彼氏の事が恥ずかしいと思う瞬間8選:恥ずかしくて友達や家族に紹介したくない!

恋は盲目とは言っても、彼の言動に恥ずかしさを感じたことのある女性も多いのではないでしょうか。

彼氏の言動があまりにも恥ずかしく、親や友達に紹介できない、会いたくないと感じてしまったという体験を持つ女性も少なからずいるはずです。

マナーがなっていなかったり、ありえない発言をしたりすると、一気に彼への気持ちも冷めてしまいますよね。

そこで今回は「彼氏のことを恥ずかしいと思う瞬間」と対処法をまとめて8つご紹介します。彼氏の恥ずかしい行動に悩む方は必見です。

食事のマナーを知らない

高級レストランでなくとも最低限の食事のマナーは守ってもらいたいもの。

ボロボロこぼしながら食べる、箸の持ち方やナイフ・フォークの使い方が明らかに変、クチャクチャ音を立てて食べる、食事中にふさわしくない話題を話す。

大人として決してスマートとは言えない彼氏の振る舞いに、恥ずかしさを感じる女性は多いようです。

【対処法】2人のときに指摘するよう心がけて

食事のマナーの悪さは、あなただけでなくその場にいる他の人も不快にさせる可能性が。彼氏のためにも、きちんとしたマナーを身につけてもらいたいものですよね。

ですが、レストランなどでガミガミと指摘してしまうと、彼はプライドを傷つけられたと感じ、かえって頑なになってしまう可能性も。

おうちデートなど、2人っきりになれる場所を選び、穏やかに注意するのがポイントです。

また文句を言うような形になってしまうと彼も拗ねてしまうので、「こうしたほうが素敵だな」「こうしてくれたらもっとかっこいいと思うよ」と伝えるようにしましょう。

TPOに合っていない服装をしてくる

大人の男性なら行く場所、雰囲気、場面、時間などに適したファッションをしてほしいもの。

例えば、恩師に会う、会社の上司に紹介するなどの日に、破れたジーンズとTシャツ姿で現れたら驚いてしまいますよね。

逆にカジュアルな格好でくるべき場所にガチガチのスーツを着てきたら、「わぁ…恥ずかしい」と思わず回れ右をして帰りたくなります。

ファッションにこだわりを持っていたりすると、TPOに合っていなくても自分のファッションについて語り始めたりするので困ってしまいます。

【対処法】あなたがプロデュースするのもあり

デートやおでかけの際に、必ずあなたがコーディネートに関してアドバイスをしてみるのもひとつの手。

「明日はカジュアルな服装がぴったりだから、この服が良いと思うよ」など、この時も穏やかにアドバイスするのが鉄則です。

また買い物デートに一緒に出かけて、「こういう服装が好きだな〜」「○○がきたら似合いそう!」と彼を持ち上げるようにしておすすめすると彼も乗ってきてくれるでしょう。

指摘しづらいミスを連発



ズボンのチャックが開いている、服を裏返しに着ている、歯に何か付いている、など指摘しにくいことをされると言いにくいですよね。

とはいってもこのままの状態で一緒にいるのは恥ずかしい…と頭を抱えてしまいます。

【対処法】可愛く、そして冗談っぽく指摘

あなたが恥ずかしいということは、彼も恥ずかしいミスのはず。勇気を出して指摘してあげましょう。

この場合は、可愛らしく、そして冗談っぽく彼に教えるのがベター。すぐに笑い話にしてあげるなど、彼の様子を見てフォローを繰り返しながら指摘してみてください。

耳元で小さな声で教えてあげるか、一緒にいるときにLINEで指摘して笑顔を向けるなどすると、彼のプライドを傷つけることなく直してあげることができます。

金銭感覚が違う

二人で食事に行ったときやデートのときに、安すぎるお店に連れて行かれたり、高校生のようなデートプランを提案されると、恥ずかしい‥と感じます。

彼は二人でいればどこでも楽しいと純粋な気持ちで楽しんでいるのかもしれませんが、あなたはこんなところにいたくないという気持ちになるでしょう。

またお店のレジの前で、1円単位で割り勘を要求されたりすると一緒にこなきゃよかったと後悔することもあります。

【対処法】あなたからプランを提示

リーズナブルな場所もいいですが、たまにはおしゃれな場所に行ってみたいものです。

そこで彼のプランばかりではなく、自分からもデートプランを提示してみてください。

また割り勘を人前で強要されないために、デートの前に「デートが終わってからまとめて払うね」「お店を出てから精算しよう」と伝えておくのもおすすめです。

彼がそれでは困るという場合は、デートの前や食事の前に先にお金をいくらか渡しておくという工夫もいいかもしれません。

