カップルに温度差が生じる原因と対処法:申し訳なさやつらさを解消しよう!

記事の著者:seinyaaaaOL01

恋人と付き合っていくと、多かれ少なかれ考え方の違いを感じるもの。最近では、趣味や生活習慣についての価値観の違いだけでなく、恋愛についての考え方の違いもよく話題に上がります。

最初は2人とも同じ気持ちのはずだったのに、このような温度差はどうして生じてしまうのでしょうか。

そこで今回は、カップルに生じる温度差の原因と対処法についてご紹介していこうと思います。

彼が盛り上がりすぎている、あるいは自分が盛り上がりすぎていることが原因で彼とぎくしゃくしている方は、ぜひチェックしてみてください。

彼氏との間に温度差を感じる瞬間

1. 毎日のように電話やメールをしてくる

毎日毎日、いつでもLINEや電話でつながりを保とうとする彼氏。このような精神的に大人になりきれていない彼氏との間には、どうしても温度差を感じてしまうものです。

もしあなたは依存性の強い相手が苦手なら、小さな子どものように常に誰かに構ってもらわないと気が済まない彼氏との恋は成立しないでしょう。

2. 趣味が合わない

彼氏に趣味があることは別に悪いことではありませんが、それに没頭し過ぎている彼氏にとっては、あなたと過ごすよりも趣味に費やす時間の方が重要になってしまうことも。

こうなると話は別です。彼の口から出てくるのは趣味の話ばかりでありながら、あなたは彼の趣味に全く興味を持てず、それどころか放置されてしまう。趣味の違いも温度差の要因になりやすいといえるでしょう。

3. 金銭感覚が理解できない

どうやってお金を用意したのかと言いたいくらい高価なブランド品を所有している人もいれば、ボロボロになった服をいつもまでも着ているような非常にケチな人もいます。

また、見栄を張ってどう考えても返済不可能な額の借金をして高額商品を購入するケースも。

もしあなたと彼氏との間で、そういった極端な金銭感覚の差異があった場合、共同生活もままならないほどのすれ違いが生じてしまいます。

4. 衛生観念の相違


2~3日お風呂に入らない、毎日パンツを履き変えないことを普通だと思っている人もいます。

逆に極度の潔癖症により、たとえ家族であっても自分以外の人間が触れたものは汚いと考えている男性も。最悪の場合はあなたとのスキンシップを拒否されてしまいます。

5. 社会的役割に対する考えの相違

結婚後、男性はあなたに主婦として家庭を守ってもらいたいと考えていることが少なくありませんが、現代は女性の社会進出が叫ばれている時代であり、女性側も結婚後も仕事を続けたいと考えているケースが多数。

女性にとっては生き方に関わることでもあるため、この部分でカップル間の考え方に差異がある場合は、結婚後のビジョンの違いなどから温度差が生まれやすいといえます。

6. 食生活が受け入れられない

好き嫌いが多く、野菜は絶対に食べない、お酒は浴びるほど飲むといった彼氏と同棲したり結婚したりする場合、苦労することも必然的に多くなってしまいます。

彼の好き嫌いに合わせた食事を作るのも大変、彼の飲酒サイクルについていくのも大変。そんな食生活の差異があまりにも大きいと、相手に対して気持ちがどんどん冷めていくため、カップル間の温度差につながってしまうようです。

