結婚に焦りを感じる瞬間と対処法:自分の気持ちを再確認してみる

友達が結婚したのを知ると不安になり、周りを見ても結婚してないのは自分だけだし、自分の年齢的にもう厳しいのではと、結婚に焦りを感じてくることがあるかもしれません。

しかし、焦ってしまうとろくなことがありません。望んでもいない人と結婚して一生後悔するのは避けたいものです。まず、落ち着いて自分の今のじょうきょうを客観視することが重要です。

どんな時に結婚に対して焦りを感じたのか、自分は本当に結婚を望んでいるのか考え直してみましょう。本気で結婚したいと考えているのであれば、積極的に婚活していきましょう。

今回は焦りの原因別でおすすめの結婚相談所や婚活パーティーをまとめました。一刻も早く結婚したいという方は結婚相談所の「ゼクシィ縁結びカウンター」に足を運んでみましょう。出会いのスピードには実績があります。

ゼクシイ縁結びカウンター[公式]

結婚に焦りを感じるとき

年齢

女性は25歳を過ぎると結婚に対して意識する人の割合が多くなります。また、30歳を超えると結婚できる確率が10%代まで落ちてしまいます。そのため27歳までには結婚相手を決めておきたいのが現実です。

また、年齢が上がっていくにつれて新しい出会いも減っていきます。いつも顔を合わせる人の中から恋愛に発展することは難しいでしょう。

独身の友達がいなくなった

周りに独身の人が1人でもいると安心していられますが、その相手もいつ結婚するか分かりません。周りに自分と同じ独身の人がいなくなった場合、焦りを感じる人が多いそうです。

また、今までは独身同士で遊べていても徐々に予定を合わせられる人が少なくなっていきます。そのため、自分だけが独身であるということを実感しやすいでしょう。

出産のリミット

いつか結婚して、子供が欲しいと思っている女性は多いのではないでしょうか。しかし、高齢で出産をしてその後、育てていくことを考えるといつでも産めるわけではありません。

また、周りが子供を産んでママになったときに焦りを感じることもあります。

結婚しなさそうな人が結婚したとき

この人はまだ結婚しないだろう、この人はきっと生涯独身であろう、と思っていた人が結婚をした時に焦りを感じるそうです。独身の仲間であると思っていた人が突然に結婚をしたら驚くと同時に、私はどうしようと思ってしまいます。

しかし、勝手に独身の仲間意識をもっていただけでこっそり婚活していたかもしれません。

結婚に対しての焦りを感じたときの対処法

結婚していない人はたくさんいます

周りを見渡すと結婚してないのは自分だけで、同級生もみんな結婚しているといった具合に、自分の近しい関係のみを見て焦っている人も多いと思います。

でも、実は同年代でまだ独身の人はたくさんいます。日本全体の統計では、生涯未婚率は男性35%、女性27%だそうです。今の日本では40代でも独身というのは珍しくありません。

まず、自分だけ結婚していないといった悲観的な見方はやめましょう。

結婚がゴールと焦らない

結婚に焦っている人は、「結婚してしまえばゴール」という考え方をする人が多いです。でも、ちょっと待ってください。

結婚は、あくまでスタートです。結婚してからの生活の事をちゃんと考えないと、失敗してしまいます。

「すごく好きでもないけど、嫌いでもないから、この人でいいや」といった相手と焦って結婚してしまうと、その後の結婚生活は上手く行くはずありませんよね。

「結婚する相手」ではなく「結婚したい相手」を探す

結婚を焦りすぎると勘違いしてしまうのが、「結婚する相手」を探そうとしてしまうことです。本来は、「結婚したいくらい好きになる」のが先のはずです。

結婚が目的で相手を探しても、上手くいきません。まずは恋愛の相手を見つけることです。

結婚相談所や婚活パーティーなどを利用する時でも、この点だけは勘違いしないでおきましょう。

一人でも充実した生活を送る

早く相手を見つけなければと焦っても、良い出会いはありません。むしろ、一人でも充実した生活をすることで余裕が生まれ、恋愛にも時間や労力が割けるようになります。

例えば、趣味や習い事を新たに始めることで、新しい出会いがあるかもしれませんが、結婚相手を見つけるためにではなく、自分磨きのために始めるくらいの余裕をもっていたほうがよいのです。

結婚適齢期はない!

