結婚をやめたいと思う原因と対処法まとめ:マリッジブルーの乗り越え方

自分で望んで結婚しようと思ったのに、結婚する直前になって「やっぱりやめたい」と思う女性は多いようです。なぜ自分から望んだ結婚なのに、やめたくなってしまうのでしょうか。

このように結婚直前になってうつっぽく、ダウナーな気分になってしまうことを「マリッジブルー」と言います。マリッジブルーは結婚の直前に起こる不安や、環境の変化によって男性も女性もなり得る症状です。

結婚することを決めたら甘い夢ではなく現実になってしまったり、結婚式の準備など色々と決めることが多くなるとブルーな気持ちになるようです。実際、多くの人がマリッジブルーを経験していますので特別なことではありません。

今回は、結婚に対して急に不安になってしまった時の原因や対処法、マリッジブルーの症状について紹介します。

いろいろと心配なことがあって相談したいけれど、結婚を祝ってくれている友達には相談できないと悩んでいる人は、ココナラという電話占いを利用してみましょう。

親身に相談に乗ってくれる上に、友達に相談した場合と違って、周囲に噂が広まってしまう心配もありません。

一度、どんな占いがあるかや料金を確認してみてください。

電話占いココナラをチェックする

マリッジブルーの症状

結婚の直前に湧き上がってくる不安や環境の変化によって男性も女性もなり得る症状。その症状は、元気がなくなったり、結婚を前向きに考えられずうつっぽくなってしまったりなど人によって様々です。

気分が落ち込む、イライラする

結婚前なのになんだか気分が落ち込んでいたり、結婚相手のノー天気な対応にイライラしてしまうことがあります。

食欲がない

いつもより食欲がなくなり、結婚する元気もなくなった気になります。

彼や彼女に対して嫌悪感がでる

付き合ってた当初はあんなに仲が良かったのに、結婚直前になって、ささいなことがきっかけでケンカしてしまうこともあります。

元恋人を思い出し比べる

結婚すると決めたのにもかかわらず、すれ違いが原因でパートナーと意見が合わず、現実逃避をしてしまうこともあります。「元カレと結婚したかった」などと、過去の恋人にすがってしまう時は、男性が原因のマリッジブルーに陥ってしまっている可能性があります。

泣くことが多くなった

女性に多いマリッジブルーの症状としては、涙を流すことが増えたり、パニックになったりします。精神的に悩んでいると感じたら、軽いうつ病になっている可能性があります。

幸せになるはずなのに不安になる

結婚って幸せになるんだ!と思って生きてきた方って非常に多いと思います。しかし現実は、新居を変えたり慣れた土地から離れてしまったり、仕事をやむを得ず変わってしまう状況などたくさんの不安要素があります。そういった不安がマリッジブルーを引き起こします。

結婚をやめたい理由

結婚のタイミング

婚約する時に結納はどうするか、結婚式はどうするかなど決めることがたくさんありますよ。

結婚することを両親や友達に伝えた時は、幸せだったけど、結婚準備をいざ始めると、親戚への気配りや、職場への気遣いなどでブルーな気持ちになりがち。

結婚は、2人だけの問題ではなく、招待客や両親のことを考える必要があるため、精神的な負担になるのです。

親や親族との意見の食い違い

せっかく順調に恋人との婚約が決まっていざ結婚しようとしたら、相手の親と意見が合わずに悩んでしまい、マリッジブルーになったという声が多くあります。

また、自分の家族からあまり賛成を得られず、家族間の関係がぎこちなくなった、というような意見も。これも結婚は自分だけのものではないということなのかもしれません。

金銭感覚や生活のズレ

付き合っていた頃を気にならなかった相手の金遣いが、結婚直前になってから急に気になりだします。いざこの人と結婚したときの具体的な収入面・支出面が気になるのです。

結婚式に関しても、片方は挙式は不要と思っていても、もう片方は豪勢な結婚式を挙げたいと思っている場合などがあり、お金の使い方にズレが生じることがあります。

そういった意見の衝突から、なぜ自分の言うことをわかってくれないのか、とマリッジブルーになることもしばしば。

将来の生活に不安がある

この悩みは特に一人暮らしの経験のない人に多いパターン。実家での生活が長いと、いざ独立したときの暮らしのイメージがわきにくく漠然とした不安が生まれます。

また具体的な生活が想像できないだけでなく、家族以外の他人と一緒に生活するというイメージがわからずに不安だけが募ります。

相手に不安がある

マリッジブルーの症状として多いのが、相手に対して不安を抱えているケース。

結婚式場の打ち合わせをすべてあなたが任されていたり、慣れない土地に頻繁に行くことが増えるため不安になります。

本当にこの人が運命の人で、結婚しても大丈夫なのかということを考えすぎてしまうと余計にマリッジブルーになってしまうばかり。

自由がなくなることへの不安がある

結婚してしまうと、完全に自分だけの時間がなくなってしまうという不安があります。

独身生活が長いと、束縛するつもりはなくても、ある程度時間を共有することが考えられます。今まで自由に暮らしてきたのに急に窮屈になるのではないかと恐れるのです。

理由がわかっている人もわからない人も

どうしても不安という人は、電話占いのココナラを使って、結婚をやめたい理由がはっきりしている場合はどうすれば良いかの相談、理由がわからない場合は漠然とした不安を打ち明けてみましょう。

