元彼との復縁のきっかけ8選:タイミングが大切!

記事の著者:2014893

別れた彼氏が忘れられない、彼こそが自分の運命の相手だったと思う女性は少なくありません。

元彼と復縁するためには、タイミングやきっかけ作りが何よりも大切になります。タイミングを間違えると、復縁は遠のいてしまうのです。

そこで今回は、元彼と復縁するきっかけについて詳しくご紹介していきます。

復縁の可能性や確立を少しでも上げられる方法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

元彼と復縁するためのきっかけ8選

元彼と復縁するためにはどういったことに気をつけ、どのタイミングで切り出せばいいのでしょうか。

ここからは、元彼と復縁するために必要なきっかけについて紹介していきます。

半年以上はスパンを空ける

元彼と復縁を希望する際、早く恋人関係に戻りたいあまり、別れてすぐに連絡をしつこくとろうとしたり、何度も復縁を迫ることは絶対にしてはいけません。

男性は1度別れを決意すると、しばらくはそういったことに関して縁を切りたくなるのです。

無理に早く関係を戻す必要はありません。焦ることなく、最低でも半年は期間を空けてから連絡を取るようにしましょう。

自分磨きを怠らない

復縁するためには、相手に「魅力的だ」と思われなくてはいけません。そのためには、復縁を迫る前にまず、自分磨きからおこないましょう。

自分に自信を持てるようになったタイミングこそ、復縁のきっかけになります。

元彼に努力した姿を見せることで、「こんなにきれいだったんだ」と再度思わせることができます。

まずは、自分としっかりと向き合う時間を作りましょう。

借りていたものを返す

借りていたものがある場合は、それを口実に会うきっかけを作りましょう。

少し時間を空けて、ほとぼりが冷めた後にタイミングを持ってくると、復縁のきっかけを掴みやすくさせてくれます。

別れてすぐに返してしまうと、きっかけがなくなってしまうので注意しましょう。

また、すぐに処分できるものなどは、「返さなくていい」と言われることがあるので、絶対に返さなければならないものなどをあらかじめ借りておくと、きっかけ作りに役立ちます。

連絡先を変更する

別れて少ししたタイミングで、意図的にアドレスやライン、電話番号など、変更できるものはしておきましょう。

変更したタイミングで連絡を取れば不自然になりません。そこから、近状報告などに持っていくことができます。

連絡のきっかけさえつかめれば、お互いフリーの場合はすぐに復縁の話に持ち込むことができるでしょう。

あくまでもさり気なく連絡先を変えたことを連絡することが大切です。

相談事を持ちかける

別れた後でも、自分を頼って相談してくれる女性のことをないがしろにできる男性はいません。

そのため、何か深刻な相談事があることを連絡し、会うなどして相談しましょう。

弱っている姿を見せることで、「支えてあげたい」という意思が働き、復縁のきっかけになることがあります。

あくまでも自然に相談事を持ちかけることで、きっかけをつかめますが、無理に相談がない場合はしらけさせる原因にもなりますから、相談がある場合にのみ活用しましょう。

SNSでさり気無くアピール

別れてもまだSNS上で繋がりがある場合は、積極的に活用していきましょう。

しかし、「寂しい」「戻りたい」などのネガティブな内容では引かれてしまうので、あくまでも充実していることをにおわせると良いです。

場合によっては、男の影をにおわせることで、向こうが復縁を決意するきっかけにもなります。思わせぶりな内容をさり気なく投稿してみましょう。

誕生日に連絡する

復縁を迫るきっかけとして活用したいのが、誕生日です。

自分の場合は相手から、相手の誕生日の場合は自分からきっかけを作ることができます。

おめでとうという連絡やお祝いしたい趣旨の連絡をし、断られなければ脈ありと思っていいでしょう。

誕生日をきっかけにして、復縁することも可能ですので、別れてしばらく経った後に誕生日がある場合は活用してみてください。

偶然を装って連絡する

同じ街に住んでいる場合など、ふとした時にすれ違ったりすることがあります。

それを活用し、「今日○○にいたよね?」などと連絡を取ってみることもいいきっかけになるでしょう。

連絡が途絶えないよう心地いい関係を保つことで、復縁の可能性が見えてくるのです。

まとめ

今回は、元彼との復縁のきっかけを8つ紹介しました。

きっかけさえつかめてしまえば、復縁をすることは可能です。

しっかりと見極め、相手の迷惑にならない範囲できっかけ作りを考えていきましょう。