不倫をきっぱり断ち切る方法5選:表面的な関係でしかないことを知ろう!

記事の著者:655982

あなたの周りでも不倫をしている人はいるかもしれません。

もしかしたらあなた自身が不倫を現在進行形でしていたり、不倫の経験を持っている方もいるでしょう。

不倫は楽しいといういいところもあるのですが、泥沼の関係になり、不倫相手に慰謝料を要求されたりしてトラブルを起こしてしまったりする場合も結構多いです。

そのようなことがなくても、もう不倫に疲れたり憂鬱さを感じていたりして、不倫を断ち切りたいという方は少なくはないでしょう。

そのような方のために、不倫をきっぱりと断ち切る方法をお伝えしていきます。この記事では不倫を断ち切る方法を5つ紹介していきます。

不倫の特徴

不倫の特徴をまず紹介します。不倫の特徴をよく知ることで不倫をきっぱりと断ち切る方法につながっていきます。

不倫は悪なのか

不倫は悪なのかというような疑問を持つ人はいるでしょう。不倫は愛の一つの特徴なのですが、そう捉えると愛することや好きになることは悪いようには見えません。

恋愛することは自由です。しかし、結婚となると考えは変わってきます。結婚は本人同士の意志があれば結婚することはできます。

でも結婚するには、お互いの家族や親族を巻き込みます。一つの儀式だということもできます。それと子供がいると親はきちんと子供を育てるという大きな責任があります。

法律では不貞行為は禁止されているので、結婚したら基本的には不倫をしてはいけません。

また、精神的にも結婚相手に悪いことをしているということは不倫をする際には考えておかなければなりません。一概に不倫は悪なのかとは断言できませんが、良いこととは到底言えないのです。

何故不倫をするのか

不倫はリスクが高いのですが不倫をする人はいなくなりません。好きや愛は人間の理性を働かせなくなる場合があります。

そのため、頭ではしてはいけないと分かっていても、理性が十分に働かずに好きな人や愛している人と不倫をしてしまうというような人がいるのです。

もうひとつの理由は、不倫をする人がそのような脳の作りである可能性もあります。危ない恋や刺激的な愛を好む人もいます。ゲーム感覚で不倫をする人もいるのです。

不倫をきっぱりと断ち切る方法

不倫の特徴をお伝えしてきましたが、次は不倫を断ち切るやり方を5つ紹介します。

不倫が表面的な関係でしかないことを知る

不倫相手とはやはり表面的な関係にしかなれないことが多いです。不倫相手も遊びの可能性があるので、真剣に不倫相手と向き合っていない場合も多いです。

不倫相手も不倫している人の責任を何も負おうとはしません。不倫相手と長く過ごせば過ごすほど嘘っぽさや表面的な態度を感じているのではないでしょうか。

不倫相手との関係をはっきりさせる

悪循環を断ち切って負のバランスを崩すためには、不倫相手にパートナーと別れてほしいというような言葉を伝えるといいでしょう。

会うたびに、パートナーと別れるのかを問いただし、ちゃんとした答えをもらうと関係がはっきりします。

日々そのような行動を取りつづけると、不倫相手は奥さんと別れるか、自分自身が別れるのかのどちらかの決断をするでしょう。

数年後に不倫が終わることを考える

3年くらい続いたあと、不倫をやめる人は多いです。数年後には終わるというようなことを頭の中で考えると不倫をやめやすいですし、きっぱりと断ち切ることができやすくなります。

環境を変えてみる

不倫に疲れ始めているならそれはチャンスでしょう。

不倫をしていると視野がせまくなりがちなので、現在の環境を変えみたらどうでしょうか。

正式な恋愛をしてみる

お互いに不倫でない関係を持つといいでしょう。なんの罪悪感もありませんので、楽になることができます。

まとめ

不倫をきっぱりと断ち切る方法をお伝えしましたがいかがだったでしょうか。

不倫に悩んでいる人もいます。もし、不倫にうんざりしているならこの際きっぱり断ち切ってみてはいかがでしょうか。