マッチングアプリでのデートの誘い方:初回&2回目編

記事の著者:639282

マッチングアプリでマッチングしたまでは良いものの、その後デートに誘うための手順や流れが分からず、迷ってしまう人は多いでしょう。

せっかく気になる人とマッチングしたのなら、やはり実際にデートするところまでこぎつけたいものです。

ネットの出会いだからこそ、一度チャンスを失えば二度と会えなくなってしまう可能性は高いでしょう。

そこで今回は、マッチングアプリで気になる男性をデートに誘う方法を紹介します。

マッチングアプリで男性をデートに誘う方法

マッチングアプリで男性をデートに誘うためには、ちょうど良いタイミングで、「この人と実際に会ってみたい」と思ってもらえることが重要になります。

相手の男性には、自分以外にもマッチングしている女性がいるでしょう。

マッチングした女性全員とデートをする人は少ないですから、その中でもデートをしたいと思われるような女性になる必要があるということです。

では、最初のデートと2回目のデート、それぞれの誘う方法を確かめてみましょう。

初回

まず初回は、お互いの趣味や好きなことなどに触れながら、話を盛り上げていきましょう。

マッチングしたからといって、「マッチングありがとうございます。いつ会えますか?」といきなり切り出すのはやめましょう。

なぜなら相手の男性は、マッチングした女性がサクラや悪質な業者ではないかどうか疑っている気持ちもあるからです。

早すぎるタイミングでデートに誘い出すと、100%サクラや業者であることを疑われます。

そもそもマッチングアプリではなく、実際に男性と距離を縮めてデートの約束をするときも同じでしょう。

基本は、最初は二人の仲を温めてからということになるはずです。

そのために、好きなものや趣味のことなどについて触れながら、話を盛り上げていくことは重要になります。

そのうえで、しばらくやり取りしたら、デートの約束を切り出すためにLINEなどの連絡先を聞き出してみると良いでしょう。

2回目

2回目のデートの時には既にLINEなどの連絡先を聞いているでしょうから、直接LINEを送ると良いでしょう。

なるべく初回のデートの際にも次にはどこへ行くかなどの話をし、デートに行くムードを盛り上げておくと良いかもしれません。

初回のデートは普通の食事などが多いでしょう。

そのため2回目は一緒に水族館や映画に行くなど、二人の趣味に合わせたものに寄せるのも効果的です。

初回のデートが楽しかったからまた行きたいということを強調し、なるべく数日以内には誘う連絡を入れられるのが理想的でしょう。

タイミング

初回のデートで誘うタイミングとしては、最低でも5~6通メッセージのやり取りを重ねた後が望ましいとされています。

前述したように、早すぎると警戒される恐れがあるからです。

しかし、逆に遅すぎて慎重派になってしまうと、相手はさすがにしびれを切らして他の女性の方へ行ってしまうでしょう。

体験談

最後に、男性をデートに誘った女性の体験談を見ておきましょう。

焦りすぎて逆に嫌われてしまった

顔が好みだったため「逃したくない」という思いが強くなりすぎてしまい、焦るあまりすぐに「デートしましょう」と送ってしまったせいで、嫌われてしまったという体験談があります。

男性は、やはりサクラや業者に騙されることをかなり警戒しているのでしょう。

あまりに早くデートのお誘いをした結果、相手からは「サクラならいいです」と一蹴されてしまったようです。

まとめ

相手をデートに誘うためには、自然なかたちで会う流れに話を持っていくことが重要になります。

「この音楽、私も好きなんです」と自己紹介がてら趣味について話していたら、「もっと話したいから」という自然な流れで会うことが決まったという人は多いようです。

お互いのプロフィールに触れながらノリ良く明るく、まずはとにかく仲良くなることを意識してというのが、一番のデートの流れを作るコツなのでしょう。