セックスが気持ちよくない原因と解消法とは?:彼氏だけが悪いわけではない

「セックスってもっと気持ちよいものだと思ってた。」
「彼との体の相性が悪いのかしら…。」

そんなこと感じたことはありませんか?

このようにセックスをしても気持ちよくない、挿入するときに濡れない、いつも最後までイケずに終わってしまう、と「セックスが気持ちよくない」と悩んでいる人は多くいます。

セックスが気持ちよくないのには、原因があるかもしれません。今回は、セックスが気持ちよくない原因と解消法について紹介します。

セックスが気持ちよくない原因とは?

その日の気分や、体調などにもよって、セックスの気落ちよさは変わってくるものですが、せっかくのセックス、もっと楽しみたいですよね?

この状況のまま放置をしていたら、セックスレスになり、破局してしまうこともあるかもしれません。

そこで、まずはセックスが気持ちよくない原因を紹介します。

ムードが最悪

セックスがしたくて突然、ベッドに押し倒したりする人がいますよね。心の準備もできてないうちにそのようなことをされるといいムードが台無しです。

また、電気がついていると落ち着かない女性もいます。男性は、突然服を脱いだり、脱がせたりするのもよくありません。ムード作りはとても大切。

解消方法は、部屋でする場合は、白くて明るい蛍光灯や電球を使わずにオレンジ色の間接照明を使いましょう。オレンジ色は暖かい色なのでお互いの心を落ち着かせいいムードにしてくれます。

気持ちよくなることの罪悪感

セックスの経験が少ない人は、気持ちよくなる、イクという感覚に対して罪悪感があります。そうすることでセックスに対して抵抗するようになります。

セックスしている時に気持ちよくなることが恥ずかしくなり、感じられなくなってしまいます。

解消方法は、女性もエッチをしたり、気持ちよくなってもいいと思うことです。パートナーとセックスをする時に恥ずかしい場合は、一人エッチで気持ちよくなるようにしてみましょう。

そうすれば彼の前でも感じられると思います。

気持ちよくならなきゃ!というプレッシャー

セックスのときパートナーが優しくしてくれることがありますよね。そんな彼から「気持ちいい?」と聞かれて「うん」と答える人はいませんか。

このような人は、本当は感じていないけれど、感じなきゃというプレッシャーから嘘をついてしまうのです。

解消法は、挿入時に入ってくるのを想像したり、意識をアソコに集中して感じられるようにしましょう。

セックスの最中は、表情や声などが気になるかもしれませんが、気持ちよくなるためには、集中する必要があります。

パートナーが早漏

前戯が終わって挿入すると5分も経たないうちにフィニッシュしてしまうと女性は、不完全燃焼で満足できません。

もっと時間をかけてほしいと思いますが、なかなか言えませんよね。もっと気持ちよくなりたいと思う女性が多いでしょう。

解決法は前戯をじっくり行い、女性が気持ちよくなるまで挿入はしないようにします。早くしたい気持ちはわかりますが、お互いが気持ちよくなるためには、前戯を長くする必要があります。

そして挿入するときは、息を長く履き続けながら行いましょう。そうすることで意識的に写生を遠ざけることができ、早漏を防ぎます。

パートナーが下手

最初から激しくして自分だけが気持ちよくなってフィニッシュする男性がいますよね。激しくするからといって気持ちがいいわけではありません。優しくゆっくりなセックスもじわじわきてとても気持ちがいいのです。

そんなパートナーに対して女性は、「ゆっくり優しくして。そっちの方が気持ちいの」と伝えるといいですよ。

また、自分から動いてもいいと思います。そうすると自分の気持ちがいいところに当てることができますし、パートナーを気持ちよくさせることもできます。

女性が動いているのを見て男性は興奮しますし、気持ちのいいところに当ててくれると思います。

セックスが気持ちよくないときの解消法とは?

セックスが気持ちよくない原因はわかりましたが、それではどのようなことをすれば、セックスを気持ちいいと感じられるようになるのでしょうか?