現代は様々な恋愛の形があります。結婚して子どもを作るだけではありません。

お互いの人生を充実させたいから、結婚しても子どもを作らない夫婦もいますし、結婚という制度に縛られず、法律上は夫婦でなくても、生涯のパートナーとしておつきあいしているカップルもいます。

また、60代や70代といった高齢になってからパートナーを見つける方もいます。ですから、「結婚適齢期」なんてものは実質なくなったと言ってもよいでしょう。

現在の自分はどんな結婚を望んでいるのか、どんな結婚なら幸せになれるのか考えてみましょう。パートナーを探すのはそれからです。焦る必要は全くないのです。

自分の気持ちを再確認する

周りに流されてはいませんか。周りに「いつ結婚するの?」と心ないことを言われたり、友人の結婚を知って影響されたり。自分自身は結婚に対してどう考えているのかもう一度確認してみましょう。

本当は仕事を頑張りたい、またはそこまで結婚を考えていないのであれば、自分で選んだ道に自信を持ちましょう。結婚が全てではありません。結婚=幸せという価値観を持った人たちに合わせることはありません。

周りからの影響を抜きにしても結婚したいと感じるのであれば、積極的に婚活をしてみましょう。婚活は早く動いた者勝ちです。

焦りの原因別おすすめ婚活方法

年齢の焦り

子供を産める年齢のリミットが迫ってきた。これ以上の年齢になったら本当に一生独身かもしれないという焦りを抱える方は、中高年向けの婚活をしてみましょう。

中高年から婚活を始めても周りから浮くだけだと思っていませんか。最近では中高年限定の婚活サービスもあるため年齢を気にする必要はありません。

「楽天オーネット スーペリア」は女性45歳以上、男性55歳以上限定の結婚相談所です。45歳であればこの中では最も若いため、多くの男性が集まって来るでしょう。45歳以下の方は「楽天オーネット」という同様のサービスが受けられるサービスもあるため、そちらをチェックしてみてください。

楽天オーネットスーペリア[公式]

自分を好いてくれる人がいない焦り

楽天オーネットチャンステスト

今までモテてこなかった、婚活をしてきたがマッチングできなかった、自分に自信がないという方は、婚活の方法を変えてみましょう。

そのような人におすすめなのが、結婚相談所の「楽天オーネット」です。楽天オーネットでは、自分に合った人を各自に合った紹介方法で会うことができます。そのため、カップル成立率が高いのが特徴。

年間約2万人以上が登録をし、会員同士のカップル成立数は約5千人という実績があります。登録時から選任のアドバイザーがいるので、気軽に相談することが可能。カップル成立後でも相談することができます。

結婚相談所とは言っても、ネットを使って婚活を進められるため、アドバイザーへの相談もわざわざ相談所まで行く必要がありません。

出会いの方法としては、Webや会員誌、アドバイザーによる引き合わせ、紹介書、婚活パーティー、写真検索などがあります。

サイトでは結婚チャンステストを無料で行っているので、ぜひ受けてみてください。結婚チャンステストとは、入会前に無料でもし自分が入会したらどんな人と出会えるのか実際の会員の中からデータマッチングして紹介してもらえるものです。

今の自分ではどのような人とマッチングすることができるのか知ることで、自分に自信が持てるのではないでしょうか。

無料で結婚チャンステスト

取り残されることへの焦り

周りの友人がどんどん結婚していて、自分だけ取り残されるのが怖いと焦っている方は出会えるスピードがはやい結婚相談所で婚活をするべきです。

出会いまでのスピード面でおすすめなのは、「ゼクシィ縁結びカウンター」です。入会から1ヶ月以内に8割の人が出会ってデートまで成立させています。また、他社と比べ活動しやすい価格設定になっています。

入会金は3万円で、月会費9,000円〜以外、初期費用・お見合い料・成婚金は一切かかりません。

まずは無料相談会に行ってみませんか。ゼクシィ縁結びカウンターへの無理な勧誘はなく、結婚のプロと無料でじっくり話をすることができます。

結婚への焦りも誰かに打ち明けることで軽くなるはずです。

ゼクシイ縁結びカウンター[公式]

結婚相手の候補がいないことへの焦り

結婚したいけれど、恋人もいないし候補すらいない、周りを見渡しても結婚したいと思えるような男性がいないという方は、出会いを増やすためにまずは婚活パーティーに参加してみませんか。

出会いがなければ結婚できないのは当然です。焦る必要はありません。

婚活パーティーとはいってもたくさんありすぎてどれに行けば良いかわからない場合は「PARTY PARTY」がおすすめです。女性は最安値500円から参加できるため、はじめての方でも気軽に足を運べます。

また、PARTY PARTY最大の魅力は種類の豊富さです。PARTY PARTYの婚活パーティーはそれぞれテーマが決まっていて、「爽やか男性」「ラブラブな関係が理想」など選んでるだけで楽しくなるので一度サイトを覗いてみてください。

PARTY☆PARTY[公式]

記事の著者

婚活の悩みをもっと見る