不倫の最低限のルール・マナー:家族を一番優先に考えよう!

記事の著者:655982

ビジネスなど一般社会にルールやマナーがあるように、恋愛、そして不倫にもルールやマナーが存在します。

不倫は、法律に触れたり危険な目に遭う可能性もあるので、法律を守ることはもちろん大切ですが、ルールやマナーを守ることも非常に重要です。

ルールやマナーを守らないと恥をかく場合もありますし、不倫相手を不愉快にさせてしまうこともあるかもしれません。

今回は、そんな不倫をする際のルールやマナーをお伝えします。

なぜ不倫でルールやマナーを守るのか

不倫でルールやマナーを守らずに行動をすると、相手を不愉快にさせてしまったり、楽しめずに不倫が終わってしまう場合があります。

社会で生きていく際にも最低限のルールやマナーがあり、これは守らなければいけないものです。

不倫の場合、お互いまたは片方が結婚しています。ですので、それぞれの家庭を壊さないようにする必要があります。

お互いの家族を壊さないためには、ある一定のルールを守りましょう。

ルールを守ることで、不倫関係を長持ちさせることができるのです。

会えない日が続いても文句を言わない

家庭を壊さないためには、不倫相手よりも家庭を優先させることが第一です。

デートの約束をしていても家族関係の都合上、デートをキャンセルされる場合もありますし、なかなか予定が合わずに会えない日が続く場合もあります。

しかし、不倫の場合は会えなくでも文句を言わないことがルールでもありマナーなのです。

家庭よりも自分を優先させるようなことをすると、不倫相手に迷惑をかけることになってしまいます。

また、自分優先で予定をたてると、不倫がまわりにばれてしまうリスクも非常に高まりますので気をつけましょう。

クリスマスや誕生日は会わない

クリスマスや誕生日など特大イベントは、本来一緒にいるべき人と過ごすものですから、不倫相手との予定は入れてはいけません。

つまらない、楽しくないと感じる人もいるでしょうが、特別な日に不倫相手との予定を入れてしまうと不審に思われてしまいます。

このようなイベントの時は、気持ちを抑えて我慢しましょう。

家族を一番優先に

もし自分に結婚相手がいたり、子供がいるなら一番に家族を大切にしましょう。

稀なケースですが、結婚相手が病気などで会えない時に寂しいために不倫をする人がいます。

これは絶対にやってはいけないことです。

不倫以前に人間としてどうなのかということにもなってしまいます。

家族がやはり一番大切ですから、不倫相手よりも家族を優先させ、大事にしましょう。

不倫を肯定してはいけない

不倫は、ばれると法的に慰謝料を取られたりする場合があります。

つまり、基本的には不倫はいけないことなのです。どのような場合でも、不倫をすることを肯定してはいけません。

不倫の最低限のルール・マナーまとめ

今回は、不倫をする際のルールとマナーをお伝えしてきました。

社会にもルールやマナーがあるように、不倫にもルールやマナーがあります。

不倫は基本的にはよくないことです。

犯罪ではありませんが、不倫をすることで他人や家族を傷つけることになります。

しかし、欲望やスリルを味わいたい、どうしても好きだから一緒にいたいという理由で、不倫をしてしまうことはある程度仕方のないことです。

ルールやマナーを守れば、なるべく家族や他人を傷つけないようにすることは可能になります。

そして、不倫関係も長続きするでしょう。

不倫をする際は、しっかりとルールやマナーを守って楽しむことが大切です。