愛するってどういうこと?愛する人に愛される方法

記事の著者:SARAS編集部

大好きな彼氏に愛されたいと思うのは、女性として当たり前のこと。

愛されるということは愛することと同等で、女性からアクションを起こすことで、いい関係が始まる可能性も大いにあるものです。

愛する人をちゃんと愛せるように、愛することや人を愛するというのはどのようなことなのかご紹介したいと思います。女性が愛されるために出来ることもご紹介するので、併せてチェックしてみましょう。

また、好きな人からなかなか愛してもらえないと感じている方は、LINEトーク占いで彼の気持ちを占ってみてはいかがでしょうか。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

愛するってどういうこと?

愛するとは

愛するとは、何かを好んで、すごく可愛がったり、何かを慈しむこと。心から、何かを大切に思うことです。異性や同姓、または人間だけに限らず、動物、物、自然など、形のあるものから無いものまで、すべてにおいて、心から深く大切にするという状態を愛するといいます。

愛とは人間の根源的感情

愛とは人間に根強く備わっている根源的感情です。切っても切り離せない感情です。人との交わりや物などの価値との交わりを可能にする力である感情といわれています。

愛するとは、人間の本能なので、自然な現象のようなもの。愛があるが故に、悲しみや苦しみがあるといっても過言ではありません。人間の感情は、愛を軸にして存在しています。

愛とは憎しみの対立概念

愛という感情はときに憎しみの対立概念になることもあります。愛があるから憎しみが生まれます。愛なしでは、憎しみは生まれません。なので、愛が憎しみに変わるということもあるということです。何かを愛するということは、何かを嫌いになってしまう可能性もあるということです。

人を愛するということ

人を愛するとは何かを与えることではなく「状態」

見返りを求めることがないのが本当の愛とか、無償の愛だとか、よく言われていますが、そもそも愛するとは何かを与えることではなく、状態です。

何かを一方的に与え続けている状態は愛しているというよりも、見返りもないのに与え続けている自分を愛しているという自己愛で、自己満足にすぎません。本当に愛する人に出会った時には、自分が何かを与えているということすら意識することはなく、無意識に与えてしまっている状態になっていて、それに気付かないものです。

「まめ」であること

まめであることは、相手の都合を考えながら、迷惑にならないように気遣っていいタイミングでアプローチすることです。

しつこくもなく、インターバルが長すぎない適度な連絡は、相手の負担にもならず、疎遠になることもありません。誰かに気にかけてもらっていることを実感でき、安心感を得られると相手のことを少しずつ信頼できるようになります。

恋愛においては、まめであることは人を愛するということです。

相手のことをいつでも思うこと

人を愛するとはいつでも心の中に、愛する相手がいることです。仕事をしている時も、遊んでいる時も、楽しい時も悲しい時も、いつでも愛する相手のことが頭から離れないこと。

相手に何かを与え続けるばかりではなく、何もしていない時にでも相手のことが、心の中に存在するということは、人を愛するということです。

自分を愛するということ

自分の弱点を知っている

好きな人の前では、自分のダメな部分を知られるは嫌なものです。しかし何でもできる完璧な人なんかいないのですから、あえて取り繕うのはやめましょう。
愛されたいと思うなら、恐れずにそういう部分を隠さない勇気を持つことも大切です。

互いを理解しながら築いていく信頼関係は、愛し愛されるうえで大切なポイントです。

自分を受け入れること

しっかり自分を受け入れることができていない人には、人を愛することはできません。自分を受け入れなければ、他人を受け入れることもできませんし、自分を信じなければ、相手を信じることもできません。自分を愛するとは、自分を受け入れることです。

自分を大切にすること

自分を大切にしなければ、相手を大切にはできません。自分を愛するとは自分を大切にすることです。なので一方的な愛しているという感情だけで、相手を一方通行に愛して、自分が傷つくというのは、自分を大切にできているとは言えません。

