元彼と復縁成功するまでの基本的な流れ・守るべきルール

記事の著者:2014893

元彼と復縁することは簡単なことではありません。

しかし、方法によっては復縁を成功させることができるようになります。

別れた元彼と復縁するには、様々な流れが存在するのです。

では、失恋から復縁に至るまで、どういった流れがあるのでしょうか。

今回は、元彼と復縁するまでの基本的な流れや、守るべきルールについてまとめました。

ぜひ参考にしてください。

復縁成功までの流れ

復縁成功までには、守るべきルールや基本的な流れがあります。

この方法を守ることによって、復縁をスムーズに成功させることができるのです。

それでは、チェックしていきましょう。

謝罪をしよう

どちらが悪かったのかは、カップルによりますが、まずは謝罪をし、お互い頭を冷やそうという趣旨をメールなどで伝えましょう。

別れたあとに謝罪の連絡をすることで、その後の復縁をスムーズにさせることができます。

相手の胸を打つような感動するメールをしっかりと送り、その後は復縁を迫ることなくおとなしくしておきましょう。

そうすることで、復縁の成功をぐっと上げることができるようになります。まずは、相手にしっかりと自分の誠意を伝えられるよう、連絡を取ることが大切です。

冷却期間を設けよう

相手と別れてすぐ、謝罪メールを送ったら、その後は冷却期間として数か月~半年程度のスパンで間を作っておきましょう。

その間に自分磨きをし、冷却期間が明けたらすぐに連絡を取ります。

ドキドキすることが無くなった、女性として見れなくなったなどの理由で別れた場合は、この方法はとても効果的です。

冷却期間明けに自分磨きをした女性を見ることで、元彼は「こんなにかわいかったかな?」と思うこともあります。

冷却期間内に連絡を取ると、うっとうしいと思われることが多いですが、しっかりと間を空けることによって、より効果的に見せることができるのです。

相手も考え直してくれる確立が高くなりますので、必ず3か月以上空けてから再度会う約束を取り付けましょう。

相手の気を引こう

相手は、自分のことをいつまでも好きでいてくれるだろうという安心感で、ほかの女性と良い感じになったり、浮気ではありませんが、ほかの子と遊んだりして楽しむことがあります。

相手は、それでも復縁を申し込んでくるだろうと安心しているのです。

そういった場合は、自分もわざと嫉妬させたり気を引くようなことを言ったりするなど、行動に移すことが大切です。

そうすることで、相手もあなたのことが気になり始め、改めて手に入れたいと考えるようになるでしょう。

駆け引きはとても重要ですから、相手の都合のいいようにだけ扱われることがないよう、注意してください。

時には自分が主導権を握ることも大切です。しっかりと駆け引きをして、復縁を成功させましょう。

価値観を合わせていこう

考え方が違う、価値観が違うという理由で別れた場合、その反対である「あれ、思ったよりも同じ感覚をもっているな?」というものが必要になります。

別れてからも未練があり、復縁したい場合は、まず相手との価値観を合わせていくことから始めましょう。

相手を理解することによって、価値観の差異をなくすことができます。

守るべきルール

ここまで見てきたように、失恋から復縁をするまでには、様々な流れや方法がありました。

しかし、その中で必ず守らなければならないルールも存在します。

例えば、決めた冷却期間を破り連絡を取ることは、逆効果になりますから注意してください。

また、冷却期間とはいっていますが、その間お互いフリーです。そのため、相手に新しい恋人ができている可能性もあります。

その時は、無理矢理別れさせることなどが無いようにしてください。

相手の意見も尊重しつつ、復縁に向けて努力を重ねていきましょう。そうすれば、相手も誠心誠意の心で応えてくれます。