濡れる原因は何?女性のアソコが濡れる原因まとめ

記事の著者:chaki

愛撫されたりセックスをしたりするとアソコが濡れますが、そもそも何故濡れるのでしょう?

全く濡れないのはセックスするときに、痛みを感じますし、気持ちよくないのかな?と思われてしまいそうで不安ですよね。しかし逆にあまりにも濡れすぎてしまうのは、それはそれで私生活で困りますし、セックスするのが恥ずかしいと思ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、女性のアソコが濡れる原因を紹介します。また濡らしたくない!濡らしたい!そんな悩みにもお答えします!

そして「最近匂いが気なる」という人のためにも対策法を紹介します。手取り早いのは、デリケートゾーン専用のボディーソープを使うこと。

デリケートゾーンを清潔に保って気持ちよくセックスしませんか?

デリケートゾーンをセルフケア

そもそもなぜ濡れるの?

そもそも女性が濡れるのは、膣の粘膜を湿潤に保ち、膣の自浄作用を行うためです。そのため、平常時でも一定量が分泌されています。

そして、平常時に分泌され膣口から排出される膣分泌液は下り物(おりもの)と呼ばれます。

また、パートナーから胸を揉まれている、舐められているなど性的刺激を受けてたときには平常時よりも多くの膣分泌液が分泌され、性交時の潤滑剤の役割を果たしてくれています。

性的刺激を受けると愛液が出て膣が濡れてしまいますが、好きな男性に愛撫されるのとそうではない男性にされるのでは濡れ方が異なります。そのため性的刺激によって濡れるのではなく、気持ちから濡れることが多いそうです。

セックスをすればどんな相手でも濡れるの?

決して「相手が好きな人だから濡れる、身体の相性がいいから濡れる」という訳でもありません。例えば、レイプなど危機的状況のときも濡れてしまうのです。

女性の性器が濡れるのは、膣を潤して男性の性器を挿入しやすくしているのです。女性の性器が十分に濡れていないと挿入したときに男女共に痛みを感じます。特に女性は強い痛みを感じる場合もあります。

きちんと濡れていない場合、男性器が挿入できない場合もあります。そして挿入後も、膣分泌液は体内で作られる様々な液が混ざって滑りを良くし、痛みを軽くしてくれる働きがあります。

そのため、好きな人だから濡れる、感じているというわけではありません。気の乗らないセックスでも膣が傷つくのを守るために濡れるのです。

女性はどんなタイミングで濡れるの?

膣分泌液が分泌されるタイミングは、性的に興奮したときに濡れます。そのため詳細なタイミングは人によって違います。キスをしたら濡れる女性もいますし、初めてセックスをする相手であれば、ラブホテルに入ろうとした時点から濡れている女性もいるかもしれません。

また、膣分泌液、おりものは排卵期に精子をスムーズに子宮へ運ぶ役割があると言われいます。排卵日前や生理前に膣分泌液が増える人は多くいるのではないでしょうか?

下着を何回も取り替えないといけないほどの量や、いつもとは違う匂いがした場合は病気の可能性があるので、病院に行くことをおすすめしますが、多少下着が汚れてしまう程度であったり、日によって多少量や色が違うのは、問題ないので安心してください。

すぐ濡れるから、これ以上濡らしたくない!対策法は?

濡れるといっても毎日1日何回も下着を取り替えないといけないほど、濡れることはないのでは?生理周期によって膣分泌液の量が変化しているはずです。結論からお話をすると、自分で膣分泌液の量を調節するのは不可能です。

そのため、濡れても大丈夫な対策法をお教えします。

日常生活ではおりものシートで不安な気持ちを軽減

排卵期は精子の進入を助けて妊娠しやすくするために、量が増え、卵の白身のようなドロッとした状態になります。そのため、生理が終わったあとでも、排卵期は白パンツが履けない人もいるのではないでしょうか?

そんなときはおりものシートで漏れをカバーしましょう。コンビニやドラックストアなどで手軽に手に入れることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

セックス時はローションで濡れているのを隠そう!

「すぐ濡れるから、セックスしたいけど恥ずかしい。」そんな悩みはありませんか?ローションを使えば濡れていることが彼にバレずセックスをすることができるかも。「ローション使わない?」と誘えば彼も喜ぶこと間違いありません。

またもし初めてのエッチでローションの話をするのが恥ずかしいのであれば、素直に「すごく濡れちゃって恥ずかしい」と言って見ましょう。もしすごく濡れてしまっていたとしても、彼が嫌がったりすることはないでしょう。

すごく喜んでくれるはずなので、勇気を出して伝えてみてください。

彼に喜んでもらうためにも、いっぱい濡らしたい!対策法は?

反対に濡れなくて悩んでいる。という女性もたくさんいるでしょう。「彼氏に気持ちよくないんだ」って思われるのも嫌ですし、彼氏が一生懸命濡らそうとしてくれるのもなんだか恥ずかしくて、「濡らさなきゃ」って焦っていると余計に濡れなくなってしまいますよね。

そんなときにおすすめの対策法をお教えします。

水分や栄養、睡眠はたくさん取ってから

生きるためには、セックスへエネルギーを使うよりも、生命維持のために水分や栄養などを身体に使うべきです。それを身体も本能的に理解しているのです。

そのため、身体が水分不足だったり、睡眠不足だとなかなか濡れないのです。

気持ちのいいセックスをするには心と身体の準備が必要なのです。まずは、色々準備をしてからセックスをしてみましょう。

ストレスや悩みごとはない?

女性は特に心でセックスをし、心で感じると言われています。シチュエーションや彼氏との関係性が大事なのです。

そのため、悩みごとやストレスがあっては男性以上にセックスに集中できず、心から気持ちよくなることができないのです。

まずは悩みやストレスを一旦忘れてみましょう。

濡れたときの匂いが気になる!対策法は?

彼氏とイチャイチャして濡れてしまい出てきた愛液は女性によって違いがあるそう。味は、しょっぱかったり、すっぱかったり、まずかったりするそうです。愛液の色は、無色透明と言われています。

脇の下の汗と似ているようです。水分量を多く摂取する人や代謝のいい人も濡れやすい体質と言われます。愛液から強烈が匂いがする場合は、病気の可能性があるので病院で診てもらいましょう。

病院に行くほどではないけれど、デリケートゾーンからのニオイが気になるという方はデリケートゾーン専用の石鹸でセルフケアしてみるのもいいかもしれません。

デリケートゾーンをセルフケアする

まとめ

女性が濡れる原因について紹介しました。好きな人に性的刺激をしてもらったり、彼のことを考えるだけで濡れてしまう人もいれば、興奮して濡れる人もいます。

しかし、セックスをしている時に濡れるのは、興奮している時だけではありません。気の乗らないセックスのときに濡れている場合は、膣が傷つくのを防ぐために濡れるのであって感じているわけではないのです。

セックスをするならお互いが気持ちよくなれるようにしたいですね。

また、女性は好きな男性と性行為を行う前にデリケートゾーンの手入れをするといいかも。オススメはデリケートゾーン用保湿美容液ソープアンボーテです。

デリケートゾーンの臭いは、洗いすぎなどによる乾燥が原因と言われています。デリケートゾーンに大切なのは清潔さと保湿です。アンボーテは女性のデリケートゾーンの悩みにアプローチした商品で、厳しい条件をクリアしたオーガニックの商品なのでデリケートゾーンをしっかりと保湿してくれます。

アンボーテでデリケートゾーンをきれいに

<