2 仕事の引き継ぎ
  これは社会人として当たり前ですね。自分が休んだことによって会社に不利益になることがないようキチンと引き継ぎはしましょう。

3 育児休暇の届について
  会社によって届の仕方が違う可能性がありますので事前に事務の方や会社の方針などについて調べておきましょう。

旦那と一緒に休暇を取ることで赤ちゃんとの接する時間が長くなれば、今後のいい育メンパパになってくれるでしょう。

パートの育休中に退職・転職を考える

復職しようと思って、育休を取得したけど、いざ育児をしてみると退職したくなってくる。そんなお母さんが多いようです。

基本的に、育休を取得する際、復職することが前提になります。しかも育児休暇中も、幾分かの給与は支払われているはずなので、そのまま退職というのは気が引けます。

もし退職を強くしたいと思うのであれば、早めに報告しましょう。また同僚やチームメンバーへの配慮もお忘れなく。

次の仕事を探すなら、時短勤務ができる職場になるでしょう。

その場合は、求人数が多く、希望の条件の仕事が見つかりやすい大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」に登録するのがおすすめです。

リクルートスタッフィングの公式サイトをチェック

記事の著者

子育ての悩みをもっと見る