勝ち組専業主婦のメリットと特徴:仕事は自己実現のため?

「専業主婦は勝ち組」という言葉を聞いたことはありますか?

昔と比べ、結婚しても完全に専業主婦でいられる人は多くありませんが、夫の収入のみでやりくりし、出産も経験することを望む女性はまだまだ多くいますし、そんな専業主婦を勝ち組の人と羨ましがる人も多いようです。

そこで今回は、勝ち組と言われる専業主婦のメリットや特徴を紹介します。

勝ち組専業主婦になるためにも、理想的な相手と結婚したい。そんな時は結婚相談所の楽天オーネットを利用してみるといいかもしれません。

楽天オーネットは、業界最大級の登録者数と成婚実績を持っており、専用の婚活プランを作成することもできます。専業主婦になってほしいという男性に絞って出会うことができるので、理想の相手が見つかりやすいです。

楽天オーネットをチェックする

勝ち組専業主婦になるメリット

まず、勝ち組専業主婦になると得られるメリットについて紹介します。

時間に余裕を持てる

「高収入の夫に養ってもらいたい!」これだけ聞くと安易すぎるのでは?と思ってしまうのですが、専業主婦の現実的な物事を捉えている女性が多いです。

「毎日朝早く起きて弁当作って仕事に行って、しかも帰ってきてすぐご飯を作ったり男性よりも多く家事をこなさなきゃいけなくなりそう。自分の時間を持てない!」

「結婚して共働きになった場合、どうも自分のパートナーは家事には協力的ではなさそう…」

などの不安から仕事をすることに対して悩む方もいるようです。

実際に、現代において共働きをする夫婦は年々増加している傾向にありますが、一方で家事や育児の比率を見てみると決して男女平等では無いというデータが出ています。

旦那様の収入で家庭がやりくりできれば時間に余裕を持って家事や育児に励むことができ、自分の時間も得られる専業主婦が勝ち組と思う方も多いでしょう。

子供と長くいられる

子供が小さい頃は日々成長します。そしてそれを日々実感する事が出来ます。

「子供が成長する姿を傍で見ながら、自分なりの育児・教育をしてあげたい!」と考える女性も多いようです。

自分の幼少期母親がパートやフルタイムで働いていて寂しい思いをした…と感じていた方は自分の子供にはそのような思いをさせたくないと考えているようです。

女性として新しいステージに進める

会社勤めをしていると上下関係や同僚との競争により、人間関係において精神的に負担になってしまう部分もあると思います。

特に女性は繊細な性格な方が多く、人間関係に悩み「結婚するまでは我慢して働くけれども、その後は家庭に入りたい」と思う方が多いようです。

職場で取り立てて問題がなくても、新しいステージに移りたいという願望は、男女問わずあるのだと思います。

女性においては手っ取り早く「寿退社」や、「出産のための退職」という、割と受け入られやすい理由があり、新しいステージとして「専業主婦」というカテゴリが存在するために、なりたい願望も強まるのではないでしょうか。

勝ち組と言われる専業主婦の特徴

次に、勝ち組と言われる専業主婦がどういう人なのかを紹介します。

夫の稼ぎだけで生活ができる

夫の給料だけで生活している主婦はほとんどいません。 子供が大きくなれば、教育費などでますます家計が逼迫し、 途中から働きはじめる主婦が大半です。

そんな中、専業主婦になれる女性の旦那さんは、医者や弁護士・会社経営者など必然的に年収の多い職業が多いです。

夫のスペックが高い

夫のスペックが、そのまま専業主婦の序列に影響していて、一流商社勤務とか、官僚であるなど、いわゆるエリートが好まれます。

グローバルに活躍しているかどうかもポイントで、夫の仕事の関係で、子供が「帰国子女」になることもステータスとなるようです。

インターナショナルスクールに入学させる親の中にはその目的の人もいるとか。

自己実現ツールとして働いている

夫の収入で安定した生活を送っていても、自らが精神的に自立することも必要です。

趣味として仕事をし、自己実現のツールとするのが勝ち組専業主婦のポイントのようです。

専業主婦の場合、社会から取り残されたような孤独感や、夫が失業や病気をした時の心配などの不安を持つ人は少なくないようです。

それは、色々な状況を想定し、専業主婦の間に様々なスキルを磨いておくことがとても重要なことと認識しているためです。

おしゃれな暮らしぶりをしている

雑誌に出てくるような、おしゃれな暮らしぶりが、短期的でなく継続できていることが条件です。

昼はママ友とホテルのビュッフェでランチやお茶を、習いごとはヨガのプライベートレッスン。

住まいは郊外のデザイナーブランドの、広い庭つきの 一軒家か都心のタワーマンション。

旅行は長い休みに決まってハワイ。経済的余裕は必須ですね。

勝ち組専業主婦になれた理由

続いて、そんな勝ち組専業主婦になれた理由について紹介します。

男を見る目がある

専業主婦になるには夫の収入だけで家計をやりくりしなければなりません。

住んでいる地域にもよりますが、世帯収入で約600万円~1500万円以上必要と言われています。都市部では土地代や建築費、家のローン、子供に教育費などを考えるもっとかかる可能性があります。

都市部では1500万円以上あった方が、余裕のある安定した生活ができると言えるでしょう。また地方では、600万円以上の年収であれば、子供がいて且つ家を建てたとしても余裕のある生活ができるようです。

日本人男性の平均年収が約500万であるのにも関わらず、それだけ稼ぐことが出来る男性を選ぶことができた主婦の人は、先見の明があったといえるでしょう。

実は倹約家

お金持ちというのは質素倹約を知っていて、必要なところにはしっかりお金をかけたとしても、不必要な出費はしません。

ですから、夫の収入のみで豪遊生活をしていて生活が苦しい人は勝ち組とは言えませんし、質素倹約をしつつも悠々自適に暮らしている専業主婦は勝ち組といえるのかもしれません。

専業主婦の本音

では専業主婦たち自身はどのように感じているのでしょうか?専業主婦の本音に迫ってみました。

「勝ち組」だと思う

働くことよりも、育児や家事に専念することが好きな女性は自分自身を勝ち組だと感じているようです。

旦那さんの収入で、家でのんびり趣味やお稽古事を楽しむ余裕があるのがそう感じる理由でした。

「勝ち組」ではないと思う

勝ち組だと思う人がいる一方で、ずっと育児ばかりして息が詰まってしまったり、社会との関わりがないので視野が狭くなる、つまらないなどの意見がありました。

外に出て働きたい専業主婦もけっこういらっしゃり、本人たちは勝ち組だとは感じていませんでした。

さいごに

ここまで、勝ち組専業主婦についてまとめてきました。

専業主婦になるということは、旦那の収入だけで生活をするということ。住む地域にもよりますが、旦那の稼ぎだけで余裕のある暮らしをするとなると、それなりの年収である必要があります。

しかし、自分の力だけではそう簡単に条件の合う男性を見つけることは困難でしょう。そこで、結婚相談所の楽天オーネットを紹介します。

楽天オーネットは20〜39才、大学卒の男性登録者数が50%以上。働き盛りで、奥さんに専業主婦になってほしいという男性も多く登録しています。

この機会に、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。
楽天オーネットをチェックする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る