不倫が疲れる4つの原因と対処法

記事の著者:655982

不倫はリスクが常につきまといますが、上手く行けば不倫相手と色々な体験を楽しめます。

また、リスキーなところがむしろ良いという人や、相手が離婚し不倫相手と結婚するというところまでいく人もいるでしょう。

一方、不倫は疲れるというような意見も多数あります。不倫が疲れるにはきちんとした原因があるのです。

不倫が疲れる原因を知ることで、自分の本心も知ることができます。また、不倫が疲れないようにする対処法を知ることで、不倫で疲れないようにすることも可能です。

というわけで、不倫が疲れる4つの原因と対処法についてお伝えしていきます。

これらを知って不倫の疲れと憂鬱から抜け出しましょう。

不倫が疲れる4つの原因

不倫の疲れの対処法を知るためには、なぜ不倫は疲れるのかということを知っておく必要があります。原因を知ることで、対処法の理解も深くなり理解しやすくなるのです。

まずは、不倫が疲れる4つの原因を最初にお伝えします。

不倫相手を心から信じれない

不倫をするということは、結婚相手の人を裏切っているということです。

裏切っている人から愛していると言われても信じられなかったり、誕生日なのに連絡が来ないというようなことが、よく不倫であります。

周りに気をつかわなければいけない

不倫で一番避けなければならないことは、周りにバレてしまうことです。

そのために、周りに不倫がバレないように色々と周りに気をつかいます。

罪悪感がある

やはり不倫はいけないことですから、不倫をしている人は罪悪感があります。もし、不倫がバレると相手の家庭が壊れたりしてしまう可能性だってあるのです。

不倫している二人が愛しあえば愛しあうほど、正式なパートナーを裏切っていることになります。

恋愛に夢中なときには、周りが見えないので罪悪感を抱くことは少ないのですが、一度冷静になると自分がしていることに罪悪感を抱いてしまいがちです。

独占欲の抑制している

不倫では、相手側にはきちんとしたパートナーがいるためにどうしても独占欲を抑えなければいけませし、自分が一番になることはありません。

不倫相手を独占したいという理想と、どうしても独占することのできない現実のはざまで苦しむことになりがちです。

不倫の疲れの対処法

不倫は疲れるものですが、原因がきちんとあるように、対処法もきちんとあるのです。

ここからは、対処法についてみていきます。

悩みを匿名でブログなどで書き出す

不倫は他人に告げることのできないために、一人で悩みがちです。しかし、今では掲示板やブログなどがあり、ネット上で悩みを打ち明けることができます。

悩みをうちあけることで心が楽になるでしょう。しかし、ここで注意しなければならないことは、匿名にしたり自分の情報をプロフィールに書かないことです。

そうしないと他人にばれる可能性があります。

本当に辛いのなら不倫をやめる

不倫で本当に辛かったり疲れたりした場合は、不倫をやめるという手段もあります。

このまま不倫を続けることで辛いだけ、疲れるだけだと確信した場合は、不倫をやめようと不倫相手にきりだしてみてはいかがでしょうか。

不倫相手にパートナーと別れてほしいことを告げる

不倫相手を本当に愛していて結婚したいと思った場合は、不倫相手にパートナーと離婚して自分とだけ付き合ってほしい、結婚してしてほしいと告げることも一つの手段です。

不倫では一生相手の一番になることはできません。パートナーと別れてほしいと言うことも一つの手段です。

まとめ

不倫が疲れる4つの原因と対処法をお伝えしてきました。

不倫は楽しみもありますが、疲れもします。不倫をする際は疲れないように楽しみましょう。