キスがかなり重要♡気持ちいいセックスをするコツ8選

記事の著者:SARAS編集部

一般的に「セックス=気持ちいいもの」と言われていますが、あなたは本当にそう思えていますか?

セックスが好きではない人だっているのが現実ですよね。苦痛の中でするセックスは、最悪の場合はカップルの仲を引き裂くこともありえるのだとか。

そんな悲しい事態にならないために…。今回は「気持ちいいセックス」をするコツを8つを紹介します!

女性が気持ちよくなる方法はもちろん、男性を興奮させる方法も紹介するので、参考にしてください。

膣圧が気になる方はチェック

気持ちのいいセックスをする方法

1.キスは丁寧に

セックスは「キスに始まりキスに終わる」と言っても過言ではありません。

挨拶代わりにキスをするカップルもいると思いますが、セックスに繋がるキスは、お互いの感情を高めるためにも有効な手段。

軽いキスやディープなキス。また、互いの舌を絡めあったり下唇を吸ってみたりと、バリエーションを増やしてみるといいでしょう。

あまり知られていませんが、唇にも性感帯があるので、相手のポイントを確認して刺激してみては?

2.アロマやライトの利用

セックスで気持ちを高めるには、視覚・嗅覚を最大限に利用することも有効。

二人の好きなアロマの香りや、ムーディな照明を用意してみるのはいかがでしょう。

妖艶な香りが2人の身体全身を包み、薄暗いダウンライトが最高のシュチュエーションを演出…。そんな空間の中で、盛り上がらないはずがありません。

気持ちのいいセックスには、その場だけでなく事前の準備も大切なのです。

3.お風呂に一緒に入る

セックスの前にシャワーを浴びることはエチケットの1つ。その際のパートナーのシャワーシーンは、魅力的なものですよね。

でも、時には待っているだけではなく、勇気を出して一緒に湯船に浸かってみてはどうでしょう?

まだ恥じらいがある場合には灯を消すのもアリ。シティホテルなどは、ライトを消すことでブラックライトや蛍光塗料のディスプレイが、幻想的な雰囲気を醸し出してくれることも。

お風呂でムードを高めましょう!

4.互いに服を脱がせ合う

デートをする時、服を選ぶのは楽しみの1つだったりしますよね。

その服を互いに脱がしあうのは、相手に身を委ねる行為。そして服を脱がせる時に肌に触れる瞬間が、ムードをがますます高めていきます。

想像しただけでも、エロスを感じてしまう行為です。

5.お互いの体のポイントを探る

男性によっては射精をすることのみを目的にするケースもあるようです。そんな人とはセックスしないほうがまし。

セックスで重要なのは、互いに気持ちよくなることです。そのために、相手の体のポイントを探ってみましょう。

定番の性感帯はもちろん、意外な部位がツボだったりすることもあるようですよ。そんな探りあいが、2人だけの世界の質を高めていくのです。

6.積極的に吐息や喘ぎ声を出す

喘ぎ声や吐息は、男性を興奮させるのにとても有効的な方法です。セックス中にしか聞けないような女性の声で男性の興奮はより高まります。

ただ、喘ぎ声ばかり意識しては本末転倒なので、感じるままに声を出すようにしましょう。ありのままの声を出すことで自分自身も気持ちよくなってくるはずです。

ちなみに、耳元で喘ぐと男性はさらに興奮してくれます。

7.自分が気持ちいい体位でする

挿入後は主導権を男性が握ることが多く、自分がしたい体位ができない方もいるのではないでしょうか。男性の言うがままに動いていたら、不完全燃焼のまま相手が勝手にイッてしまうなんてことは避けたいですよね。

男女によって快感を覚える体位は異なるので、セックス中でもしっかり自己主張するようにしましょう。

ちなみに、男性は騎乗位が最も興奮する体位なので、彼を気持ちよくさせたいと思っている方は騎乗位完全マニュアルをチェックしてみてください。

8.膣圧を鍛える

どんな体位でも膣の締りは重要です。膣がしっかり締まっていると男性だけでなく女性自身も気持ちよくなるはずです。

膣を引き締まったものにするには、日頃のトレーニングが必要です。

LCインナーボール&ジャムウデリケートパックを使えば、自分も男性も夢中になるような気持ちいいセックスができます。是非試してみてください。

LCインナーボール&ジャムウをチェックする

9.前戯と後戯を大切にしよう

男性の興奮度は、射精をすると急激に下がっていくもの。でも女性は、射精後にも気分の下がり方が緩やかです。

射精後に更に甘えてくる女性の行動は、そんな男女の興奮のリズムの違いにも関係しているようですね。

セックスをする前には彼女に優しくして、射精後には彼女にすぐ背を向ける。そんな行為は、その場を白けさせてしまいますよ。

男性は、前戯だけでなく後戯も大切にしてみてください。

セックスで後悔しないために

好きな人とのセックスは想像しただけでドキドキしますよね。そんなセックスも、ちょっとしてことで後悔につながる可能性があります。

気持ちいいセックスをして、最後までいい気分でいるために避けるべきことを紹介します。参考にしてください。

避妊をする

妊娠を望んでいる場合は別ですが、そうでなければ、避妊はセックスの最大のエチケット。

「生理が来ないんだけど…」という女性の恐怖は、男子には理解しづらいかもしれませんが、それだけに気を使ってあげることが大切です。

心からセックスを楽しむには、性行為=生殖行為であることを自覚しましょう。

妊娠や病気のリスクを下げたほうが、安心してセックスを楽しめるはずですよ。

マスターベーションを控える

男性の場合、生理学的にマスターベーションをすること自体は、何も問題ありません。

むしろ少年期から青年期には、控えることのほうが問題がありそうですが、肝心なのは頻度です。

過度にやりすぎると遅漏の原因になることもあるので、注意が必要なのです。

また、特定のパートナーがいる時には、自己コントロールも大切になってくるでしょう。

無理に相手をイカせない

自分だけではなく、お互いが気持ちよくなってこそのセックス。

男性に多いパターンですが、パートナーに気持ちよくなって欲しいという気持ちがオーバーするあまり、AVのように激しく刺激する人がいます。これは絶対にNG。

女性の体には個人差がある、セックスに慣れていなくてもイケるひともいれば、セックスの経験は豊富でもイキにくい女性もいるんです。

また、女性の中には彼のプライドを守るためや、可愛いさを演出するため、本当は痛いのに感じているフリをする人もいます。

AVで観たことを実践するのは要注意。パートナーの体を第一に考えましょう。

まとめ

気持ちいいセックスをするには、お互いに楽しむこと。そのためには相手への思いやりが欠かせません。

何もセックスだけに限った話ではなく、日常生活でのコミュニケーションから大切にしてみること。

それだけで、気持ちいいセックスをできる可能性がぐっと広がるはずですよ。

LCインナーボール&ジャムウをチェックする