バイブを使用してみる

感じないと悩んでいる人は、バイブで予行練習をしてみましょう。

膣内の快感を得るためには、バイブを使うことがオススメです。感度を磨くことでセックスの時に気持ちよくなることができるのでオススメです。

バイブの使い方や、バイブの選び方などを知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

バイブの使い方・Gスポットへの当て方・おすすめバイブを紹介

ローションを使用してみる

感じないと悩んでいる人は、ローションを使ってみることをオススメします。ローションを使うと膣が濡れてきて触るといつもと違った快感を感じられると思います。

そこで、セックスを気持ちよくするために改善法を5つご紹介します。

気持ちいい場所を伝えてみる

彼と体の相性が悪いかもと考える前に、まずセックスの前戯『愛撫』の仕方を考えてみましょう。愛撫のすべてを彼任せにしていませんか?

男性は、雑誌やAVなどで覚えた知識や今までの経験で気持ちの良いと思われる場所を愛撫しているかもしれません。

しかし、全ての女性が同じところが気持ちいいとは限りません。男性の体も女性の体もみんな同じということはないので、気持ちいいと感じる場所も違います。

どこを触れると感じるのか、少し恥ずかしいかもしれませんが彼に伝えてみましょう。

場所を変えてみる

いつもセックスをするのは彼のベッドや自分のベッドになっていませんか?場所やシチュエーションを変えることでマンネリ化を防ぐことが出来ます。

たまには旅行に行ってみたり、ラブホテルを使ってみたり。いつもと違う場所でのセックスをしてみるとドキドキして新鮮な気持ちでセックスをすることが出来るでしょう。

いつもと違う時間にしてみる

場所もそうですが、時間を変えてみるのも良い手です。

いつもお風呂に入り夜に寝る前にセックスをしているならば、休日の朝起きた時にしてみたり昼間にしてみませんか?

平日の疲れている夜にすると気持ちよくないと感じてしまう原因になりがちです。

たっぷりと睡眠をとりリラックスしている休日ならばいつもよりもゆっくりと時間をかけたセックスをすることが出来、気持ちいいと感じられるかもしれません。

挿入よりも前戯に時間をかけてみる

セックスは、彼のものを挿入することに意識を置いていませんか?

セックスが気持ちよくないと感じる原因に、彼の大きさが合わなくて…ということを聞くことがあります。

そんなときは挿入前の前戯に時間をかけてほぐすことで、気持ちいいと感じることが出来ます。

彼を受け入れたいと思うのは大事なことですが、お互い気持ちいいセックスの為に前戯に時間をかけてみましょう。

他の人がセックスにどのくらい時間をかけているのか知りたい人は、下記記事をチェックしてください。

セックスが気持ちよくない原因と解消法とは?:彼氏だけが悪いわけではない

セックスを考えすぎない

不感症かもしれない…と考えてしまうほど思い詰めている方、彼のことを愛しているからこそこの様に考えがちです。

体の相性というのは確かに重要です。

しかし体の相性というのは、テクニックだけではなくメンタルも深く関係しています。彼とのセックスは気持ちよくなれないと思い込んでしまっていませんか?

セックス無しでも、愛情を感じられる行為というのは他にもあります。一度セックスから離れて気持ちを落ち着かせるのも良いでしょう。

セックスでもっと気持ちよくなりたい人は?

女性がセックスで気持ちよくないと感じてしまう原因は、感じなきゃいけなというプレッシャーやムードなどが多いです。

セックスは1人でするものではありません。お互いが気持ちよくなれるように話し合いを行いながら、セックスをするだけで、この悩みはかなり改善されるでしょう。

また、よりセックスで感じたいと思っているのであれば、ベット専用香水リビドーロゼがおすすめです。

リビードロゼは彼氏とのマンネリ化対策のために作られた香水で、男性の性衝動を掻き立てる成分が配合されています。販売から累計35万個も売れている、人気のアイテムです。

今までのセックスよりも、より積極的でより濃厚な時間を過ごせるかもしれません。

もちろん普段使いもできるアイテムなので、より彼氏とのセックスを楽しみたい方は、ベット専用香水で今までにない素敵なセックスをしてみませんか?

恋愛のお守り香水をゲットする!

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る