公共のマナーを守らない

俺さまがルールだとばかりに周りを無視した言動をしたり、平気で迷惑行為をする姿を見たら恥ずかしくて仕方ありません。

並んでいる列に割り込む、禁煙の場所で喫煙する、他人を大声で怒鳴りつける等々。

好きな人の振る舞いだからこそ、このような非常識な言動には失望します。あなたの彼を思う気持ちが冷めるきっかけにもなってしまうので直して欲しいものですね。

【対処法】きっぱり彼に指摘しよう

食事や服装のマナーとは違い、もう彼は周囲に迷惑行為を行っています。

この場合、周囲に誠意を見せるためにも、その場できっぱりと彼の迷惑行為を指摘しなくてはいけません。

なにがだめなのか、どう迷惑なのか。落ち着いて諭すように話をするのがポイントです。それで彼が逆ギレしてしまっても、正しいのはあなた。自信を持って注意しましょう。

クレーマー的な態度をとる

レストランでお店で荒探しをしては大声で文句を言ったり、店員を呼びつけて難癖をつけたりします。

怒鳴りはしないものの、細かいことを延々、ネチネチとお店のスタッフに言っている姿にはドン引きしてしまう女性も多いみたい。

またそのような彼の姿をみると、器の小さい男だな‥と他の場面でも気になってしまうようになります。

【対処法】お店へのフォローを忘れないで

お手洗いに行くタイミングで、彼がネチネチとクレームを入れた店員さんに直接謝罪してフォローするなど、この場合はお店側に対する気遣いが求められます。

あなたが悪いわけではないのにも関わらず、あなたが謝罪しなくてはならないことに納得できない方もいるかもしれません。

ですが、あなたが悪くないことはその場にいた誰もが把握していること。そこであえてあなたが謝ることで、大人の対応をしましょう。

もしその姿を彼がみれば、彼女に恥ずかしい思いをさせてしまったと後から反省の気持ちが芽生えるかもしれません。

彼の目の前でわざとらしく謝罪する必要はありませんが、周囲に対して誠実な姿を見せることで、彼も気持ちが落ち着いてから考えるようになるでしょう。

話す声が大きすぎる



おしゃれなバーやロマンチックな雰囲気のレストランなど、声のボリュームを抑えて話すべき場所はいくらでも存在します。

そんな場所にいるにも関わらず、大声で笑ったり、下品な冗談を言う彼にはほとほと辟易してしまうもの。

それがもし内緒話だとしたらなおさらです。秘密を暴露された恥ずかしさとも相まって、穴があったら入りたくなりますよね。

【対処法】自然にボリュームダウン

この場合は、会話の途中で声をボリュームダウンするよう彼にジェスチャーで伝えるのもひとつの手。

彼は悪気があってやっているわけではないので、あなたが指摘することではじめて自分の声の大きさに気づくかもしれません。

ジェスチャーでは伝えにくいという方は、あなたが突然声を小さくし、顔を近づけて話すというのもおすすめ。

この状態では、彼もうかつに大声で話すことはできないはずです。そのままロマンチックな雰囲気に持っていくことができれば一石二鳥ですね。

ナルシストな振る舞いが多い

街中にある鏡やショーウィンドウなどでいちいち自分の髪型をチェックしたり、いかに自分の服装が素敵かを延々と主張していたり。

そんな完全に自己陶酔の世界に入っている男性の行動には目を覆いたくなるもの。

自己愛が強すぎる言動に思わず顔をしかめ、その場から立ち去りたくなる女性がほとんどです。

【対処法】聞き流すのが一番

いかに彼がナルシスト的言動をしようとも、あなたが彼の話や行動に付き合ってあげる義務はどこにもありません。

どうしても不快であれば、その場は聞き流し、後日彼に指摘するのもアリ。彼に付き合うあまり、自分の感情をないがしろにしないよう、自分も大事にしてくださいね。

彼氏の恥ずかしい行動に耐えられない方は



今回紹介した、ポイントを踏まえても彼の恥ずかしい行動にあなたの彼は当てはまりましたか?

いつまでも恥ずかしい彼と一緒にいると、彼への気持ちも冷めて外出も避けるようになります。対処法を実践してもなかなか彼が直してくれないという方は、新しい恋愛に踏み切ってもいいのではないでしょうか。

新しい出会いの方法としては、マッチングアプリのPairs(ペアーズ)をおすすめします。

ペアーズでは、女性は無料でほとんどの機能を使うことができ、気軽に始めることができます。

また、年齢、職業、年収などさまざまな検索条件を設定することができるので、あなたの理想の男性を探してみるのもいいでしょう。ぜひ一度試してみてください。

無料で出会いを探す[ペアーズ]

記事の著者