人を本気で愛せる人は、自分も大切にしています。自分を大切にするには、諦める勇気も必要ということでもあります。

愛していても別れてしまう理由

愛は憎しみに変わるから

愛していても別れてしまう理由は、愛は憎しみに変わる感情だからです。本当の愛なら別れることはないと言いますが、本当の愛ほど憎しみに変わりやすい傾向にあります。そこで、失敗や過ちを許せるか許せないかがポイントになります。

自己愛ではなく本当に愛しているのなら別れませんが、自己愛で自分の方が大切になってしまうと愛していても別れてしまいます。

自分を愛せていないから

自分を愛せていない人は、人を愛すこともできません。自分を愛せていない結果、愛していても別れてしまうという結果になることは、少なくありません。

なので本当に愛していて別れたくないのなら、自分を大切にしましょう。自分が健康であること、傷つかないことも、相手を大切にすることと同じです。

依存してしまうから

依存してしまうと相手にとって自分が重い存在になってしまうので、別れてしまう可能性があります。愛していても、度を超えてしまうと、我慢できなくなることもあるので、相手に依存しすぎないように、自分磨きに時間をかけたりして、彼のために、内面も外見も磨いて輝ける女性になるように努力しましょう!

愛する人に愛される方法

褒めるようにする

褒められて嫌な気分になる人はいません。どんな小さなことでも構わないので、あなたがスゴイと思えることや素敵だなと思える部分を見つけて、心から彼を褒めましょう。

できれば、なるべく具体的に褒めてあげられればベストです。普段から彼のことをよく観察して、彼の素敵な所を探しておくと良いですね。

依存体質にはならないようにする

恋愛をしていると少なからず相手に依存してしまうことってありますが、度を超すと大変なことにもなります。依存体質というのは、それなしには生きられないとか、遠ざけることが出来なくなる、という症状です。

そのような過度の恋人依存は「重い女」のレッテルを貼られてしまいます。彼に大切にされたい、愛されたいと思うなら、まずは自分が自分自身を大切にしましょう。

恋人が全てになる前に、趣味を深めたり、習い事を始めたりなど、ひとりの時間を楽しむ工夫をすると良いですね。彼は自分の知らない彼女の魅力があることを知り、さらに興味を持つことになります。

美味しいご飯は最大の武器

簡単な献立で良いので料理を頑張ってみましょう。高級食材を使ったり、ご馳走である必要はありません。

愛情いっぱいの美味しいご飯を作れることは妻として最大の武器になります。美味しいご飯を食べてもらいたいという気持ちが相手に通じれば成功です。

たとえ都合で出来合いのものになったとしても「簡単なものでゴメンね」の一言を添える配慮を持つだけで全然違ったものに感じます。男性の胃袋を押さえることも愛される女の必須条件です。

いつも笑顔を心がける

第一印象がその人を決定付け、後々まで影響することは多々あります。近寄りにくい人だという印象を与えてしまうと、よほどの出来事がない限り払拭出来ません。

その人の印象は自分が決めることではなく周囲が決定することです。今よりも愛されたいと思うなら、誰に対しても意識的に笑顔を心がけてください。慣れるまでは大変でしょうが頑張って笑顔を向けましょう。口角をキュッとあげるだけでも印象は違ってきます。

そうすれば好感度はどんどん上がって、愛してる人に愛される女性になることができます。

まとめ

愛する人に愛されるためには、さまざまな努力が必要ですが、中には「どんなに頑張っても愛してもらえない」と感じる方もいるのではないでしょうか。

今の彼に愛してもらえないという悩みの他にも、今まで男運がなく、しっかりと愛された試しがないと感じている方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、LINEが公式で運営している占いサービスの「LINEトーク占い」です。

総勢600人の占い師の中から自分の悩みに合った占い師を探すことができるので、「今の彼との相性を知りたい!」「自分の男運が気になる」などなど、ニーズに合った占いを受けることができます。

1分100円からというお得な価格設定なので、お手軽に利用してみて下さいね。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

関連記事:ちょっとの工夫で全然変わる!愛される人の特徴7つ