不倫問題に強い弁護士・見るべき5つのポイント

記事の著者:2200275

不倫をされてしまい慰謝料をとって離婚したいと思ったとき、どんなことを参考にして弁護士を選びますか?

自分の周りでも、不倫による離婚裁判をした経験のある友人というのは、なかなかいないかも知れません。

そんな時に通常は、インターネットなどで法律相談事務所などを検索しますが、件数が多すぎてどこの弁護士が良いのか判断はとても難しく感じるでしょう。

今回は、そんな離婚専門の良い弁護士を見分ける5つの方法をご紹介します。

不倫問題に強い弁護士を見極めるポイント

弁護士に依頼するのは、決して安い買い物ではありません。しかも必ず勝たなければ、これからの未来にも大きく影響してくる重大なものです。

しかし、どのような判断基準で弁護士を決めればいいか分からないという人に、どういったポイントをみていけばいいのかをご紹介します。

離婚裁判を検討中の方は、必ず目を通して参考にしてはいかがでしょうか。

話を聞いてくれて説明もわかりやすいこと

まずは、コニュニケーションがしっかり取れることが、何よりも大切なことです。

離婚や不倫の慰謝料請求などを専門にした弁護士であれば、理由は違えど、沢山の離婚案件を抱えているでしょう。

その中でも一人一人の話に耳を傾けられる人が、良い弁護士の基準です。中にはドライで細かい話を端折ったり、手短に話を進めようとする弁護士もいるでしょう。

また、離婚案件だけでなく、裁判や調停などの流れだったり、詳しい内容は専門知識のない素人には理解することが難しい場合があります。

そんな素人に対してもわかるように、何度でも説明してくれる弁護士を選びましょう。

不倫や離婚関係の案件の経験が多くある

弁護士の中でも得意とする専門分野があり、民事裁判に強いからといって刑事裁判に強いとは限りません。

知識が豊富だったとしても、扱う案件は全て同じものはなく、関係している人間も違うので、豊富な経験や実績がある弁護士を選びましょう。

ネットなどに掲載していなくても、弁護士本人にどういった案件を扱ってきたのかなど、実務経験を確認することはとても重要です。

金額の説明がしっかりしている

裁判が長引いて行ったりすると、弁護士への依頼料金も上がってくることもあるでしょう。

そんな時でも、しっかりとした料金の話を理解できるような説明ができる弁護士を選ぶことが大切です。

料金の設定なども、その弁護士事務所や弁護士個人によって変わってくると思いますが、高いから良いわけではなく、料金よりも信頼性があるのかもしっかりと判断しなければならないので注意しましょう。

報連相がしっかりしている

料金の話だけでなく、どんどん状況が変わっていく中で、勝手な判断で進められては困ります。

しっかりと、「今の状況は〇〇でこれからこの段階に入ります」などと、こまめな連絡をしてくれる弁護士を選びましょう。

こちらの事情も変わっていくこともありますし、「忙しかったので連絡が遅れてしまいました」などという弁護士は、厳しいようですがプロとは言えません。

大手だからといって安心してはいけない

大手の法律事務所だからといって、良い弁護士が揃っているとは限りません。

一人の有能な弁護士以外は、新人ばかりの弁護士事務所も、もちろん存在するのです。

大手の弁護士事務所の場合、扱う案件数が多かったり、しっかりと時間を取ってくれないこともあるかもしれません。

口コミも大切ですが、自分で足を運んで顔を合わせてから判断することも大切になってきます。

まとめ

今回は、不倫問題に強い弁護士の見分け方を見ていきました。

このように実際の経歴や実績、裁判での勝率、それと同時に、「この人に任せたい」と思える人間性を持っているのかをきちんと見極めることが重要になってくるでしょう。