相手を認める!女性の上司・部下・同僚と上手に付き合うコツ8つ

会社には、様々な性格の人間が集まっています。自分と性格が合う人もいれば、中にはウマが合わない人もいることでしょう。

合わない人が一人でも職場にいると、仕事はやりづらくなるものです。

今回は、職場での人間関係に悩まないためにも、上司や部下など、立場別に付き合い方をまとめました。

また、今の職場の人間関係に嫌気が指している方には、転職もおすすめしています。リクルートエージェントでは無料で転職の相談が出来るので、ぜひ一度面談をしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

同僚のことを友達だと考えない

同僚は会社の中で唯一本音を言い合える存在なだけに、友達と同じような感覚で付き合ってしまいます。

しかし、同僚に対して注意をしたり、意見を言い合ったりしないといけない場面もあることでしょう。そんな時に「同僚だから言いにくいな」と思ってしまうと、社会人として失格です。

あくまで同僚だということを再認識することで、馴れ合いの関係を防ぐことができます。

同僚を尊敬する

これは仕事中に限らず、あらゆる場面で共通して言えることですが、どんなことにも尊敬の念を持つことで、良好な関係を築くことができます。

「あの人はこんな仕事までできて本当にすごいな」「私にはないものを持っていて尊敬するな」などとプラスに考えることで、同僚と仕事をしていても嫉妬をすることはありませんし、仕事をしやすい環境つくりができます。

女性上司にはフォローをする

女性上司とうまく付き合っていくためには、仕事中に上手にフォローを入れてあげることがおすすめです。

管理職についている女性はプライドが高く、部下に対して気を遣うことはほとんどありません。あくまでも事務的で冷静なフォローを入れることで、あなたに一目置いてくれる事でしょう。

嫌な上司には複数人で直訴をしよう

こんな上司の下にいても仕事のパフォーマンスはあがらない…そう感じている時は、意外と周りにも同じことを思っている人がいるものです。1人では微力でも、複数人がまとまれば大きな力になります。

自分の仕事の能力をあげるためには、思い切って他の部署に異動してしまうのが賢明です。もうこれ以上この上司には我慢できないと思ったら、複数人で異動申請をしましょう。

後輩は褒めてあげることが大切

女性の後輩の場合、厳しすぎる指導をしてしまうと、嫌な先輩として見られてしまいます。しかし反対に、甘すぎるとなめられてしまうので、扱い方が難しいのです。

女性の後輩には、仕事の楽しさを教えてあげることで、仕事に集中させるようにします。必要以上にプライベートには踏み込まず、仕事で成果をあげた時には褒めてあげましょう。

ゆとり世代には柔軟な対応

いい上司は部下の事を第一に思い育てていこうとする存在、時には叱咤することもあります。上司だからと言って人間が出来ている人ばかりではないのです。

最近のゆとり世代にとって、上司は怖い存在から友達的な存在になっていく傾向が多いとされる本当の理由は「仕事の流れを滞らせたくない」そのためにゆとり世代の社員には柔軟な対応が不可欠になっています。

上司が本気で叱ってしまえば「パワハラ」だと部下から言われ訴えられる可能性もある時代、常識から外れてしまっている一部の社員に手を焼く上司の姿はこれからふえていくかもしれません。

部下の実力は認めるが叱るべき時はしっかりと叱れる上司は存在感も厚いですが部下に対して叱るときの匙加減は難しく、ついつい甘くなってしまうのが現実なのでしょう。

昔は部下を思って必死で叱る上司はいたものですが、現在では部下を育成する事を疎かにする上司が多くなってしまった事自体が理想の上司像から離れてしまっているのではないかと感じます

職場では必要以上に相手に干渉しない

職場ではどうしても仕事の話以外に、その人のプライベートな部分が聞こえる事があります。

しかし、他人同士の話に聞き耳を立てる、話のつながりを裂くように割り込んで会話に参加するのは人間関係を築く為には避けるべきです。長期間永続的な人間関係を築くなら絶対やめましょう。

あなたと働く相手は女子会のメンバーではなく、ただの仕事のメンバーですので細かいことを問いただすのはタブー。仕事とプライベートを混同する方に多いのです。

人間関係を保つには丁度良い距離を保つことが肝要です。

職場を変える

あまりにも合わない人に囲まれているのであれば、転職してしまうのもひとつの手です。環境が変われば、実はすぐに解決する問題かもしれません。

リクルートエージェントは今までに約37万人の転職に成功しているので、転職に関してのノウハウがしっかりと備わっています。

他の求人サイトには載っていないような情報を提供していて、職場の雰囲気など抽象的なことも事前にしっかりと知ることができ、また同じような思いをする心配もありません。

無料で利用できるサービスなので、そこまで本気で転職を考えていない方でも、まずは登録して情報を集めてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る