関係ない人に話すことで自分の考えが整理できたり、自分の状況を客観的に見ることができます。

彼といきなり話しても、自分の中で考えがはっきりしていなければ、彼もどうしていいかがわかりません。そのまま喧嘩が始まってしまうかもしれないので、落ち着いたほうがいいなと自分で思っている人は、ココナラで相談してみてください。

電話占いココナラをチェックする

結婚で鬱っぽくなったときの対処法

彼と話し合う

マリッジブルーになった時はちょっとしたことでもすごく気分が落ち込みます。彼と結婚して幸せになりたいと思って、その時期に見つけた彼の悪いところを正直に話し、直せるものは直してもらい、他のところは彼の個性だと思うようにするしかないでしょう。

パートナーとは互いに深く納得いくまで話し合い、思っていることを口に出しましょう。

黙って言いなりになってしまっては自分の結婚が台無しになってしまうので、意思をしっかりと持って流されないようにすることが一番です。

結婚式の準備の時にお互いのこだわりがあると思います。こだわりを押し付けすぎて喧嘩になる前に、お互いの考えを言ってじっくりと話し合いましょう。

考えが違う前提で進める

男性と女性では、結婚式に対するイメージが異なることを理解しましょう。

女性はドレスや料理、引き出物などについて、雑誌や友達の結婚式を参考にしたりしますが、男性はもっと無機質でひょっとするとお金ことしか考えていないかもしれません。一緒に式場見学にいったり、雑誌を見ながら式の準備をするのもおすすめです。

親や友人に相談する

マリッジブルーになると冷静な判断ができなくなるので、親や友人に聞いてもらうことで解決につながることがあるかもしれません。

また、先輩花嫁に相談することもいいと思います。同じ気持ちを感じていたかもしれないので、いいアドバイスが聞けるでしょう。

どうしても知り合いに相談できる人がいない人は電話占いサービスのココナラで結婚について診てもらうのもおすすめ。

ココナラで結婚に関する悩みを相談する

結婚をあまり意識しない

結婚式の準備で決めることがたくさんあり、頭がパンクしそうになる人もいます。そんな時は、ご飯を食べに行ったり、デートをしましょう。

また、一人で出かけて映画を見たり、ショッピングすることも、心と体がリフレッシュでき、精神安定に一役買います。1日でも結婚に関することをすべて忘れる日をつくれば、心に余裕が持てるはずです。

初心に帰る

結婚が嫌になった時は、プロポーズされた時のことを思い出してみましょう。結婚することが決まった時の気持ちや嬉しさを思い出せば、やっぱり彼と結婚したいと思うかもしれません。ときめきを思い出せば、結婚に対する不安な気持ちは軽くなることでしょう。

インターネットの書き込みを読んでみる

マリッジブルーの症状を感じたら、インターネットで同じような体験をしたことがある人の書き込みを参考にしてみるという方法があります。

マリッジブルーは婚前うつ病といわれており、誰もがなる可能性があるので心配する必要はありません。

自分と同じような悩みを抱えている人の体験談を読めば、意外と簡単に解決するかもしれません。

最終的には割り切るしかない

マリッジブルーというのは、結婚をするために誰もが経験するものだと割り切ってしまうのも一つの解決策。

結婚式までにはキレイにならなくては、とか、いいお嫁さんになって認められないと、と自分自身を追い込んでしまって、プレッシャーを感じ過ぎているかもしれません。もう少し結婚に対するイメージを柔らかく捉えたら、気持ちが楽になるかもしれません。

自分のことばかりを考えるのではなく、これから生活する二人の時間を前向きに想像すれば気持ちが楽になります。

慣れた環境から変わらないといけないことに、まだ自分の心が追いついてないくても仕方ありません。学生でも新しい学校に入学したり、引っ越しをすれば多少のストレスはかかるものです。あまり難しく考えず、シンプルに考えることが、マリッジブルーを乗り越えましょう。

気持ちを前向きにするためにも、人に相談するというのは有効です。一人で気持ちを変えるのが難しそうという人は、電話占いのココナラを活用してください。

電話占いココナラをチェックする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る