facebookでステータスを交際中にするメリット・デメリット:男性の本音も紹介!

記事の著者:chie.n300

みなさん、facebookは活用していますか?facebookにはいくつかステータスを設定することができ、誰かと「交際中」であることも表示できるのは知られています。

彼氏も自分もfacebookをやっている場合は交際中とアピールするべきか否か、ちょっと悩んでしまうところですよね。

今回は、facebookで交際中と表示するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

1.ライバルが彼氏をあきらめてくれる

ライバルがいる中でその彼氏をゲットした場合、facebookで交際中とアピールすることには強いメリットがあります。

彼と自分との仲がfacebook上でオフィシャルなものとなるので、しつこくアプローチすることは避けて諦めてくれる可能性が大きいからです。

「彼氏があの子に取られちゃったらどうしよう」と悩んでいるなら、これを使わない手はありません。

2.その気のない男に言い寄られなくなる

facebook上に投稿すると、別に仲がいいわけでもない異性からやけに馴れ馴れしくコメントが来てうんざりする事ありませんか?。

交際中であることをfacebookでアピールする事でそれをシャットアウトし、あなたに下心がある男友達がうかつにコメント出来なくするメリットがあります。

きわどいコメントをされて彼氏を心配させる状況も減るので一石二鳥ですね。

3.公私ともに認める、真剣なお付き合いになる

仕事仲間やプライベートの友達、いろいろな人が見ているfacebookで交際中アピールすることで誰もヘタなことは出来なくなります。

それぞれが出来心で浮気をした時や、彼氏やあなたにちょっかいを出してくる人が居れば誰かしら気付いて注意をしてくれます。

カップルである自覚や絆が深まるのも、facebookで交際中ステータスにすることのメリットと言えるでしょう。

デメリット

1.男友達が減る

交際中であることを公にすることによって、男友達が減ってしまうというデメリットがあります。

といっても、離れていく人がみんな「あなたを狙っていた」というわけではなく、彼氏に対して遠慮してしまう場合が多いです。

趣味を語れる男友達には離れてほしくない、実は今の彼氏に満足していなくて密かに募集中!という場合はfacebookで交際中ステータスにするメリットは少ないです。

2.炎上することもある

「わざわざ交際中アピールしなくても」と、交際アピールする事自体を白い目で見る人がfacebookユーザーの中にいるのも事実です。

問題はウォールなどで目立ってしまい、心無いコメントを受けて炎上してしまうパターンです。

いちいち対応しても火に油を注ぐだけで疲れるだけなので、変なコメントがあっても事態が収まるまで待つのみです。

3.別れた時に気まずい

交際中はそれで問題なくても結婚というゴールがなければ、ほとんどのカップルがいつかは別れてしまうもの…その時になって気まずくなるのがデメリットです。

ステータスを変更、または元に戻すことによって別れたことが周囲にバレバレになり多少は冷やかされたり、同情のまなざしで見られることもあるでしょう。

また、周囲が変に気を遣ってしまうということもあり、交際中ステータスにするのは本気度の高いお付き合いだけにしておくのが無難です。

交際ステータスに関する男性の本音


メリットとデメリットを確認してみましたが、やはり大好きな彼氏にステータスを変更してもらいたいと思う女性も多数存在するはずです。では、男性は交際ステータスの変更をどう思っているのでしょう。男性の本音を紹介していきます。

「ラブラブアピールがしたいから大歓迎!」

男性の中には、彼女と付き合っているという事実を積極的に公表したい、という人も一定数存在します。彼女がいる幸福感をそれとなく自慢したいのだとか。

また、彼女に対する愛情表現の一環として、ステータス設定をしている人もいるようです。交際を公にした方が、彼女は愛されていると感じられるはずだという気遣いの模様。

「自分の彼女がバレたら嫌だからやりたくない」

一方で、交際ステータスを設定したがらない人も。彼女を特定されたくないという人がその代表です。

実名登録が基本のFacebookはtwitterやinstagramに比べて公式度が高く、仕事関係から同窓生まで様々な人とつながるものであるため、あまり内輪ネタで盛り上がるような雰囲気のコミュニティではありません。

そのため、さして親しくもない人にまで自分に彼女がいると知れ渡ってしまいます。そんな事態を避けるため、ステータス設定をしない人もいるのです。

「別れたときに困るから設定しない」

今はラブラブであっても、2、3年後まで同じように仲良くやっていけているかわからないーーそういった考えの人は、リスク回避のために設定を拒むことが多いようです。

確かに、別れた後ステータスを「独身」に戻すのは気まずいですよね。こっそりとするのでしょうが、ばれてしまった周囲からの追及が大変です。

また、別れたあとも、交際ステータスにタグ付けしていた相手は親密な人だとFacebookに判断されるため、彼の投稿がフィードの上に来てしまいます。元彼の投稿を永遠に見せられるというのも酷なものです。

「彼女に合わせる」

特に興味もないので彼女に合わせる、という意見もありました。

彼女がステータスを設定したがったら自分も設定する。したがらなかったらしない。というのも、交際ステータスをめぐるカップル間の考えのすれ違いは、時として大きな揉め事になってしまうこともあるからです。

その予防策として、設定は彼女次第という姿勢なのでしょう。

彼氏に交際ステータスを変更してもらうには

交際ステータスを設定している友人カップルの話をする

知り合いの友人カップルで、交際ステータスを「交際中」に設定しているカップルはいませんか?こういったカップルが身近にいる場合、彼にそのカップルが羨ましいと伝えてみてはいかがでしょう。

「〇〇ちゃんと✕✕くん、交際ステータス設定してるんだ。いいなあ、愛されてる感じがするね」。そう伝えると、彼もあなたを喜ばせたい気持ちから交際ステータスを設定してくれるかもしれません。

あえてステータスを「複雑な関係」に

彼女のステータスが「複雑な関係」だと、彼氏はまず「俺とうまくいっているはずなのにどうして?」びっくりしてしまいます。

そこで彼氏があなたに理由を尋ねたときがチャンスです。「〇〇くんが交際ステータス設定してくれないから、それって複雑な関係だなって思って…」など、可愛く拗ねてみせましょう。

そこまでして交際中にしたかったのか、と彼の目にあなたがとても可愛らしく映るはず。

自分だけでも設定してしまう

彼が交際ステータスを設定してくれないのは寂しいですが、彼には彼なりに譲れない理由があるのかもしれません。もしそうだった場合、あまりあなたが設定を迫っても逆効果。彼も頑なになってしまいます。

そんなときは、あなただけが先に交際ステータスを設定してしまいましょう。ここの時点では、彼のことをタグ付けしないのがポイント。勝手にタグ付けしてしまうと、彼は不快に思うかもしれません。

そして時間が経ち、あなたの交際ステータスが馴染んできたところで、自分のステータスに彼をタグ付けしてもいいかお願いしてみてください。2度目であれば、彼も首を縦に振ってくれるかもしれませんよ。