元彼との復縁を諦める方法

記事の著者:2014893

元彼との復縁は、場合によってはスムーズに行えることもありますが、それは稀なケースです。そのときの状況や彼との関係によっては、復縁をあきらめなければなりません。

では実際に、どうやって諦めればいいのでしょうか。辛いことですが、コツをつかむことで吹っ切ることが可能です。

今回は、元彼との復縁を諦める方法についてご紹介します。元彼との復縁関係で悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてください。

復縁を諦めるべきタイミング

復縁を諦めるタイミングで最も適しているのは、復縁を申し込んでも音沙汰がなく、元彼の態度が一定して変わらなくなって1年が経過したタイミングです。

それまでは何度か粘ってみることをおすすめしますが、それでも変わらない場合は、あきらめましょう。

半年までは期間を空けることで復縁の可能性を広げることができますが、なかなか簡単な事ではありません。

そのため、復縁を一定の期間で望めない場合は諦める方がいいでしょう。期間の設定は人それぞれですが、1年を上限としている方は多いです。

脈無しの状態で何年も待ち続けるのは辛いですし、元彼はもうほかの彼女を作っている可能性もあります。

ある一定の期間が過ぎたら、きっぱりと諦めるように心作りをしておきましょう。

諦める方法

元彼とはいえ、ずっと好きだった相手と別れてしまったら、気持ちの整理を付けることができない人は多くいるでしょう。

そういった人でも、復縁は望めない場合はしっかりと諦める必要があります。復縁することだけが幸せとは限りません。

趣味を増やすことや、新しい出会いに目を向けること、自分磨きをするなどして自信を持てるようになるなど、元彼のことを考えないようにする環境を整える必要があります。

たゆまぬ努力を行う事によって、きっぱりと諦められるようになるでしょう。

また、趣味などに没頭することができれば、元彼に執着していた気持ちも和らげることができます。

諦めない方がいい恋愛の特徴

諦めるべき恋愛もあれば、諦める必要がない恋愛もあるのです。

大体の恋愛は、1度別れたらもう会うことはなかったり関わりがなくなったりします。しかし、別れてもお互いがまだ好きな場合などは、待っていれば復縁のチャンスを得ることができます。

また、男性が夢のために一時的に別れるなどの理由もありますから、一概に諦めるべき、という結論を出すことはできないのです。

そうした特殊な理由で別れてしまった場合は、諦める必要はありません。

彼と話合いをし、待てるだけ待ってみましょう。最後には幸せになることができるはずです。

諦めた方がいい恋愛の特徴

男性は、いつまでも女性が自分の事を好きだと勘違いする傾向にあります。

そのため、やみくもに復縁を迫ると体だけの関係を迫ってくることもあるでしょう。好きだからとその関係をゆるしてしまうと、もう絶対に恋人だったときの関係性に戻ることはできません。

そういった男性のずるい部分を見せられた場合は、すぐにその男性のことを諦めるようにしましょう。そうすることで、自分の身も心も守ることができるのです。

自分を守れるのは自分だけですから、復縁でなく体の関係を迫ってくるような男性の場合は注意してください。

まとめ

復縁を諦めることで、得られるメリットは多くあります。それまで恋愛を第一に考えてきたときとは異なり、自由に行動することができるのです。

また、元彼に囚われなくなったことで、自分磨きなどにも時間を取れるようになり、自分に自信を持てるようになります。

輝く女性を放っておく男性はいません。元彼を諦めたことで、新しい出会いを見つけることができるようになるのです。悲観することなく、前を向いていきましょう。