カップル間に温度差が生じる原因

元々恋愛が盛り上がるまでには男女差がある

男性は恋愛をするまでに熱心になる傾向がありますが、女性はむしろ付き合ってからの関係を築くことに熱心になります。

また、恋をすると突き進んでいく男性は多いですが、女性はアピールされすぎるとむしろ引いてしまいますよね。

このように、恋愛に対する考え方自体に温度差が生じることもあります。

お互いに優先したいものが違う

自分にとっては恋人が1番大切で何よりも優先したくても、相手はそうではないことがよくあります。この優先順位の差も、2人の間で温度差が生まれてしまう大きな原因です。

2人できちんと話し合うことが解決への近道ですが、どうしても理解してくれない時には自分も恋人以外に優先したいことを見つけてみましょう。

センスが違いすぎる

センスの中でも、温度差を生む大きな原因になるのがファッションセンスです。特に自分でおかしいということに気がついていない相手だと、その差を埋めるのは至難の業。

一緒に雑誌を見たり、服を見に行ったりするのがおすすめですが、どうしてもだめなときはきっぱり諦めましょう。

とはいえ、相手のことが本当に好きなら、きっとその差も受け入れられるはずです。

結婚に対する考え方が違う

女性と違って、男性には出産のリミットもなければ、結婚願望もない人がとても多いです。

自分は彼との結婚を真剣に考えていても、相手は全く考えていなければその温度差にがっくりしてしまうのも無理はありません。

自分の幸せは何なのか。果たして結婚なのか。結婚であるならば、相手はその人で良いのか。じっくり自分に向き合う段階に入っているのではないでしょうか。

温度差を感じたときの対処法

彼の方が盛り上がっている場合①:向き合ってあなたの気持ちを伝えよう

彼氏の方が盛り上がっていると、愛されている上に要求を押し付けるようで、彼に対して申し訳ないような気になり我慢してしまうことも少なくないかと思います。

ですがそれは逆効果。あなたの気持ちをきちんと伝え、何が嫌だったのか、何を直してもらいたいのか冷静に話し合ってみましょう。彼は自分の非に気づいて直してくれるかもしれません。

彼の方が盛り上がっている場合②:言葉を受け流すスキルを身につける

いちいち重い言葉を言われても、あなたはどんどんストレスが溜まっていくだけ。あれよあれよという間に彼のことが嫌いになっていってしまいます。

そんな事態を回避するために役に立つスキルが聞き流しスキル。適切なタイミングで彼の言葉をおうむ返しにしたり、彼が最後に言った言葉に対して質問を投げかけたりするだけでも、きちんと聞いているように聞こえるもの。

あまりに重い言葉を言われても、聞き流しスキルを発動してストレスフリーなカップル生活を送りましょう。

彼の方が盛り上がっている場合③:他の人を探す

彼があまりにも重すぎて対処しきれない場合は、他の出会いを探すというのもひとつの手。

新しい出会いを探すのにぴったりなのがマッチングアプリです。Pairs(ペアーズ)は会員数570万人を誇る、日本最大級のマッチングサービス。毎日3000人が新規登録しているため、どんどん出会いの幅が広がっていくことが魅力です。

また、ペアーズはFacebook認証システムを採用しており、気軽に登録できるのも嬉しいポイント。煩雑な登録作業をカットできるため、すぐに出会いたい人でも安心です。

あなたの方が盛り上がっている場合①:趣味に打ち込もう


彼へのあなたの気持ちが大きすぎ、アンバランスなカップル関係になってしまっている場合は、彼以外のことに一生懸命になるのがおすすめです。

かねてから興味のあった趣味や資格などの勉強に打ちこみ、一時的に彼を忘れるのが目的。最近はカラーコーディネーターやアロマソムリエなどのユニークな資格が多数登場しているので、自分の興味の赴くままに試してみてはいかがでしょう。

とはいえ、趣味がない方も中には存在するはずです。そんな方におすすめなのがブームのヨガ。ホットヨガスタジオLAVAは、全国に270店舗を展開する大手ヨガスタジオ。充実した初心者サポートが魅力です。初心者だからと言って怖がる必要はありません。

あなたの方が盛り上がっている場合②:彼氏と会わない期間を決め、自分磨きに専念

彼氏と会わない期間を決め、それまで自分磨きを頑張るといったような一種の「彼氏断ち」は、重すぎる彼女が取るのにぴったりな対処法です。

たとえば2週間会わないと決め、それまでに◯キロ痩せるといったような目標をセットし、その目標達成に向けて尽力するというのがこの仕組み。うまくいったときには彼氏を驚かせることができるというのがこの方法のミソです。

話題のRIZAP(ライザップ)をはじめとするダイエットジムで、シェイプアップに励んでみてはいかがでしょう。RIZAPは独自のメソッドにより、計7万人ものボディメイクをサポートしてきた人気ジムとして広く評価されています。

RIZAPをチェックする